ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

「基本レポートを見るだけ」から卒業!2つの機能で、もう少しだけ深く見るGoogle Analytics

  • アクセス解析

WEBマーケティングに欠かせないアクセス解析。しかし、Google Analyticsを導入しているサイトは多いものの、「分析は、どう行えば良いのだろう」「データは、どう活用すればいいのか」という疑問を持つ方は後を絶ちません。

特に多いのが、「Google Analyticsでは基本レポートを見るだけ」という状態から前に進めないケース。この記事は、そんな方たちに向けて、たった2つの機能を覚えるだけで格段に分析スキルがアップしていくという内容でお届けします。

基本レポートだけでは、何も見えて来ない

Google Analyticsの基本レポートとは、あらかじめメニュー化されたレポートのこと。例えば、以下は「ユーザー>サマリー」レポートです。

1最も基本的なレポートですので、多くの方がよくご覧になっているはず。これを見れば、セッションやPV、直帰率などが出てきますので、サイトのアクティビティはわかります。しかし、ここを見ているだけでは、課題が見えてきたり、改善のヒントにつながったり…ということには、残念ながらなりません。

これは他のレポートも同じです。こうした基本レポートを眺めて立ちつくしてしまっている方は、ぜひ、この後を読み進めてみてください。

2つの機能をマスターすれば、その先に進める

今回紹介する機能はたったの2つだけです。これを覚えるだけで、「データを見るだけ」から分析へと、一歩進むことができます。しかも、2つともデフォルトで備わっている機能で、特別な設定はいりません。

Google Analyticsには高度な分析機能もあり、詳細な設定を加えることでさまざまなデータを取得できますが、それらは応用として先に取っておき、まずは今回ご紹介する2つの機能をマスターしてみてください。その2つの機能とは、「セカンダリディメンション」と「セグメント」です。それでは、さっそく見ていきましょう。

1.セカンダリディメンションの活用

●セカンダリディメンションとは

Google Analyticsの「ディメンション」とは、「項目」や「分析の軸」を意味します。各レポートの、縦軸がこれにあたります。

2各レポートを開くと、縦軸にこのディメンションが1つ(1列)だけ表示されています。そして、セカンダリディメンションはその名の通り、これをもう1つ追加できる機能です。

3

方法はとても簡単。ディメンションの列の上に、「セカンダリディメンション▼」というボタンがありますので、ここをクリックしてプルダウンメニューを表示させます。

その中から、どれかの項目を選択することで、2番目のディメンションが追加され、データにもう一つの分析軸が加わります。

●セカンダリディメンション利用例

では、この機能の活用例を見て行きましょう。例えば、自社サイトへの訪問者で、「新規ユーザーとリピーターでは、何か違いがあるのではないか?」という点が、気になっていたとします。

この場合、まず確認する基本レポートは、「ユーザー>行動>新規とリピーター」です。しかし、ここを表示させただけでは新規訪問者とリピーターの基本データが見えるだけ。それ以上の分析にはなりません。そこで、活用できるのがセカンダリディメンションです。

例えば、「新規訪問者とリピーターでは、サイトへの流入経路に違いがあるのでは?」、と考えたとします。それを確かめるためには、セカンダリディメンションのプルダウンメニューを開き、「集客>メディア」と選択します。6

これによって、セカンダリディメンションとしてメディアが追加され、新規訪問者とリピーターの流入内訳が確認できるようになります。

この例では、ひとつ目のディメンジョンがユーザータイプ、ふたつ目のディメンジョンがメディアになります。セッション数の多いもの順に並べると、リピーターと新規では流入元の傾向にハッキリ違いが見られます。

ここで、「新規訪問者では、検索エンジンよりも他サイトからの流入が多いようだ」と気づけば、「具体的に、どんなサイトから来ているのだろう」と考えが広がってくるはずです。

そこで、先ほどと同じ要領で、再びセカンダリディメンションのプルダウンメニューを表示させて、今度は「参照元/メディア」を選択します。この操作により、具体的な参照元とメディアの組み合わせが、セカンダリディメンションに表示されます。これを目安にしていくと、新規ユーザーの流入に貢献しているサイトを確認できます。

7

TIPS

データを見る時に、「アドバンスフィルタ」を使えば、必要な情報だけを表示することができるのでみやすくなります。この操作も、ぜひ覚えるようにしましょう。

8

2.セグメントの活用

●セグメントとは?

次に紹介する「セグメント」は、さらに分析を強化できる機能。条件を指定して、アナリティクスのデータの一部を見ることができるというものです。特定のルートで流入指摘やユーザー、サイトの特定のページにアクセスしたユーザーなど、条件に応じたデータを抽出してみることができるので、特定部分の傾向を把握し、それに対応することができます。

セグメントのメニューは各レポートの上部にあり、デフォルトではすべてのユーザーが対象になっています。

11

例えば、

●セグメントの活用例

見慣れたユーザーサマリーレポートでも、セグメントを活用すれば、これまでの何倍もの情報を取得できるようになります。例えば、「一定期間のセッション内に、自然検索のユーザーが、どれぐらい含まれていたのか」を見ていきましょう。

デフォルトで「すべてのユーザー」となっている部分をクリックすると、選択項目が開きます。そこから「自然検索トラフィック」にチェックを入れ「適用」を押すと、自然検索によって訪問したユーザーのセグメントが追加されます。

12

この例では、普段は大部分が自然検索からの訪問なのに、最近の一時期だけ急激にそれ以外からのアクセスが増加しているのがわかります。次のステップとして、「この時期の流入の内訳」を調べ、何が要因だったかを詳しく見ていくと良いでしょう。

もうひとつの例として、今度は「すべてのユーザー」という条件を外し、「新規ユーザー」と「リピーター」にチェック。セッション数の動きと内訳を比較してみましょう。

14

このサイトではほとんどが新規ユーザーのアクセスであり、アクセスが増えている時期も新規ユーザーの流入が押し上げているだけ、といった状況が把握できます。ここまで把握できれば、リピート施策に課題があることがわかりますし、新規ユーザーをどこから獲得できているのかをさらに細かく調べて、どういった集客が成果を上げているのかを見ていくこともできます。

なお、レポート上にはグラフだけではなく実際の数値も表示されていますので、細かな数値の差を把握することももちろん可能です。

●セグメントをもっと活用する

上の例では、セグメントをユーザーサマリーレポート上で使いましたが、実際の分析では、それぞれの課題に合うレポートに対して適用させていきます。例えば、先ほどのセカンダリディメンションの説明の際に作成した、「新規ユーザーが多く流入してくるサイト」について、セグメントを使ってより深く分析するなどということも可能です。

仮に「他サイトからの流入傾向は、デバイスで違いがあるのではないか」、という予測を持っていた場合なら、「モバイルトラフィック」と「タブレットとPCのトラフィック」のセグメントを比較して検証してみればいいでしょう。

TIPS

15

今回は予め用意されている基本的な項目のみで、セグメントを見ていきましたが、「新しいセグメント」という機能で、自分で条件を設定しながらオリジナルセグメントを作成していくことも可能です。

用意されたセグメントでの分析に慣れたら、こちらも使ってみてください。より自サイトの課題発見や解決のヒントにつながる分析ができるようになるはずです。

今回のまとめ

  1. Google Analyticsでのアクセス解析は、基本レポートだけでは深い分析はできない。
  2. 「セカンダリディメンション」では、分析軸を1つから2つに増やして掘り下げて行くことができる。
  3. 「セグメント」の機能を覚えるだけで、条件を変えた分析や比較ができる。

今回ご紹介した2つの機能を使えば、簡単な操作で、これまでより少し深い分析ができるようになります。日頃漠然と感じている傾向の分析や、解決のための仮説の検証など、ぜひ実際に試してみてください。

<関連記事>
【アナリティティクス習得講座】訪問者のニーズを掴めているかを確認する方法
【アナリティティクス習得講座】人気のコンテンツを見分ける

seleQt

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  7. 7

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」