ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  • その他

ネイティブアプリ(App storeやGoogle Playからダウンロードできるようなアプリ)のメリットの一つは、プッシュ通知ができること。そのためにアプリを開発する、ということもあったかもしれません。

しかし、それはもはや過去の話!?今では、アプリを使わなくてもプッシュ通知が可能になってきています。今回は、2016年になって賑やかになって来た「WEBプッシュ」について紹介して行こうと思います。なお、WEBプッシュは「ブラウザプッシュ」と呼ばれることもありますが、ここではWEBプッシュという表現に統一します。

そもそもWEBプッシュとは?

WEBサイトからプッシュ通知を配信する技術のこと

WEBプッシュとは、WEBサイトからプッシュ通知を配信する技術のことです。サイト閲覧時に許諾を得たユーザーに対して、ブラウザを開いていない状態でも、アプリのプッシュ通知と同じように通知を配信することができ、例えば、更新通知やキャンペーン情報などをタイムリーに知らせることができます。

1603bp_001

有名なところでは、Facebookがこれを取り入れており、スマホに専用アプリをインストールしているようなヘビーユーザー以外の、PCやモバイルサイトでFacebook利用している人にもプッシュ通知を送ることができるようにしています。

上のようなメッセージが表示された経験がある方も多いのではないでしょうか?これは、プッシュ通知を受け取るための事前許諾を求めるもの。現在FacebookからWEBプッシュ通知を受け取っている方は、このメッセージが表示された際に「許可」を行ったということになります。

WEBサイトへの呼び戻しにも効果あり!?

WEBサイトへユーザーを呼び戻す方法は、これまで「メール」しかありませんでした。しかし、会員サービスがあるようなサイト以外で、メールアドレスを集めるのは困難。そもそもメールを送っても見てもらえないという現実もあります。そこで、スマホユーザーの増加に伴い、キャンペーン情報などをすぐに顧客へと知らせることができるプッシュ通知が、メールに変わる強力なデジタルマーケティング手法となってきたわけですが、独自のアプリ開発が必要になるため、中小企業には取り入れにくい施策でした。

しかし、WEBプッシュなら、アプリ開発をすることなく更新通知などを送ることが可能。スマホであれば端末の上部に、PCであればタスクバー周辺に表示されるポップアップなどで、ブラウザを開いていない人にも情報を伝えることができます。

そのメリットをまとめると以下のようになります。

  • サイトにブラウザでアクセスしてきた人に自動的に通知の許可を求めることが可能
  • 「許可」は1タップ(クリック)するだけ。メールアドレスなどの入力が不要
  • 許可を得れば、ブラウザを閉じていてもスマホ(Android)やPCに直接通知可能
  • ユーザーは特別なアプリケーションの起動は不要
  • WEB標準技術によって実現されているので利用しやすい

このように、WEBプッシュの強みは、今までにはない手軽さでユーザーの承諾(許可)が取れて、目立つ形でタイムリーに情報を配信できるということです。

技術的な注意点と実際の導入状況

以上のように、便利で期待が持てるWEBプッシュ機能。ただし、現状では対応ブラウザが限られているという課題があります。Chrome、Firefox、Operaなど対応ブラウザは増えていますが、シェアの大きなものでは、Microsoftのブラウザが非対応。IEは既に開発を終えていますので、Microsoft Edgeでこの機能が備わることに期待したいものです。

また、配信が可能なChrome、Firefoxでも、それぞれVer.42、 Ver.44以降が対応という条件があります。これらは自動更新されるブラウザですので、それほど気にする必要はないかもしれませんが、バージョンアップされていない場合は利用不可となることには注意が必要です。またChromeについては、配信元になるWEBサイトをSSL化させておく必要があります。このように、非常にブラウザに依存した機能になっています。

ちなみに、このWEBプッシュがChromeの機能として発表されたのは2015年春のこと。Microsoft系のブラウザが非対応ということもあってか、その後あまり盛り上がっていませんでしたが、2016年に入ると一転して活気づき、様々なツールも登場しています。その理由としては、スマホユーザーに向けての機能と割り切った使い方が広がって来ていることが大きいと考えられます。

現時点ではまだiOSが対応したという情報はなく、iPhoneユーザーに配信できないという問題はあるものの、ブラウザのSafari自体は対応済み。早晩可能になるだろうという予測もあっての盛り上がりなのかもしれません。

導入しやすいツールは盛りだくさん!

