ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

あなたの文章はなぜ読まれないのか?分かりやすい記事を書くための7つのポイント

  • コンテンツ

ホームページやブログ、オウンドメディア…。これらの全てで必要なこととして、いわゆる「記事」の制作があります。動画の活用なども増えてきてはいますが、まだまだ文章はコンテンツの基本です。しかし、どうでしょうか?あなたの記事は最後まで読んでもらえているでしょうか?

記事をじっくりと読んだ人の割合は「精読率」とも言われ、ユーザーに役立つ記事かどうかを知る指標にもなります。それを高めるためのポイントはいろいろありますが、大前提として分かりやすい文章であることは必須。そこで今回は、ウェブコンテンツで分かりやすい文章を書くためのポイントを7つ、ご紹介していきたいと思います。自社サイトの文章とらし合わせながら読み進めてみてください。

最後まで読まれる文章作成のためのチェックポイント7つ

1:読み手目線になっているか?
2:簡単な言葉で書けているか?
3:専門用語を安易に使っていないか?
4:具体的になっているか?
5:コンパクトになっているか?余分はないか?
6:一文は読みやすい長さか?
7:セクション分けできているか?

ポイントその1:読み手目線になっているか?

分かりくい文章や伝わりにくい文章は、読み手目線ではなく書き手目線になっていることが多いものです。読み手目線の文章に変えるだけで、「これは自分に向けられた文章だ」と読者に当事者意識が生まれ、読まれやすくなります。セールスコピーでもよく言われることの1つに、「あなた」と言う言葉を入れて書く、という原則があります。このひと言を入れることで、読み手は自分に向けたメッセージであると認識しやすくなるのです。

事例

当サイトではインターネット集客のための様々な情報をお伝えしています。インバウンドマーケティングやソーシャルメディアマーケティングなどのノウハウを広く提供しています。

ya

当サイトではあなたのビジネスに活用できるインターネット集客について、様々な情報をお伝えしています。インバウンドマーケティングやソーシャルメイアマーケティングはどのように活用できるのか…。沢山のノウハウの中からぜひ、あなたに役立つヒントを見つけてください。

上記2つの文章は、前者が書き手目線のまま、後者が読み手を意識した文章です。ほとんどの文章は同じですが、「あなた」と言う言葉を入れ、「提供しています」ではなく「見つけてください」とするなどの違いがあります。このように、読み手目線にすることで当事者意識が生まれ、ぐっと引き込まれる文章になります。

ポイントその2:簡単な言葉で書けているか?

簡単な言葉の方が伝わりやすい。これは多くの人が理解していることでしょう。それでも、つい難しい言葉を使った文章を書いてしまうことは多いものです。特に、ノウハウの提供やブランディングなどを目的とする場合、どうしても難しい言葉を使いがちな傾向があります。「プロっぽく」「かっこよく」「賢く」見せたいという気持ちから、難解な言葉やカタカナ用語を多く使ってしまった…そんな経験のある方は多いのではないでしょうか?

事例

インターネット集客ではクロスメディア戦略が重要。効率的なスキームを構築していく一方で、顧客との関係強化を図ることも忘れてはならない。

ya

インターネットからの集客では、様々なメディアを連携させていくことが大切です。また、効率的な活用のしくみをつくりながら、同時にお客さんとの信頼関係を築きあげていくことも忘れてはいけません。

上記の2つの文章、書いてあることはほとんど同じです。いかに簡単な言葉で書いていくか、これを意識するだけで印象は大きく変わることが分かっていただけると思います。

ポイントその3:専門用語を安易に使っていないか?

ポイントその2とも関連しますが、「専門用語」を知らず知らずのうちに多用しているケースもよく見られます。読み手にその意味が理解できるかどうかを考えず、当たり前のこととして安易に専門用語を使っている、ということはないでしょうか?専門用語は難しい印象を与え、先を読んでもらえなくなるだけではなく、そもそも言葉の意味が分からないために言いたいことが正しく伝わらなくなってしまう場合もあります。読み手が理解できる言葉を選んでいるか、確認するようにしましょう。

事例

インバウンドマーケティングを実施する時には、あらかじめ指標となるKPIを明確に設定しておくことが重要。

ya

インバウンドマーケティングを実施する時には、目標の達成度合いを具体的な数値で測るための指標(=KPI)を、あらかじめ明確に定めておくことが大切です。

専門家だからこそ、専門用語もわかりやすい言葉で置き換えられるはず。また、専門用語を使う場合でも、最初に言葉の定義を説明しておいたり、用語に簡単な解説を補足しながら使ったり、というかたちにすれば読み手の理解を深めます。ただ専門用語を使う・使わないではなく、大切なことは読み手の理解への配慮です。

ポイントその4:具体的になっているか?

文章を書く際に、「興味を惹こう」「凄い内容が書いてるように見せよう」という意識が強すぎると、言葉ばかりを並べ立てて具体性の無い文章を書いてしまいがちです。具体性の無い内容の文章は、ただの言葉の羅列でしかなく、読み手にとって退屈な文章になってしまいます。

事例

当サイトでは、インターネット集客における効果的で非常識なノウハウをお伝えしています。今すぐ誰でも結果が出せる、素晴らしいノウハウが満載!必見です!

ya

当サイトでは、インターネット集客に効果的な3つのノウハウをお伝えしています。マーケティング、コピーライティング、ソーシャルメディアの活用について、実際の集客事例を交えながら解説しています。

前者の文例は極端…と思われるかもしれませんが、このような文章がインターネット上には驚くほどあふれています。ただ目を引くことだけ、インパクトを狙っただけの、具体性の無い空っぽの文章になっていないか、確認してみてください。

ポイントその5:コンパクトになっているか?余分はないか?

