ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

2016年はインスタグラム広告に注目!その理由と活用ポイントをおさらい

  • マーケティング

今、注目度が高いソーシャルメディアと言えば、何といってもインスタグラム。アクティブユーザーの伸びもあって、広告への注目も高まる一方です。

しかし、そんな話は耳にしていても、実際に活用できている企業はまだまだ少ないのが現状。今こそ、あらためてインスタグラム広告について知り、活用を検討するタイミングかもしれません。その特徴やメリット、他のソーシャルメディア広告との違い、活用のポイントなどを、ひととおり押さえておきましょう!

インスタグラム広告を使うべき4つの理由とは?

理由1:今、最も伸びているSNSだから

インスタグラムは2015年9月23日、MAU(月間アクティブ利用者数)が、全世界で4億人を突破したと発表しました。日本国内でも800万人を超えるユーザーを獲得。全世界ユーザー数ではすでにTwitterを越え、Facebookに次ぐSNSになっています。拡大を続けるFacebookは、2015年12月時点で全世界15億人、国内2400万人ものユーザーがいますので、それと比較するとまだまだこれからと言えますが、2015年の伸び率を見るとインスタグラムに注目せざるを得ない理由がお分かりいただけると思います。

20160415_グラフ1

上記は2015年の各SNSにおける伸び率を表したグラフですが、他のSNSとの比較でも、インスタグラムは今最も伸びているSNSであることが分かります。また、Facebook傘下であることから、機能面での今後のアップデートなども期待されます。こうした理由からも、今最も目が離せないSNSであると言えます。

出典:http://lab.appa.pe/2016-01/2015-sns-growth.html

理由2:広告として導入しやすいから

インスタグラム広告に注目すべき理由の2つ目は、「導入のしやすさ」です。インスタグラムはFacebook傘下であるため、Facebook広告と連携した精度の高いターゲティングが可能。すでにFacebook広告を運用している企業であれば最初のハードルも低く、少額から広告運用できる点でも導入しやすいはずです。

インスタグラムは画像をメインとしたSNSであることから「アパレル系や美容系などが主で、その他の業界は使いにくいのでは?」という疑問を持つ方も多いかもしれませんが、精度の高いターゲティング機能の活用によって、様々な業界での活用が期待されています。実際に、インスタグラム広告担当者からも幅広い業界での活用法について語られています。

【参考】「インスタ広告が購入意欲をかき立てる?Facebook広告とInstagram広告のシナジープロモーションを聞いてきた」

理由3:高い新規ユーザー獲得効果が期待できるから

3つ目の理由は、広告による新規ユーザー獲得効果です。

20160415_グラフ2

これまでのWEB広告の出稿では、利用ユーザーの多いGoogleやYahooなどの検索エンジンがメインとなっていました。しかし、右のアンケート調査からもわかるように、最近では特に若い層を中心として、インスタグラムやTwitterを検索に利用する人が増えています。

Googleやヤフーではなく、ソーシャルメディアをつかって検索するユーザーの増加…。その中でもインスタグラムを使うユーザーが非常に多いという傾向は他でも見られています。こうした点からも、インスタグラム広告における顧客獲得効果を期待することができます。

【参考】若者はTwitterやInstagramで「検索」している

理由4:不快に感じられにくい広告だから

インスタグラム広告は、嫌われにくい広告だと言われています。ここに、ひとつのデータをご紹介しましょう。女性目線のマーケティングリサーチを行っているメディア「BRITE」が行ったオンラインのアンケート調査で、興味深い結果が出ています。

20160415_グラフ3

出典:「広告から「公式サイトに行った」10%!「Instagram広告についての意識調査

このアンケート結果で注目したいのは、「あまり良い気分がしなかった」と答えた人が半数以下の42.5%に留まっている点です。ソーシャルメディア上の広告は、多くの場合「目障り」だと不快に感じる人が多い傾向にあります。FacebookやTwitterなどで自分のタイムライン上に広告が表示されることに不快を示す人は多いのですが、画像での訴求が中心となるインスタグラム広告は、不快に感じにくいという特徴があることがこの調査からもうかがえます。女性だけを対象にした調査ではあるものの、他のメディアに比べて広告がコンテンツに馴染みやすく、受け入れられやすいと言ってもいいのではないかと思います。

インスタグラム広告、3つのフォーマット

画像広告、動画広告、カルーセル広告に対応

インスタグラム広告に注目すべき理由について知って頂いたところで、基本となる広告フォーマットについてもおさらいしておきたいと思います。インスタグラムの広告フォーマットは、「画像広告」「動画広告」「カルーセル広告」の3つです。

画像広告と動画広告については、すでにご存知の方も多いと思います。写真などの一枚ものの画像を使って訴求するパターンと、動画を活用した広告パターンです。それぞれに正方形と長方形のフォーマットがあり、WEBサイトへの誘導リンクやアプリのインストールボタンなどのCTAを設置することが出来ます。

20160415_img4

参考:Instagram広告の基本

さらに3つ目のかたちとして、2015年から導入されたカルーセル形式の広告出稿も可能です。これは、3~5枚の画像をスライド形式で見せるというもので、複数の訴求を見せることで効果を高める注目のフォーマットでもあります。Facebook広告で導入されているものですが、インスタグラム広告でもこのカルーセル広告の出稿が可能です。

insta7

引用元:
http://blog.business.instagram.com/post/120110897181/carousel-ads-go-global

活用事例から学ぶインスタグラム広告運用のポイント

インスタグラム広告と相性がいいのは、画像や動画などのビジュアルからその魅力を伝えていくことができるサービス。利用者に「若い層」「女性」が多いこともあり、特にそうしたターゲット層を意識した展開では、上手く成果につなげている国内事例が増えています。

土屋鞄の成功事例

tutiya

Facebook運用などSNSの活用における成功事例としてよく取り上げられる「土屋鞄」はインスタグラム広告でも成果を上げています。

土屋鞄と言えば作り手の思いが伝わる商品を魅力的な商品が人気ですが、インスタグラム広告でも魅力的な写真をクリエイティブの中心として、ブランド認知度の向上に役立てています。

広告キャンペーンでは、愛着を持って使う人の気持ちをビジュアルで表現したクリエイティブにより、 広告の想起率が29ポイント上昇し、キャンペーンの目的であったブランドの認知度も6ポイント向上したと報告されています。

出典:Instagram ビジネスレポート

メルカリの成功事例

merucari

女性層を中心にユーザー数を増やしているフリマアプリの「メルカリ」は、インスタグラム広告の活用で他メディアでは反応しない層のユーザーにリーチ。アプリのダウンロード数の向上につなげています。Facebook広告のみに出稿していた期間と較べてインストール数が53%向上。インストール単価(CPI)は、38%削減できたということです。

広告には価格やブランド名といった文字情報をいっさい加えず、写真をそのまま使用。キャプション部分での価格訴求も最低限にとどめています。この「広告らしくない広告クリエイティブ」が成功のポイントで、インスタグラム広告では、他メディアの広告とは異なる方針で制作すること、いかにフィードに馴染ませることが出来るかが重要になります。

出典:Instagram ビジネスレポート

やはりインスタグラム広告のポイントは、いかにタイムライン上のコンテンツと馴染ませることが出来るかです。画像を中心としたクリエイティブであることから、他のメディア広告に比べて広告らしく見せない運用が可能なことはインスタグラム広告の大きな魅力と言えるはずです。

少額での運用スタートも可能なことから中小企業での運用事例も増えています。WEBサイトの誘導やアプリのインストール促進、認知度の向上やブランディングなど様々な活用が可能なことも画像を中心としたクリティブとなるインスタグラム広告ならではと言えるかもしれません。

今回のまとめ

  1. 若い層を中心としたインスタグラムのアクティブユーザー数増加は多くの企業にとって無視できない存在。
  2. ターゲット属性を絞った広告運用も可能なことから幅広い業種での活用にも期待。
  3. インスタグラム広告ではクリエイティブが重要。ポイントは広告らしくない広告。

他のメディアでリーチできない層、反応しない層でも、インスタグラム広告なら成果につなげていける可能性があります。ターゲット層がマッチしそうなら、しっかりと活用している企業がまだ少ない今こそが、チャンスかもしれません。

<関連記事>
いよいよ始まるインスタグラム広告、その特徴は?WEB集客への可能性は?

【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

seleQt

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  8. 8

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  7. 7

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND