ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

LINE@は集客のキラーツールに!リニューアルや新機能追加など、最近の動向まとめ

  • マーケティング

大手企業から中小企業や小規模店舗まで、規模や業種を問わず利用が拡大しているLINE@。しっかりと活用して成果を出しているケースも増え、すでに販促や集客に欠かせないキラーツールとも言える存在になりつつあります。

そんなLINE@が、さらに進化を遂げているのをご存知でしょうか?今回は、2016年春以降に行われたリニューアルや、新しく追加された機能をまとめてご紹介します。より使いやすく強化されたLINE@、まだ集客などに活用してない方はぜひ参考にしてみてください。

アカウントページのリニューアルでさらに使いやすく

お店や企業の基本情報を掲載する紹介ページである「アカウントページ」は、いわばLINE上のホームページのようなもの。LINE内で閲覧される他、認証済みアカウントであれば検索結果にも表示されます。そのアカウントページ作成のための管理画面がリニューアルされました。

リニューアル1:より魅力的なデザインが可能に

カバーデザインのカスタマイズ性が向上

カバーデザインのカスタマイズ性が大きく向上。ページ上に表示される情報が増え、より魅力的なビジュアル表現が可能になっています。

  • 店舗ロゴを設定可能
  • カバー画像を複数枚設定可能
  • カバー画像下のボタン色の選択が可能

など、ビジュアル面で魅力的にアカウントページを見せることができるようになりました(画像は、LINE公式ブログより引用)。

01また、LINE@アカウントのプロフィール画面からのリンクが追加されたことで、アカウントページへの導線も分かりやすく強化されたリニューアルとなっています。

02参考ページ
(アカウントページ設定事例【DHOLIC】)(LINE公式ブログ) http://blog.lineat.jp/archives/47290823.html

 リニューアル2.メッセージ配信の従量課金が廃止に。完全無料利用が実現

もうひとつ大きな変更として、メッセージ配信が完全無料になったことがあります。LINE@で送信したメッセージは、クリック率がメルマガの数倍もの数値になることも多いと言われており、中には数十倍の結果が出たなど、そのレスポンス率の高さには目を見張るものがあります。ただし従来は、月間50,000通を超えると従量課金が適用され、1通あたり1.08円かかっていました。そのため、数千、数万人の友だちを抱えるアカウントでは、費用対効果を考えると気軽に配信しにくいという悩みがありました。

2016年4月1日より、この従量課金が廃止となり無料で使えるようになっています。配信数を気にすることなく使えるようになったことで、従来よりも積極的な活用が可能になり、テストマーケティングなどの観点からもよりアクティブな施策がとれるようになりました。

合わせて、LINE経由で予約を獲得するサービス「LINEグルメ予約」も無料利用が可能に…。こちらは飲食店のみの機能ではありますが、LINE@における集客は限りなく低コストで運用できるようにリニューアルされています。

2つの新機能で、さらに広がるLINE@活用の幅

リニューアルに続いてここからは、この春追加された2つの新機能を紹介します。これまでのLINE@は「集客ツール」としての活用が主でしたが、今回新しく追加された機能では「販売ツール」としての利用も可能になっています。

新機能1:Coupon Book

LINEのクーポンをまとめてストックできる新機能が「Coupon Book」です。

03ユーザーがクーポンを使おうと思った時、これまでは個別のトーク画面の中から見つけ出さなくてならず、使用する際にクーポンを探すことが大きな手間となっていました。クーポンを配信する企業側にとっては、せっかく送ったクーポンがトークの中に埋もれてしまうことで、なかなか使用率が高まらないという課題がありました。

新機能Coupon Bookができたことで、クーポンの一覧が表示されるようになり、ユーザーが目的のクーポンを見つけやすくなりました。配信されたクーポンに「お気に入り」を付けておけば見つけやすく、期限の近いものから表示されるので、クーポン使用率のアップも期待できます。またCoupon Bookの「探す」をタップすると、現在地の周辺店舗のクーポンが表示されるようになっており、飲食店などを中心に、今いる場所に近い店を探すユーザーを獲得できる新たな施策となります。

また、Coupon Bookでは、友達になっていないユーザーにもクーポンが表示されるので、新規の友だち登録につながる効果も期待できます。

新機能2:コマース機能の追加

もうひとつ、LINE上で直接商品の訴求・販売ができる新機能が「コマース」です。従来は、LINE上で直接何かを販売することはできず、一旦自社サイトなどに誘導する流れになっていましたが、この機能が追加されたことで、LINE@からのダイレクトな売上も期待できるようになりました。

コマース機能を利用すれば、LINE@をひとつの販売チャネルにすることができます。WEBサイトなどへ誘導することなく、その場で決済まで完結させることができるので、ユーザーのわずらわしさの軽減につながります(画像は、LINE公式ブログより引用)。

04LINEのコマース機能を利用すれば、これまでネット販売をしていなかった店舗や企業なども、インターネット上にショップを持つことが可能です。月額利用料、システム利用料は一切かからず、決済ごとに4.98%の販売手数料だけが必要なしくみなので、初期投資も不要。国内アクティブユーザー数4500万人以上という巨大メディアLINE上にショップを持てることは、大きなメリットになるはず。特に若い層を対象にするビジネスでは、活用を検討してみてはいかがでしょうか?

今回のまとめ

特にスマホユーザーへの効果的なアプローチ手段として、活用が拡がってきたLINE@。そのアカウント数は増え続け、いまや60万件を突破。ビジネスや販促に広く活用されています。今回のリニューアルや機能追加によって使いやすさが向上しただけでなく、コスト面のハードルも格段に低くなりました。導入を検討している企業やWEB担当者にとって、今がLINE@を始めてみる絶好のタイミングではないでしょうか。

<関連記事>
2016年春には開始か?いちはやく押さえておきたい「LINEタイムライン広告」の機能と特徴
LINE@はこう使う!ありがちな失敗に陥らないための3つのポイント

seleQt

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  5. 5

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」