読みやすい文章やコンテンツは、コンパクトであることが多いもの。ダラダラと長い文章は読みにくく、読むために集中力が必要になるため疲れます。コンパクトな文章を書く秘訣は、「推敲・編集で削る」ことです。最初からコンパクトな文章を書こうとすると、なんども書き直したり手が止まったりしがちです。一度書き上げて、不要な部分を削除する方法が最適です。

事例

インターネット集客には様々な方法があり、どのメディアを活用するのかによっても最適な施策は変わってくるはずです。例えばワードプレスを活用しブログで集客を行いたいと考える場合には、ワードプレス自体がSEOに強いのはもちろんのこと、ソーシャルメディアとの連動でより効率的にすることも可能です。

ya

インターネット集客には様々な方法がありますが、ワードプレスを活用したブログによる集客は、SEOはもちろんソーシャルメディアとの連動の面でも効果的です。

削除しても意味が通じるところは、このようにズバッと削除してみましょう。コンパクトに読みやすくなるはずです。

ポイントその6:一文は読みやすい長さか?

文章は短い方が読みやすいと言えます。長い文章は読むだけで疲れるばかりではなく、何が言いたいのかが分かりにくい、趣旨が理解しにくいということも多くなります。一つの文章が長くなりすぎていないか、確認してみましょう。

事例

一文の長さは長いよりも短い方が良いと言われているのには、やはり長い文章は読むことで疲れやすいという側面もありますし、また長くなると結局結論として何が言いたかったのが分かりにくくなるという傾向もあり、でき来るだけ読みやすい長さで区切る必要があります。

ya

一文の長さは長いよりも短い方が良いと言われています。長い文章は読むことで疲れやすいという側面もあり、また長くなると結局結論として何が言いたかったのが分かりにくくなるとうう傾向もあります。できるだけ読みやすい長さで区切る必要があります。

全く同じ内容の文章でも、このように適切な個所で区切るだけで、ずいぶんと読みやすくなります。

ポイントその7:セクション分けできているか?

セクションとは「ひとまとまり」と言う意味ですが、文章においてもセクション分けを行って、見やすく読みやすくすることは大事です。長々と続く文章は、読み手にとってしんどい文章でしかありません。段落などを用いて、ある程度のかたまりで区切るようにすると、読みやすい文章になります。

事例

セクションとは「ひとまとまり」と言う意味ですが、文章においてもセクション分けを行って、見やすく読みやすくすることは大事です。長々と続く文章は、読み手にとってしんどい文章でしかありません。段落などを用いて、ある程度のかたまりで区切るようにすると、読みやすい文章になります。これには、視覚的な面での影響が大きいと言えます。長々と続く文章が書かれているのを見た瞬間、読む意欲を失うことが多いのはあなた自身にもご経験があると思います。段落を用いて文章を区切ることで、すっきりと整理されて見えるようになり、文章の内容を伝えやすくなるということを覚えておかなくてはなりません。

ya

セクションとは「ひとまとまり」と言う意味ですが、文章においてもセクション分けを行って、見やすく読みやすくすることは大事です。長々と続く文章は、読み手にとってしんどい文章でしかありません。段落などを用いて、ある程度のかたまりで区切るようにすると、読みやすい文章になります。

これには、視覚的な面での影響が大きいと言えます。長々と続く文章が書かれているのを見た瞬間、読む意欲を失うことが多いのはあなた自身にもご経験があると思います。段落を用いて文章を区切ることで、すっきりと整理されて見えるようになり、文章の内容を伝えやすくなるということを覚えておかなくてはなりません。

このように、セクションを分けることで長い文章も視覚的にすっきりとして、読む気になりやすいものです。ウェブ上のコンテンツを最後まで読んでもらうために、適切な段落分けはとても重要。あなたのブログやコンテンツでも、適切な段落ボリュームの目安を決めておくことをおすすめします。

今回のまとめ

今回は、分かりやすい文章を書くためのポイントとして以下の7つを取り上げました。

  1. 読み手目線になっているか?
  2. 簡単な言葉で書けているか?
  3. 専門用語を使っていないか?
  4. 具体的になっているか?
  5. コンパクトになっているか?余分はないか?
  6. 一文は読みやすい長さか?
  7. セクション分けできているか?

どれも当たり前のこと、基礎的なことではありますが、意外とおざなりになりがちなところでもあります。せっかく、ユーザーのためにつくったコンテンツが、ただ読みにくいというだけの理由で、最後まで見てもらえないとしたら大きな損失。自社のコンテンツが読みにくい文章になっていないか、今一度、上記チェックポイントに照らし合わせて確認してみてください。

<関連情報>
以下の記事もいい文章を書くための参考になります。ぜひ、読んでみてください。
記事の途中で離脱されない効果的なリードを書くための2つのポイント
何を書けばいいのか分からない人必見!コンバージョンが取れる文章作成の5つのSTEP

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  6. 6

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  7. 7

    わずか60秒でカンタン制作?!無料アンケートフォーム作成サービス、おすすめベスト5!

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    歯科クリニックのホームページを徹底調査!24サイトに見る集患力のポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  7. 7

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND