ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

【イベントレポート】2016マーケティング・テクノロジーフェアで感じたトレンドを報告!

  • マーケティング

2016年2月16日、17日の2日間にわたり東京ビックサイトで開催された、マーケティング・テクノロジーフェアに行ってきました。通販事業を行う会社には注目のイーコマースEXPOも併催。今回は、マーケティング・テクノロジーフェアを中心に、その参加レポートをお届けします。

個人的な感想が中心になりますが、今のトレンドや雰囲気などを少しでも感じ、役立てていただければと思います!

今や、マーケティング・テクノロジー=MA

160306tfm_001こうした展示会で分かるのは業界の大きなトレンドですが、マーケティング分野では、MA(マーケティングオートメーション)の展示がメインとなっていました。もはや、「マーケティングテクノロジーの中心はMAだ」ということは間違いないようです。

 

出展者のメジャーどころとしては、やはり「Marketo(マルケト)」。来場者もここには注目していたようで、それほど大きなブースではありませんでしたが、どの時間帯もかなりの賑わいを見せていました。

ミニセミナーも開催されており、聴講した回では、「MarketoがBtoBのためのもの、あるいはメール配信ツールだというのは過去の話」という紹介がされました。Marketoそのものが機能アップしているということもありますが、どちらかと言うとSFAやアクセス解析などの他のツールとの連携強化(Marketo?AdBridge)をさらに進めて行く傾向にあるようでした。

またMAと関連してSFAや名刺管理といった出展もかなり目立ち、個人的な印象としては、ややBtoBを対象にしたマーケティングツール類が多い展示会に見えました。

展示から消えたツールや手法たち

MAが賑わうのと対象的に、今回はほとんど目にすることがなかったデジタルマーケティング手法もありました。その一つがSEOです。かつてWEBマーケティング系の展示会では主役級の役割を担っていたSEOですが、最近の展示会ではめっきり少なくなっています。今回も目にすることはありませんでした。

もう一つ、昨今のWEBマーケティングの主役であるはずのコンテンツマーケティングの展示もあまりありませんでした。以前は、コンテンツマーケティングをSEOの手法として紹介するような展示もあったのですが、今回はそうしたものにも出会いませんでした。

もちろん、SEOもコンテンツマーケティングも必要とされなくなったのかと言うとそうではなく、むしろ、現場では大きな存在感を持っていると思います。しかし共に何らかのツールを利用することで解決するものではなく、定型的なサービスではもはや成果が出ないということを多くのWEB担当者も分かってきているので、こうした展示会との相性は悪くなっているのではないでしょうか。その代わりに、個別セミナーなどが頻繁に行われているという印象があります。

その他の目立ったトレンド

Marketoほどはメジャーでないものの、グングンと知名度を上げている国産のMAツール「SATORI」は複数社による合同ブースで展示をしていました。

一緒に出ていたデータ活用の「トレジャーデータ」は、様々なソースからデータを「貯める」ためのソリューションを提供、それをもとに各種ツールで施策をうっていくというコンセプトが出されていました。

また、スマホ向けの情報配信ツールを展示していた「ブログウォッチャー」や、A/Bテストのメジャーどころの一つである「Kaizen?Platform」といったところも、データを基に効果を高めるという考え方。テーマを同じくする複数の展示があるということも手伝ってか、この共同展示ブースはどの時間帯も賑わいを見せていました。

この他に興味をひいた展示は「SiTest」というツールです。一見ヒートマップなのですが、ページのA/BテストやEFO(エントリーフォーム最適化)もできるというマルチなツール。無料のフリープランがあるので、気になる方はすぐにでも試せます。

また、インバウンドマーケティングツールという打ち出しの、「Cloud?Circus」というものもありました。同じ会社から他にも「BowNow(バウナウ)」というMAツールなども出されており、ツール単体の提供というよりも、多くの既存ツールを使って、最適な集客方法のコンサルティングを提供するというイメージのようでした。

その他でトレンドを感じさせたのは、旅行業界のインバウンド、つまり訪日外国人をテーマにした展示が複数あることでした。メディアでも多く取り上げられていますが、WEBサイトもこうした訪日外国人をターゲットにしたものが見られます。関連したビジネス、新規で事業を立ち上げる際には、まだまだ狙い目の分野でしょうか。

標準化したECというビジネス

イーコマースEXPOの方についても少しだけ触れておきましょう。展示は一括代行、カートのASP、コールセンター、フルフィルメント(の代行)、各種決済など定番のものが多く出展されていました。

インターネットを介して商品を購入するという消費行動がすっかり定着し、新たなものはあまり出なくなっているという印象です。トレンドという観点では、数年前は海外展開、特に中国に対する越境ECが積極的に出されていましたが、そうしたものはかなり縮小された感じでした。ネットで注文と言ってもサポートなどの対応は必須ですから、現地でそこまで整えるというのはなかなか厳しいのかもしれません。

EC系で少し面白かったツールは、アドウェイズという会社の「Nint?for?EC」というもの。これは楽天市場内で売れている商品やショップなどを分析し、出店している自社のショップの参考にしていけるというツールです。広告や商品検索といった楽天内で公開されているデータをもとにしているのですが、こうしたちょっと気の利いたツールをチェックしておくと良さそうです。

感想。マーケティングはあるべき姿へ進んでいる

展示全体を通して、「データ活用のツールやサービスが、かなり整ってきたな」という印象を受けました。マーケティングとは何か?というのはいつも出て来る疑問で、専門家も微妙に違う解釈をしていますが、データ活用は間違いなく必須です。

しかし日本では、どうしても感覚的なものに偏りがち。WEB分野でもそれは同じで、結局は担当者や決裁者の主観で決められたり取り組まれたりしている状況が、まだまだ多く見られます。だからこそ、データを使いこなせば一歩リードすることが可能です。

今後は、データと主観とのギャップを埋めることができる事業者(サイト)が、効率良く結果を出していけるでしょう。感覚や経験値はもちろん大切ですが、データを集めることができるのがデジタルマーケティングの強みですから、それを活用しなければ本来の良さを引き出しているとは言えません。

その先に、新たな可能性があるという気がします。

そのためのツールやサービスは出揃い、ますます進化していると実感した今回の展示会。手の届く価格帯のツールも増えてきました。勝負は、意識の切り替えができるかどうかにかかっていると、あらためて感じました。

今回のまとめ

  1. マーケティング・テクノロジーフェアの主役はダントツでMA。SEOやコンテンツマーケティングはほとんど見られなかった。
  2. ECについては多くのツールやサービスが出揃った感じ。その中で気の利いたツールを見つけていくのが良さそう。
  3. データ活用のためのツールやサービスは整って来た。それを使ったデジタルマーケティングを実践していくという、マーケティングの意識の切り替えがポイントか。

<参考サイト>
マーケティング・テクノロジーフェア

<関連記事>
そろそろ知っておきたいマーケティングオートメーション・その1概要編
世界規模のデジタルマーケティングイベント「アドテック東京2015」をレポート!

seleQt

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  8. 8

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  7. 7

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND