ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

【アナリティクス習得講座】初心者必読!最低限やっておくべき初期設定4選

  • アクセス解析

集客サイトを運営する時には、様々な数値の分析が欠かせません。特にアクセス解析をしっかりと行うことは重要。そこで、よく利用されているのが、無料で使えて高機能な定番ツール「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」です。

しかし「アナリティクスは難しい」「高機能すぎて使いこなせない」と感じておられる方も多いはず。インバウンドブログでは、そんな方にもわかりやすいアナリティクス解説を、定期的に行っていきたいと思います。今回は、「まずこれだけは、やっておきたい初期設定4つ」をご紹介。このページの最後から、PDFマニュアルもダウンロードしていただけますので、ご利用ください。

設定1.フィルタの設定をして自分や関係者のアクセスを除外

せっかく時間をかけて分析を行っても、自分や担当者によるアクセスをカウントしてしまうと、正確な数値が見えません。これらは除外しておきましょう。そこで必要になるのが「フィルタの設定」です。これを行っておくことで、自分や関係者などのアクセスを除外したアクセスデータを得ることができるようになります。

自分や関係者からのアクセスを除外するにはいくつかの方法があるのですが、ここではIPアドレスによるフィルタの設定について解説します。簡単な設定ですので、必ず行うようにしましょう。

<設定の手順>
まずはアナリティクス設定で、「アカウント」⇒「プロパティ」⇒「ビュー」と移動してその中の「フィルタ」のメニューをクリックし、設定して行きます。

「新しいフィルタ」をクリック

「新しいフィルタ」をクリックし、開いたページで必要事項を記入していきます。

設定の手順

まずは「①フィルタ名」を設定します。例えば「社内接続除外」や「社内IP除外」などとしておくと分かりやすいかもしれません。「②フィルタの種類を選択」、ここでは定義済みの「除外」を選択、「③参照元かリンク先を選択」では「IPアドレスからのトラフィック」を選択、④該当するIPアドレスを入力し、⑤保存、これでIPアドレスによるフィルタの設定ができました。フィルタ設定は複数可能です。このようにすることで、社内はもちろん、委託先などからのアクセスをカウントしないようにでき、正確な数値を得ることが出来ます。

設定2.コンバージョン設定をして目標達成の数値を把握

次に行っておきたいのが、「コンバージョン設定」です。コンバージョン設定とは、集まったアクセスのうちどれだけのアクセスが目標までたどり着いたのか、その成約率が分かるようにするものです。例えばサービスへの申し込みや登録を促したい場合、商品の販売を行う場合など、目的に応じたコンバージョンを設定して、その結果を数値で分かりやすくしていくことは効果を知る上で非常に重要です。

<設定の手順>
アナリティクス設定の、「アカウント」⇒「プロパティ」⇒「ビュー」と移動してその中の「目標」の項目をクリックし、設定していきます。

03

開いたページの赤いボタン「新しい目標」をクリックし、コンバージョンの設定を行っていきます。

設定例:入力フォームからの問い合わせ数をコンバージョンとして設定

ここでは、事例として入力フォームからの問い合わせ数をコンバージョンとする場合をとりあげてみましょう。この場合は、サンクスページやお問い合わせ完了画面などの特定ページへの遷移を指標として設定します。

04

まず目標設定の名前を付けます。ここでは「お問い合わせ」としました。タイプは「目標」を選択し、次のステップに移ります。

05

上記画像の青枠部分に表示をカウントするサンクスページなどのURLを記入します。これでコンバージョンの設定が終了です。

コンバージョンの設定をしておかなければ、訪問者の数はわかっても、そのうちどれだけが目標とするアクションへとつながったのかは把握できません。簡単な設定をしておくことで、これらの結果が数値として見えるようになりますので、ぜひやっておきましょう。

設定3.セグメント設定でターゲットごとにより分かりやすく

アナリティクスには「アドバンス セグメント」という、アクセスをセグメント分け出来る便利な機能があります。アクセス解析データの中から、例えば「検索エンジンからのアクセスだけ」や「特定のページへのアクセスだけ」などの条件で選び出したデータをグラフなどで表示してくれるので、必要な情報を管理しやすくなります。他にも「ブラウザごと」や「訪問やトランザクションの頻度」などによっても設定できますので、よく見る重要度の高いセグメントを設定しておくのがおすすめです。

