ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

これからは「タテ型」が主流!?スマホ時代の動画活用、最新動向

  • コンテンツ

少し前までは、動画と言えば横長が常識でしたよね。見にくさから、「縦長はNG」とさえ言われていました。しかしここにきて、縦長動画を目にすることが増えてきたなぁ…、と感じている方は多いのではないでしょうか?

スマホシフトが進むにつれて、動画をスマホで見る人が増加。わざわざ横に倒して見なくてもいい縦長動画への注目が高まっているのです。そこで今回は、縦長動画に関する情報をまとめておきたいと思います。事例も紹介していますので、ぜひ参考にしてください!

スマホ時代の今、ユーザーの動画閲覧状況は?

01

視聴行動の分析サービスを提供するニールセンの調査では、日本のスマホユーザーの82%が動画を利用しているという調査結果が出ています。利用時間はPCより短いものの、動画の利用に限ってみればPCよりも30%近くも多く、スマホでは動画が日常的なコンテンツとなっていることが分かります。このような背景から、動画の世界でもスマホシフトが進んでいます。

従来の動画で「ヨコ長」での視聴が主流だったのは、PCからの閲覧をイメージしていたため。動画投稿メディアや動画視聴ソフトなどの多くも横長のサイズを想定したものになっており、縦長の動画では左右が余ってしまうため、画面を十分に活かすことができず、ユーザーにとっても見にくいとされてきました。

しかし、スマホからの閲覧が増えてきたことで、こうした状況は変化。動画マーケティングを支援するモバーシャル株式会社が行ったユーザー調査では、すでに多くのスマホユーザーが「縦方向」で動画を閲覧しているとの調査結果が出ています。

02
動画を視聴する際に、スマートフォンをいちいち横に傾けずに縦向きのみで見る人は28.4%と、ほぼ3割。一分以内の短い動画だけに限った場合は、約?4?割(?39%)が縦のみで見ると回答しています。これに対して、「横向きのみで見る」人の割合は減少傾向。動画は「横向き」で見る時代から「縦向き」の時代へと、徐々に移り替わっています。

この傾向は若い世代ほど強く、理由としては「片手で操作しやすい」「見やすい」「持ちやすい」などが挙げられています。

YouTubeなどの動画投稿メディアも「縦長動画」への対応を推進

スマホユーザーの閲覧動向の変化を踏まえ、各WEBメディアも縦長動画への対応を進めています。
YouTubeは、2015年にAndroid、iOSともに縦長動画への対応を行いました。また、より早くから縦長動画に対応していたVimeoでは、非常に多くの縦長動画の投稿見つけることができます。

縦型動画で試行した「C?CHANNEL」

CCHANNEL_

元LINE社長の森川氏が立ち上げた若年層向けのファッションメディア「C?CHANNEL」でも縦長動画を採用。C?CHANNELでは、クリッパーと呼ばれるモデルやクリエイターが、動画でファッションやメイク、フード、トラベルなどのトレンド情報を発信していますが、開設1カ月半で100万PVを達成したという人気の理由として、「スマホで自撮り写真やコーディネート写真を投稿し慣れている若い女性たちには、縦型動画のフォーマットが馴染みやすかったことが大きい」と言われています。

このようにスマホユーザーを意識したメディア作りにおいて、もはや縦長動画は重要なポイントになっていると言えます。

ソーシャルメディアも縦型動画に対応

動画シフトが一気に進みつつある各ソーシャルメディアも、縦型動画に対応しています。Facebookでは、タイムライン上では正方形表示ですが、タップすれば縦型動画を全画面表示にすることが可能。また、従来は画像や動画の表示は正方形のみだったInstagramも、縦方向での表示に対応しています。

LINEでも、公式アカウントで利用できるリッチメビデオメッセージという機能で縦型動画を推奨。2016年6月からは少額でも出向できる運用型広告も開始すると発表されています。中小企業や店舗経営者なども動画広告を利用しやすい環境が広がりそうですが、その際には、縦型動画がひとつのポイントになりそうです。

縦長動画で可能になるクリエイティブ事例

縦長動画には、ただ縦型にするというだけでない新しい可能性があります。横方向では難しかった表現が可能になる他、スマホでは全画面表示になるため、その世界に没頭しやすく臨場感を感じさせる動画を作成できます。

ここでいくつか縦長動画をご紹介しましょう。縦長動画はスマホデバイスで見ることでその魅力を感じることができますので、ぜひスマホからご覧になってみてください。

縦方向のレイアウトを活かした動画

まずご紹介するのは、縦方向のレイアウトを活かした2つの動画です。どちらも縦方向に全画面で表示された時に見やすさを感じる企画になっています。

縦ならではのクリエイティブ動画

さらに進んで、見せ方の工夫次第では、横長動画にはない興味性を生みだすこともできるのが縦長動画。次の2つの動画は、魅力的なクリエイティブ事例として多くのメディアでも紹介されたものです。

特に、リリカルスクールの縦長動画では、動画のクリエイティブにひっかかってしまって、動画を視聴しながら、つい画面をタップしてしまう人が続出。「スマホがジャックされたようだ!」と各所で大きな話題なりました。このようなスマホでの全画面表示を上手く活用した縦長動画は、スマホ時代ならではのクリエイティブとして、これからの動画作成の大きなポイントになりつつあります。

今回のまとめ

  1. スマホでの動画視聴が増えるにつれて、縦型の動画が増加。
  2. 動画系のメディアはもちろん、ソーシャルメディアも縦型動画に対応。
  3. スマホでは全画面表示となることを活かした、縦型動画ならではのクリエイティブも出てきている。

このように、ただスマホで見やすいというだけではなく、話題性の高いコンテンツを作成することにもつながる縦型動画。広告でも縦を意識した動画の出稿が増えてきそうです。トレンドとして、押さえておきましょう。

<関連記事>
2016年はこれを押さえておくべし!話題の360度動画広告をご存知ですか?
素材から編集、配信まで。動画づくりに役立つおすすめサービス7選

seleQt

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  5. 5

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」