ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

動画コンテンツで上位表示を狙う!注目の動画SEOの現在と今後

  • コンテンツ

検索エンジンで何かを調べている時、結果画面に動画が出てくることが、以前よりも増えてきたような気がしませんか?動画コンテンツを含むページは検索結果で優遇されるようだ…ということで注目されるようになったのが、動画で検索結果での上位表示を狙う「動画SEO」です。従来のようなパソコンでの検索だけではなく、スマートフォンやタブレットでの検索に比重が移ってきていることも、動画の重要度を押し上げています。

今回は動画SEOについてまだあまり詳しくない方のために、動画SEOとはどのようなものか、また現状や今後の見通しなどについて書いてみたいと思います。

動画は検索エンジンで本当に優遇されるのか?

トップ画面表示の確率が最大53倍になるというデータも

アメリカの調査では、「動画を含んだWEBページは、含んでいないページに比べ、Googleの検索結果の1ページ目に表示される確率が最大53倍になる」というデータがありました。さらには、検索結果に動画のサムネイルがあると、クリック率が上がるとも言われています。WEBでの集客のために、日々SEOに頭を悩ませている方々にとっては、まるで夢のような話だと思いますが、こうした話題が動画SEOへの注目につながっています。

テキスト情報が無い動画が、なぜSEOに有効?

しかし中には、「なぜ動画なのにSEO効果があるのか?」と、疑問を持つ方もいらっしゃるかもしれません。確かにSEOの基本はテキスト。検索エンジンのクローラー(巡回ロボット)に認識されるためには、テキスト情報が必要です。それなのになぜ動画が有利なのと言えば、動画コンテンツにも「タイトル」「説明テキスト」「タグ」といったテキスト情報が存在するからです。

実は動画SEOでも、クローラーに読まれているのはそれらの文字情報。また、動画を掲載しているページ内のテキスト情報も参照されています。これもアメリカでの調査になりますが、動画制作会社が行っている動画SEOへの主な取り組み内容は、ほとんどが、これらにかかわるものになっています。その他に行われている施策も、Googleに動画サイトマップを送ったり字幕データを付けたり……、といった対応です。つまり極端に言えば、現在のところでは、動画の中身そのものではなく、それに付帯する情報(メタ情報)が検索結果に影響を与えているのです。

動画コンテンツの上位表示に影響するその他の要因

ニッチなキーワードほど動画が表示されやすい

その他、検索結果に大きな影響を与えていると思える要因のひとつにキーワードがあります。例えば「キッチン 掃除」というキーワードで検索してみると、1ページ目には動画コンテンツらしいものは出てきません。次に「シンク 掃除」で検索してみます。

img 01_0130

今度は、1ページ目に動画コンテンツが出てきました。「シンク」とはキッチンの流し部分のことですが、シンクというパーツを表す言葉で検索する人はそう多くはいないでしょう。このようなニッチなキーワードでの検索ほど、動画を含むページが検索上位に表示されやすい傾向があるようです。

やはり強い?YouTubeの存在

そしてもう一つの注目はURLです。上記で結果表示された動画も「www.youtube」、つまりYouTubeに掲載されています。ネット検索を普段使っている中で、動画が検索結果上位に出てきた時、そのほとんどがYoutubeだったことに気づいている方も多いはずです。YouTubeはGoogleのグループ会社。検索結果にそのことがどの程度影響しているのかは定かではありませんが、少なくとも現時点ではYouTubeを使っての配信が動画SEO上では有利なようです。

ただし、無料で便利なYoutubeにも、自由度が効きにくい、仕様変更が頻繁に起こるなどのデメリットはあります。Youtube以外の動画配信システムも検索エンジンに評価されることを研究し、改善に取り組んでいるようです。動画SEOのためには、そのあたりの情報も細目にチェックしておきたいところです。

検索エンジンの動画評価ロジックは、まだ発展途上だが…

一度、動画SEOに関するここまでの話をまとめてみましょう。

  • クローラーに読み込まれるのは主にタイトルなどの関連情報
  • ニッチなキーワードで上位表示
  • YouTubeへの掲載が有利

このように検索エンジン側のロジックは、まだ従来のSEOの延長上にあり、動画コンテンツの中身そのものを重視しているわけではありません。つまり、必ずしも検索ユーザーのニーズに適合する内容の動画を表示できているわけではない、ということになります。しかしながら、それが今後も続くのかと言えば、そうではないと思われます。

当初は非常に荒いロジックで運営されていた検索エンジンですが、驚くべきスピードで進化してきました。もはや一時しのぎのSEO対策では効果が出せなくなり、スパム行為には強烈なペナルティも課せられます。検索エンジンのこうした過去から学べば、動画コンテンツでも、きちんとしたSEO対策を最初から考えておくべきだと言えるのではないでしょうか。

動画SEOでも価値あるコンテンツ作成が重要

検索エンジンが好むのは「良質なコンテンツ」。そして、良質なコンテンツとは、ユーザーにとって価値ある情報だということです。コンテンツが動画であっても、その基本コンセプトは変わらないはず。「良質で」「ユーザー視点での検索目的を推定した」「ニーズを満たす」動画コンテンツをつくることが、今後の動画SEOで成功を目指すための基本になると思われます。いろいろな過渡的テクニックは生まれるとは思いますが、最終的に重要なのは中身です。そのことは心に留めておいた方がいいでしょう。

また、いまのところ、検索エンジンのクローラーが動画の中身を認識できないことは確かですが、動画内の音声データをテキスト化する技術なども既に出てきており、Googleもどうやら、この技術を動画のクロールに使っていくようです。動画の中身そのものが検索エンジンに評価されていく日は、予想外に近いのではないでしょうか。

0130_01

今回のまとめ

  1. Googleでの検索上位を目指す「動画SEO」。そのロジックはまだ未整備な段階。
  2. Youtubeを配信に使った方が現在では有利。
  3. 今後は、コンテンツとしての動画の中身(質)が評価されるようになるだろう。

動画SEOでも、最終的にはコンテンツ重視されることは方向性としては間違いないはずです。これまでのSEOの流れを振り返れば、そのことに同意しない人は少ないのではないでしょうか。過渡期的な対応は必要かもしれませんが、大切なことは、今のうちから中身やテーマにこだわった動画コンテンツを多く作っておくこと。それが、後々の成功につながっていくと思われます。

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」