ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

検索結果順位はどうやって決まるの?今さら聞けない検索エンジンのしくみ

  • アクセスアップ

先日、最近のGoogleのアップデートについての話をしていた時、「ところで、検索エンジンでの表示順位は、どうやって決まっているの?」と質問されました。毎日、当たり前のように使っている検索エンジンですが、それがどのように成り立っているのかについては、ホームページの運営者でも意外と知らない人が多いようです。

検索結果順位に大きな変動があるたびに話題になる「アルゴリズムのアップデート」なども、わかっているようで実はよくわかっていない…という場合もあるかもしれません。そこで今回は、検索エンジンの基本的な成り立ちについて、できるだけわかりやすくまとめてみようと思います。

 

検索エンジンの基本的なしくみ

実は、検索エンジンの基本となるしくみは意外と単純で、次の3つの機能から成り立っています。

1.クローリング:WEBサイトを巡回し情報を収集する機能
2.インデクシング:収集した情報をデータベース化する機能
3.スコアリング:検索ニーズに合うWEBページを検索結果として表示する機能

 

これらの処理を行うために、Googleでは、なんと100万台を超えるサーバーが稼働しているそうです!それらが一体どのような働きをしているのか、それぞれの機能について説明して行きます。

 

1.クローリング:WEBページの情報を集める

まずは、情報の収集です。検索エンジンは、クローラーまたはスパイダーと呼ばれるロボット・プログラムを使って、WEBページの情報を集めています。例えば、Googleのクローラーは「Googlebot」という名前です。

クローラーは何十億ものページを自動的に巡回しています。人間が閲覧するのと同じようにコンテンツのリンクをたどり、ページを移動しながら、ホームページ上のありとあらゆるデータをサーバーに蓄積していきます。この作業は「クローリング」と呼ばれ、世界中のホームページの状態を常に把握しておくため、継続的にデータを取得・更新しています。

もしクローラーにデータが収集されなければ、そのページは存在しないのと同じで、検索結果には表示されません。そのため、ホームページを作成する時には、クローラーがすみずみまで巡回しやすい構造にし、ページをもれなく検索エンジンに知らせるようにすることが重視されています。

Googleでは、ホームページ運用者が利用できる便利な「WEBマスターツール」が無料で提供されています。そこで、Googlebotに知らせるためのページ情報の登録や、逆にクロールさせたくない場合の制御を行うことができます。また、自分のサイトに「Googlebot」が1日にどのくらいクローリングしてきているのかを確認することもできます。

 

2.インデクシング:集めた情報を整理する

次に行うのは、膨大な情報の整理です。クローラーが集めてきたデータは、インデクサと呼ばれるプログラムに引き渡され、インデックスが作成されます。インデックスとは、その名の通り本の索引のようなもの。データを分析して検出したすべての単語と、WEBページでそれが使われている場所を登録した巨大なデータベースです。

インデックスを作成する作業は「インデクシング」と呼ばれます。titleタグやalt属性の記述などSEOで重視されるテキスト内容もこの段階で処理され、実際に検索された時に参照しやすいデータに変換されます。あらかじめこのような中間処理をしておくことで、高度でスピーディな検索を可能にしているのです。

自分のホームページがGoogle のインデックスに含まれているかどうかを調べるには、「site:」を付けてURLを検索します。例えば、当社のこのホームページの場合なら「site:www.m-hand.info/」で検索すると、インデックスされているページの一覧が表示されます。ご自分のホームページで、試してみてください。もし、ちゃんとインデックスされていないページが多い場合は、ページの記述の見直しが必要です。

 

3.スコアリング:検索結果順位を決める

そして、実際の検索に対応するプロセスです。ここで順位が決まります。ユーザーが検索ワードを送信すると、インデックスで一致するページが検索され、関連性が高いと判断された順に並べ替えられて、検索結果としてリスト表示されます。それが、私たちが日ごろ見ている検索結果画面(SERP: Search Engine Result Page)です。

この時、表示の順番を決定しているのがスコアリング・プログラム。検索クエリ(入力された検索キーワード)に対して、インデックスされた個々のWEBページの適合度を算出し、高い順にランキングしています。一般に、「検索エンジンのアルゴリズム」と言う場合、主にこのスコアリングのロジックのことを指します。

以上、検索エンジンの基本的なしくみについてまとめてみました。検索結果順位を決めているのは、3番目のスコアリング・プログラムだということがわかりますね。もちろん、そのアルゴリズムが公開されることはありませんので、それを推測して少しでも上記表示されるための対策を施すSEOが重視されているわけです。大規模なアップデートが行われる度に、アルゴリズムに何が起きたのか…という話題が、ネット上で飛び交います。それは追いかけっこのようなものだとよく言われますが、検索エンジンが人間と同じレベルに進化するまで続いて行くのかもしれませんね。

 

今回のまとめ

1)検索エンジンは、クローリング、インデクシング、スコアリングの3つの機能から成り立つ。
2)検索エンジンにインデックスされることは、WEBページが検索されるための必要条件。
3)検索結果画面での表示順位は、スコアリングのアルゴリズム更新によって変化する。

今、「コンテンツ重視」はひとつの大きな流れになっており、SEOの考え方も変化しています。コンテンツ内容の充実と合わせ、ページの構造や内容を検索エンジンにわかりやすく伝えるための基本的な対策が見直され、ページテンプレートのレベルアップに力が注がれるようになっています。そんな時、検索エンジンの基本的なしくみを知っておけば、何をすればいいのかも考えやすくなると思います。今回の内容を、ぜひ参考にしてください!

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」