ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

4月21日からモバイル検索結果が変わる?Googleが正式にアルゴリズム変更を発表

  • WEBデザイン
  • アクセスアップ

スマホ対応状況が検索ランキング決定要素として使われるようになる。そんな発表が、2015年2月27日、Googleから正式に行われました。WEBサイトにおけるスマホ対応は、今後Googleのアルゴリズムでも重要視されることになるはず…、以前の記事「スマホサイト整備に待ったなし!?Googleが「スマホ対応」ラベルの対応を開始!」でもそんなお話をしていましたが、いよいよそれが現実のものになります。

そこで、繰り返しになる部分もありますが、「スマホ対応」で何をなすべきかについて、今一度確認しておこうと思います。特にまだスマホ対応ができていない…という方は、ぜひ目を通しておいてください。

ついに、スマホ対応が検索順位に影響することに…

グーグルは、ウェブマスター向け公式ブログで、「Googleでは、4月21日より、ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキング要素として使用し始めます。」と公式に発表しました。

webma01

Google ウェブマスター向け公式ブログ

グーグルは昨年より、スマホへの対応ができているサイトには「スマホ対応」ラベルを表示する取り組みを開始していましたが、これまでは単純に表示するだけ。ランキング要因にはなっていませんでした。しかし、これからはそうではなく、スマホに対応していないサイト、モバイルフレンドリーではないサイトは、スマートフォンでの検索において順位が下がるおそれが出てきました。

警告が来ていませんか?

グーグルはかねてからスマホ対応の重要性をアナウンスしていました。その意味では、今回のアップデートはある意味、予測通りのことでもあり、すでに早くからスマホ対応に力を入れていたという方も多いことと思います。

しかし中には、やろうやろうと思っていながら後回しになっているという方もいらっしゃるかもしれません。そんな方は、一度ウェブマスターツールを確認してみてください。モバイルのユーザビリティに問題があるサイトには、ウェブマスターツールから警告が届くようになっており、今年に入ってからその警告が届くケースが増えていると言われています。

<警告例>

タイトル:
「○○○○(URL)でモバイルユーザビリティ上の問題が検出されました」

本文:
○○ のウェブマスター様

Googleのシステムは、貴サイトの○○ページをテストし、そのうちの 100% に重大なモバイルユーザビリティ上の問題を検出しました。この○○ページの問題の影響で、モバイル ユーザーは貴サイトを十分に表示して楽しむことができません。

これらのページは Google 検索でモバイル フレンドリーとは見なされないため、スマートフォン ユーザーにはそのように表示、ランク付けされます。

もしかしたら、あなたのところにもこのような警告が届いているかもしれません。ウェブマスターツールに長くログインしていない…というような場合には、ログインして「モバイルユーザビリティレポート」を確認しておくことをおすすめします。

モバイルフレンドリーについて、いま一度確認を

モバイルフレンドリーとは、モバイルでの表示を想定して読みやすく、使いやすいサイトにするという、いわば当たり前のこと。グーグルが重視するとしているポイントも、それほど難易度が高いものでもありません。スマホ専用サイトを用意したりレスポンシブWEBデザインを取り入れているという場合は、ほぼ大きな問題はないと思われます。しかし、いま一度、グーグルが提供している「モバイルガイド」の内容を確認するとともに、モバイルフレンドリーテストでサイトをチェックしておきましょう。

Google ウェブマスター向け公式ブログ
「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」
http://googlewebmastercentral-ja.blogspot.jp/2015/02/finding-more-mobile-friendly-search.html

グーグルのモバイルガイド
CMS別の対応ポイントやモバイルSEOを正しく実装するための情報が掲載されています。
https://developers.google.com/webmasters/mobile-sites/?hl=ja

m-hand

モバイルフレンドリーテスト
URLを解析し、ページの設計がモバイルフレンドリーであるかどうかをテストできます。OKの場合は、右のように「問題ありません。このページはモバイルフレンドリーです」と表示。ダメな場合は、「モバイルフレンドリーではありません」として、その理由も表示してくれます。

https://www.google.com/webmasters/tools/mobile-friendly/

App Indexingもランキング要因に

なお、グーグルは同じ発表の中で、App Indexingがランキング要因になることもアナウンスしています。これによって、そのアプリをインストールしているユーザーがサインインしている状態で検索すると、インデックスされているアプリコンテンツが上位表示されやすくなります。アプリを利用している場合は、こちらも要チェック。App Indexingについても、日本語のガイドラインが公開されています。

アプリとユーザーを検索結果から直接つなげる
https://developers.google.com/app-indexing/?hl=ja

そもそも、スマホ最適化の目的は?

これまでやろうと思っていてもなかなか重い腰が上がらなかった方には、今回の発表がスマホ対応を行うための良いきっかけになったかもしれませんね。しかし、本来的にいえば、グーグルが発表したから対応しなくては…、ということではなく、そもそもスマホ対応を行うことは、グーグルのためではなく自分自身のため、自社のためのはず。そのことを忘れないようにしていただきたいと思います。

すでにご存知のように、スマホからのアクセスの割合はどんどん増えています。業種などによっては、半数以上がスマホからの接続になっている、という状況も決して珍しくありません。ニールセンの2014年12月16日のプレスリリースでは、各WEBサービスのPCからの利用が前年から10%以上落ち込む一方、スマートフォンからの利用が最大6割増になっているとの発表がありました。業界や対象者によってスピードの違いはあれ、この傾向は今後さらに加速するでしょう。

スマホ対応には、グーグルをはじめとする検索エンジンの動向を伺うことも含まれますが、その真の目的は自社のファンや見込み客を逃さないようにするためだということを忘れないようにしたいですね。

今回のまとめ

  1. 2015年4月21日から、ウェブサイトがモバイルフレンドリーかどうかをランキングの決定要素とすることをGoogleが発表。
  2. モバイルユーザビリティに問題があるサイトに、ウェブマスターツールから警告が届くケースも増加している。
  3. スマホ対応の真の目的は自社のユーザーや見込み客を失わないため。

今回のアルゴリズム変更が、検索順位にどれくらい影響を与えるかは様子を見てみないとわかりません。もしかしたら当面は、検索ランキングが大きく変動するなどということはないかもしれません。しかし最近では、若者だけではなく主婦層やシニア層によるスマホ利用が急速に進んでいます。スマホ対応していないがために、ユーザーにとって見にくい、導線が分かりづらい、といった状況にあるとしたら、大きなチャンスを逃すことになるかもしれません。この機会に、自社のWEB戦略の中でのスマホの位置づけや重要度を、あらためて見直して見ることも大切かもしれませんね。

<参考サイト>
ニールセン2014年 日本のインターネットサービス利用者数ランキングを発表

http://www.netratings.co.jp/news_release/2014/12/Newsrelease20141216.html

<関連情報>
スマホサイト整備に待ったなし!?Googleが「スマホ対応」ラベルの対応を開始!
より愛されるスマホサイト制作のために。ユーザビリティ改善10のポイント

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  8. 8

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  7. 7

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND