ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

インバウンドマーケティングのお手本にしたい効果的コンテンツ事例7選

  • コンテンツ
  • マーケティング

顧客に役立つ情報を提供し、それを見つけてもらうことから関係づくりを始めるインバウンドマーケティング。そこでは、潜在顧客との出会いのために、いかに価値ある情報、魅力的なコンテンツを提供できるかが成功を左右する重要なポイントになります。

でも、なかなかコンテンツアイデアが浮かばない、イメージが湧かない…という場合もあるかもしれません。そこで今回は、そんな時の参考になりそうなコンテンツ事例を、いくつかご紹介したいと思います。自社のコンテンツを考えるにあたって、ぜひ切り口の参考にしてみてください。

インバウンドマーケティング向きの商材とは

事例の紹介をする前に、インバウンドマーケティングに向く商材にはどのようなものがあるかについて考えておきましょう。大きく次のふたつがあります。

購入までの検討期間が長い商材

ひとつは「購入(決定)までの検討期間が長い商品やサービス」です。この場合、コンテンツが果たす役割は、その検討に役立つ情報を提供すること。それによって、ユーザーの知識や理解、関心を深め、購入(決定)へのハードルを下げていきます。情報収集にかかる時間が長いことを踏まえ、定期的に情報を発信すれば、ユーザーからの信頼をよりしっかりと築いていくことができます。

独自性の強い商材

もうひとつは「独自性の強い商材」です。例えばどこの会社もまだ販売していないような商品や、他では真似できないオリジナリティが高いサービスなどがこれにあたります。特殊な技能を持つプロ人材、独自のノウハウや技術、サービスコンセプトや開発ストーリーなど、取り上げることができるユニークな話題が多いため、無理にひねり出して差異化を図らなくてもオリジナリティの高いコンテンツを作成できます。

効果的事例7選

ここからは、インバウンドマーケティング向きの独自性の高い商材を扱っているケースを中心に、7つのコンテンツ事例を紹介して行きます。

事例1.東洋インキ「1050+」

東洋インキ「1050+」
http://www.toyoink1050plus.com/

インキという独自性の高い商材をテーマにコンテンツを充実させたサイトです。色を扱うプロであるクリエーターやデザイナーなどへのインタビュー記事や、カラーコミュニケーションツールなど専門性の高い情報を提供。色に関する独自技術やプロダクト、企業の採用ケーススタディなどの実務的な情報も、面白いコラムとしてまとめられており、有益で効果的なコンテンツになっています。ページのデザインそのものでも「色」の魅力を上手く表現しています。

事例2.SAKEMARKET「KURAND」

02
http://kurand.jp/

「KURAND」は、酒屋やスーパーでは手に入りにくい旬で新鮮な日本酒を、全国の蔵元から直接購入できる会員制サービス。人の顔がたくさん出て来て、日本酒によるつながりを感じさせるサイトに仕上がっています。WEBサイトで提供されるイベントレポートやマガジン(コラム)などのコンテンツは、「飲んでみたい」と思わせる、日本酒好きの心をくすぐる内容になっています。

事例3.島田薬局「漢方セラピー&コスメ」

image03
http://kanpou-shimada.com/

妊娠と漢方薬の関係をわかりやすく説明するコンテンツが豊富。不妊に悩む方の「なんでも試してみたいという気持ち」を汲んで、様々な視点からの情報をわかりやすく丁寧に掲載しています。カウンセリングを提供する漢方薬局のコンテンツとして、見る人に信頼と安心感を与え来店へのきっかけとなるよう、ていねいに作られています。

事例4.アステラス製薬 「チェンジ喘息」

04
http://naruhodo-zensoku.com/

「チェンジ喘息!」と題し、喘息に関する情報に特化したサイトです。喘息天気や喘息クイズ、喘息川柳、喘息Q&Aほか、喘息に関するたくさんのコンテンツを提供しています。他にも、がんや生活習慣病など、医薬品メーカーが提供している病気関連サイトはたくさんあります。「病気」という一度罹ってしまったら目を背けられない分野で、その特定の病気に関するコンテンツを提供できるメーカーの強みを生かしたコンテンツだと言えます。

事例5.トヨタ「TOYOTA DOGサークル」

05
http://dog.toyota.jp/

「犬にやさしいトヨタのお店」をコンセプトに、犬と車を結びつけたコンテンツを提供。愛犬家のための車選びなど車がらみの情報だけでなく、ドッグランやドッグカフェなどの犬と一緒に行ける場所情報や犬連れでの外出時の注意点など、愛犬との暮らしを楽しむための独自のコンテンツを展開。車という商品に「犬と楽しむ」という独自の切り口を与えた総合戦略に基づき、WEBサイトでもライフスタイル提案型のコンテンツを展開しています。

事例6.トヨタ「GAZOO」

06
http://gazoo.com/Pages/index.aspx

これもトヨタが展開するものですが、先ほどのドッグサークルとは違い、車好きのためのコンテンツを盛りだくさんに提供しています。トヨタ車にかかわらず新旧3000種以上のクルマ情報のほか、ドライブ情報、コラムから連載小説からマンガまで…、車好きが楽しめるコンテンツが盛りだくさん。宣伝色は一切ありません。車だけの話題でここまでできる、という意味で参考になります。

事例7.ユーグレナ「euglena farm」

07
http://www.euglena-farm.jp/

ミドリムシを加工した食品を主力商品とするユーグレナは、微生物を食品として利用するというアイディアから生まれた健康食品。ミドリムシの量産という他にはない技術とノウハウから商品が生まれています。サイトでは、産地である石垣島の紹介や、美と健康のコラム、ユーグレナを使った動画レシピなどのコンテンツを提供。また、ユーザーの感想を募集し、積極的に顧客の声を反映させていこうとする姿勢を示しています。広報効果も考えた編集がなされており、独自商材を持つ企業のコンテンツを考える時の、ひとつのよい見本になるかもしれません。

今回のまとめ

今回ご紹介したコンテンツの共通点は、次の3つに集約できると思います。

  1. 製品をPRするのではなく、まずは知ってもらい興味を持ってもらうことを目的とする
  2. テーマをわかりやすく絞り込み、対象者視点でコンテンツを編集する
  3. 提供する商材については、売り込みではなく自然な文脈で情報として伝える

この3つの要素こそが、まさに中小企業が行うべきインバウンドマーケティングの要点。検討に時間がかかる商材や独自性の高い商品をお持ちなら、ぜひインバウンド戦略で自社の商材を上手にマーケティングしてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」