<設定の手順>
セグメントの設定は、サマリーページ右上の「+セグメント」のリンクをクリックして行います。

06

07

セグメントの設定画面では、このようにセグメントが一覧表示されます。「コンバージョンに至ったユーザー」「新規ユーザー」「モバイルとタブレットのトラフィック」など、デフォルトで登録されたセグメントだけでもいろいろありますので、それをチェックするだけでも、簡単にセグメント指定が行えます。また、上部左にある赤いボタン「新しいセグメント」をクリックすると、独自のより詳細なセグメントの設定(追加登録)が可能になります。

08

新しいセグメントの作成画面では、このように詳細な設定が可能になっています。年齢、性別、地域、などの設定も行えるので、「25~34歳、東京都、女性」のようなセグメント作成も可能になります(ただしユーザー属性情報を得るには広告主向け機能の有効化が必要です)。

このようなセグメントの設定を行っておけば、それを選択するだけで、知りたい属性やターゲットの数値をより簡単に見ることが出来るようになります。あらかじめこうしたセグメントをいくつか設定しておけば、集客効果を高めるための改善点なども、効率的に見つけやすくなります。

設定4.カスタムアラートを設定して変化を素早く察知する

インバウンドサイトを運営していく上で、サイト上に起こる変化を素早く察知することは非常に重要です。例えば何らかの要因がきっかけでアクセスが急激に伸びているような状況であっても、普段あまりアナリティクスを観察していなければその変化に気が付きません。後になって気が付いた時には、ビジネスチャンスを逃しているかもしれません。

また、何らかの原因でページが正常に表示されていないとしたら、これも早急に対処しなくてはいけません。この場合も同じように、小まめにサイト状況を確認していなければ、そのような状況に気づくことができません。そこで設定しておきたいのが「カスタムアラート」です。サイト内の変化をいち早く知る事が出来る機能なので、ぜひ設定しておいてください。

<設定の手順>
アナリティクス設定の、「アカウント」⇒「プロパティ」⇒「ビュー」と移動してその中の「カスタムアラート」の項目をクリックします。そこから「新しいアラート」をクリックして、設定を行っていきます。

09

設定例:一定数のページビューがあった時に知らせるアラート

例えば日に一定数のページビューがあった時に知らせるアラートを設定する場合には、以下のように項目を入力します。

10

この事例では1日に1万PVを越えた場合に通知するように設定しました。このように設定しておけば、急激にページビューが増えた場合にもメールで通知してくれますので、突然訪れるビジネスチャンスにも迅速に対応することが出来ます。

このように特定の数値を越えたり、それ未満になったりと、様々な設定が可能。例えば「エラーページが頻繁に表示される」「あるキーワードを検索して流入してくるアクセスの数が一定数増えた」「あるリンクのクリック数が一定期間で一定の値を越えた」など、知りたい項目と数値を設定しておくことで状況を素早く把握することができます。

今回のまとめ

特に初めてアナリティクスを導入する際には、どうしても「難しい」「ややこしい」と感じ、「徐々にできるようになっていこう」と、このような設定を後回しにしがち。ですが、これらの機能は初めに設定しておくからこそ効果的だと言え、アナリティクスを使うことの意味もまさにそこにあると言っても過言ではありません。

今回ご紹介させて頂いた4つの設定は、アナリティクス初心者だからこそ必ず設定しておいていただきたいものばかり。どの設定も非常に簡単に完了できますし、このような設定をしていくことが、アナリティクスの理解につながることもあります。難しい、ややこしい、などの固定概念を捨てて、効果的なインバウンドサイトの運営の為に、ぜひこれらの設定を行っておきましょう。

このページの内容をまとめたPDFマニュアルもダウンロードいただけます。お手元に置いてご利用ください。
【アナリティクス初心者必読】まずはこれだけ!最低限やっておくべき初期設定4選

<関連記事>
【アナリティクス習得講座】カスタムレポートをマスターして数値分析を簡単に
【アナリティティクス習得講座】人気のコンテンツを見分ける

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」