WEBプッシュ機能の開発は、オリジナルで行ってもそれほど高額にはなりませんが、設計コストやブラウザの更新のたびにチェックをするといった手間を考えれば、既存のツールを使う方が手っ取り早いかもしれません。以下に、主要なツールを紹介していきます。

pushnate

1603bp_002

比較的早くからあるツールで、Chrome、Firefoxに対応しています。無料で使うことができるので、まずはどういったものか試してみるのにも良さそうです。
https://pushnate.com/

参考:ブログ「Webプッシュマーケティング研究所
この分野の理解を深め、最新情報を得るのに役立ちます。

Push7

1603bp_003

AndroidとPC版のChrome、Firefoxへのプッシュ配信が可能な無料サービスです。Mac版のSafari対応も準備中のようです。中高大学生の開発チームで話題の株式会社GNEXによるもので、APIの提供やWordPressといったCMSでの自動プッシュ、あるいはプッシュ通知のA/Bテスト機能など興味深い開発を続々予定しているとのことです。
https://push7.jp/

bpush

1603bp_004

Chromeのプッシュ機能実装が発表されたすぐ後、2015年春に開発された日本での先駆け的なツールです。PC、AndroidのChromeに対応し、無料で提供されています。システムのライセンス販売も行われていますので、これをカスタマイズして自社のサイトに組み込むという使い方もあります。
https://bpush.net/

プッシュさん

1603bp_005

Android版のChromeから提供が開始されているサービス(発表時のアナウンスではPCにも対応予定とのこと)。もともと「Growth Push」というアプリ用のプッシュ通知サービスを行う株式会社シロクによるもので、これまで培って来たプッシュ通知に関するノウハウが詰まっているというポイントもあります。無料で利用できます。
https://pushsan.com/

PushCrew

1603bp_006

海外製のツールで、日本での提供は2016年2月から開始されています。PC版のSafariやAndroidブラウザにも対応しています。
http://www.pushcrew.jp/

Pushdog Owned

1603bp_007

RSSから更新情報を自動で取得してプッシュ通知。WordPress、はてなブログ、Amebaブログなど、全てのブログサービスに対応しています。また、WEBページの差分から更新を検知することもでき、RSSがないWEBサイトでも導入可能です。
https://push.dog/owned

Browser Messenger

1603bp_008

広告代理店の株式会社大広が中心になり提供するサービスで、管理画面なども充実しています。ただし、初期費用が必要で、月額利用料もやや高めです。
https://browser-messenger.net/

このようにかなり多くのツールが出てきていますが、プッシュ配信機能はブラウザの仕様に則って開発されるため、大きな差別化はしにくく、上で紹介した各ツールも今のところ大きな差は見られません。ほとんどのサービスの基本的な実装方法は、ソース内にコードを記述するだけなのですぐに導入できます。

プッシュ通知の課題と効果

プッシュ通知の活用にあたって大きなポイントとなるのが、いかにユーザーに許諾をしてもらうか、ということです。この点はアプリでも同じですが、WEBプッシュ機能は一般的にはまだ認知されておらず、通知の許可を求める案内表示もブラウザの機能による無機質なもの。許諾してもらうのはアプリよりさらに難しいかもしれません。ここをいかにクリアするかが、ひとつの課題になるでしょう。

また、WEBプッシュにどれほど効果があるのかについては、ビジネス活用の事例がまだそれほど多くないためハッキリしていないというのが実情。対象ブラウザに制限があることに加え、メッセージ受け取りの許諾が、ユーザーからどれくらい得られるのか…なども未知数です。そんなこともあって、サービス提供者側も、利用を無料にして様子を見ているというところだと思います。

その意味では、今はチャンスと言えるかも…。ツールが無料で手軽に使えるこの時期にいずれかのサービスを使ってみて、ブラウザのプッシュ通知とはどういったものか、そもそもプッシュ通知が自社にどれぐらい有効なのかなどを、試してみてはどうでしょうか。

今回のまとめ

  1. アプリをインストールさせることなくプッシュ通知を配信できる「WEBプッシュ」機能が盛り上がりを見せている。
  2. まだ対象となるブラウザやOSに制限があり事例も少ないので、実際の効果は未知数。
  3. 無料で利用できるサービスがたくさんある今、まずは試してみるのも一手。

上手く活用できればサイトへのリピート訪問を促し、集客効果を高めることも期待できるWEBプッシュ。ご紹介したツールを活用すれば導入自体の壁は低いので、ぜひ積極的に活用してみてはいかがでしょうか?

seleQt

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  7. 7

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

  8. 8

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  9. 9

    言葉に悩むあなたに。文章作成を助けてくれる便利ツール9選

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  8. 8

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」