ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

あなたのライティングツールに【文章校正ツール】は入ってますか?

  • コンテンツ

ホームページやSNSでのお知らせ、オウンドメディアのブログ記事、製品・サービスのプレスリリースを配信する時など、様々なシーンで不可欠なライティングツールが「文章校正ツール」です。
Web上のテキストコンテンツの中には、まともに校正がされておらず、誤字脱字だらけの文章を見かけることがしばしばあります。ブランディングや信頼感を培いたい自社のWebサイトで、そんな失態は犯したくないものですよね。
とは言え情報発信が活発な部署でも、人手も時間も足りず校正までなかなか手が回らない……というのが実情かもしれません。そんな時には「文章校正ツール」を利用するのがオススメです。
現在では文章校正ツールにも様々なものがありますが、今回は無料で簡単に使える文章校正ツールをご紹介します。早速あなたのライティングツールに加えて、今日から校正力をアップしていきましょう。

文章校正ツールの王道「Microsft Word」

誤字脱字や表記のゆれ(「問合せ/問い合わせ」といった表現の不統一)などは、プロのライターでも文章を書けば、自然と幾つかは出てしまうもの。ましてや文章作成に慣れていない人が文章を書くと「誤字脱字だらけ」という原稿も珍しくありません。
そんな時に役立つのが、意外かもしれませんが「Microsoft Word」の文章校正ツール機能です。使用方法はものすごくシンプルです。Wordの「校閲」タブから「スペルチェックと文章校正」機能を選んで文章全体をチェックします。誤字脱字、英語のスペルミス、表記のゆれといった単純ミスから、一般的じゃない言い回し、慣用句の間違い、文法の誤りなども指摘してくれるので、自分では発見しにくいミスも見つけやすいのです。
もしPCにMicrosoft Wordが入っていたら、違うソフトで文章を作成していても、文章校正ツールとしてだけ使うのもオススメです。

 

サイトを開いて文章を貼るだけの「無料」文章校正ツール

もし、パソコンにMicrosoft Wordが入っていない場合は、無料の文章校正ツールサービスを使いましょう。
これから紹介する「日本語校正サポート」と「Enno」の2つの文章校正ツールサービスは、サイトを開いて、テキストボックスに文章を貼り付けるだけでOK。それぞれ字数制限はあるものの、Web上で使う原稿の文字数ならほぼ問題ないでしょう。Wordと同じく、誤字脱字や変換ミスなど、基本的な文章校正ツールの機能を果たしてくれます。また、両ツールには校正内容に特徴がありますので、使いやすい方を選んでみてください。

日本語校正サポート

http://www.kiji-check.com/

「日本語校正サポート」は最大1万字まで校正ができます。また、画面から簡単なカスタマイズも可能です。文字校正だけでなく、二重否定や難読語のチェックもしてくれるのが特徴です。
例えば、「日本語校正サポート」を使うとこんな感じのチェックをしてくれます。

 ・その条件ならOKしないこともない。⇒二重否定

 ・こうした範疇なら問題ありません。⇒「範疇」は一般的にはより平易な表現が望ましい。範囲(カテゴリ、部類、枠などに言い換え)

 

Enno

https://enno.jp/

最大文字数は公表されていませんが、A4で10ページ程度は可能とのこと。同じく単純な文字校正から、冗長性などのチェックをしてくれる文章校正にも役立ちます。また理系・工学系の論文などに使うカンマやピリオドに対応した文章のチェックもできるので、理工系学部の学生さんも重宝しているそうです。

・まず最初に、予測できない例外的なエラーが発生した模様です。 ⇒「まず」と「最初」は同じ意味です。いずれかを削除します。

文章の「読みやすさ」に配慮するライティングツール

最後にご紹介するのは、文章校正ツールとは少し違うのですが、Web上の文章を読みやすくするために役立つライティングツールです。「漢字使用率チェッカー」は読んで字のごとく、文章の中にどのくらいの漢字が使用されているかを確認するためのライティングツールです。文章における漢字の使用率は読みやすさと非常に関係が深く、当然のことながら、漢字が多すぎる文章は読みにくいものです。特にWeb上の文章では漢字の多用は避けるべきです。
一般的に、読みやすい文章の漢字の比率は25~30%と言われています。カチッとした公式文書にはやや多め、逆に頭をやわらかくして読む日記やつぶやきなどには少なめと、使い分けている企業もあります。

漢字使用率チェッカー

http://akind.dee.cc/kanjiritsuchk-input.html

入力欄に文章を貼って、「漢字率を算出」を押すと漢字率が表示され、適正な範囲かどうかアドバイスしてくれます。

 

まとめ

いかがでしょうか。Webの文章は印刷物に比べて、文字校正がおろそかになりがちですが、仕事である以上しっかりと境界線を引いて、きちんと文字校正を行い、恥ずかしくない文章を読んでもらいたいですね。
本格的な文章校正ツールは有料で多くありますが、無料でも最低限のことはチェックができます。いままでの文章ライティングのツールの中に文字校正ツールが含まれていなかった人は、ぜひ導入してみてください。

 

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  6. 6

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    わずか60秒でカンタン制作?!無料アンケートフォーム作成サービス、おすすめベスト5!

  10. 10

    歯科クリニックのホームページを徹底調査!24サイトに見る集患力のポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  7. 7

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND