ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

ソーシャルメディアから乗り換えの動きも?自分発信のオウンドメディアを作る【前編】

  • コンテンツ

サイバーエージェントが、新サービス「AmebaOwnd(アメーバオウンド)」をリリース。インターネット上では早くもこれに関する話題が多くなっています。また、一般メディアでもこのサービスの紹介とともに、「いま、オウンドメディアが活性化してきている」という報道がされています。

「オウンドメディア同士のつながりを活かして情報を拡散させていく新たなプラットフォーム」をめざして開発したというAmebaOwndとは、一体どのようなものなのでしょうか?いま、このようにオウンドメディアが注目される理由や、私たちはどうやればオウンドメディアを有効に活用していけるのか?なども含めて、ご紹介していきたいと思います。

AmebaOwndとは?

これまでのブログサービスとの違い

AmebaOwndは、ひと言で説明すると「特別な知識がなくても簡単に自分のWEBサイトを持つことができるサービス」です。サイバーエージェントと言えば「アメブロ(アメーバブログ)」が有名ですが、この説明を見る限りでは、AmebaOwndも非常にブログに近い存在では?と、思われる方が多いかもしれません。

では、これまでのブログサービスとは何が違うのでしょうか。簡単にまとめてみました。

  1. “キレイ”“スタイリッシュ”“カッコいい”。
  2. ブログよりも遥かに柔軟なレイアウトが可能。
  3. 他のソーシャルメディアのアカウントを集約できる。
  4. スマホ対応が標準、アプリも同時提供。
  5. 管理画面(CMS)の操作性が簡単。

スタイリッシュなサイトがつくれる

最大の特徴は、何と言っても1の「“キレイ”“スタイリッシュ”“カッコ良い”」です。実際にこのサービスを使って作られたサイトを見てみましょう。

150405ownd_01_編
https://starbucks.amebaownd.com/

150405ownd_02_編 https://shimaharajuku.amebaownd.com/

お馴染みの「スターバックスコーヒー」とサロン業界のトップを走る「SHIMA」のサイト。共にブログと同列のCMSを使ったとは思えない洗練されたデザインです。写真を非常に有効に使えるという点が、見栄えを良くしている大きな要因でしょう。また、ふたつを比較してみると、レイアウトも自在であることが分かります。

この後に挙げる他の特徴も合わせ持つAmebaOwndですが、ユーザーに与えるインパクトという意味では、何と言っても、このスタイリッシュでカッコ良いサイトを作れるという点に大きな価値があります。ネット上でのユーザー側からの声を見ても、これが圧倒的な評価ポイントになっているようです。

SNSとの親和性や管理機能の使いやすさもポイント

スターバックスのサイトの左サイドメニューには、Blogに加え「Twitter」「Facebook」の文字が見られます。またSHIMAの上部メニューには「Instagram」があります。このように単体のメディアとしてだけではなく、自社が運営している複数のメディアを自然な形で配置できることも大きな特徴。もちろん、スマホ対応もなされています。スマホ利用率が高まり、Googleのスマホ重視の姿勢が鮮明になった時期だけに、もはや当然の対応とはいえ、やはりうれしいポイントではないでしょうか。

また、開発者が既存のCMSを研究しながら、その操作性の悪さを克服できるようにと考え、開発したという管理画面の使いやすさは、大いに期待できます。このようなサービスに詳しい人からは、「これまでにも似たサービスはあった」「Tumblrなどに似ているのでは?」という声も聞かれますが、CMS部分の使いにくさを克服できているという点では、AmebaOwndが勝ると言えるかもしれません。

なぜ今、オウンドメディアサービスなのか

以上、AmebaOwndの特徴をご紹介してきましたが、これ以外でも、こうしたオウンドメディアサービスのリリースの動きは多いようです。どうしてこの時期にオウンドメディアサービスの動きが活発化しているのでしょうか?その理由のひとつに、ソーシャルメディアはビジネスで使いにくい、という声が上がり始めていることがあるようです。

その主たる要因が、度々の利用規約やサイトの仕様変更。例えば、大きなものとしては、2014年秋のFacebookプラットフォームポリシーの改訂があります。「いいね」を条件にキャンペーン参加を促す行為が禁止になったことで、Facebookを使っての販売促進が非常に困難になりました。

インバウンドマーケティングやコンテンツマーケティングにおいては、ソーシャルメディアも「自分のメディア」に近い感覚で運営されますが、やはりよそのプラットフォーム。大きな方針変更なども受け入れざるを得ません。そこで、「自分たちの情報は自分たちで」、という動きが強まってきて、オウンドメディアに流れ始めているのが今だと言えます。しかしその場合に、新しくWEBサイトを制作するのでは時間もコストもかかる、また従来のブログ形式のものを使ったのでは見栄えが固定化されてしまう、などといった問題があります。そこでAmebaOwndのような各要件を満たしつつ、より洗練されたサービスが支持され始めている…それが現時点でのひとつの流れだと言えます。

価値を「見せる」ことの大切さ

対象者にとって有益で価値ある情報を提供すること。これはコンテンツマーケティングの基本中の基本であり、多くの人が知るところです。その意味で、非常に優秀なブログサイトをひとつご紹介しながら、この先の話を進めていきたいと思います。

150405ownd_03_編
歯科医が教える歯のブログ

このブログでは専門性の高い情報が、読者にわかりやすく豊富に掲載されています。とても価値あるコンテンツだと言えますが、あえて難をあげるとすれば、見た目のインパクトにやや欠ける点ではないでしょうか。SEO効果を考えてテキスト重視の構成にしているなどの理由はあるのだろうと思いますが、結果としてページの印象をやや損ねてしまっている感は否めません。

また、この歯科クリニックではソーシャルメディアも多数運営しているようですが、右カラム下方に「SNSで更新情報をチェック」という形で、各ソーシャルメディアへのリンクが並んでいるだけで、このサイトのコンテンツとは馴染んでいません。せっかくこれほどまでに充実した情報を提供しているのであれば、コンテンツマーケティングの観点から見れば、もっと相乗効果が見込める使い方もできそうです。

仮にこのコンテンツをAmebaOwndといったデザイン性の高いオウンドメディアサービスで展開し、ソーシャルメディアなども連携させていけば、一層の効果が見込めるかもしれません。

多くの企業や個人までもが手軽にオウンドメディアを持つようになった今、すでに情報は溢れかえっています。ただ価値ある内容を送りだせばいいというのではなく、価値あるものとして見せるための表現も重要。新サービスAmebaOwndが注目される背景には、オウンドメディアもそのようなフェーズに来ていることの象徴のような気がします。

今回のまとめ

  1. AmebaOwndをはじめとするオウンドメディアサービスが続々リリースの動き。
  2. オウンドメディアがより注目され始めている大きな理由のひとつに、ビジネスでのソーシャルメディア利用に不満の声が上がり始めていることがある。
  3. AmebaOwndの大きな強みは、簡単に洗練されたサイトを作れること。質のいい情報はコンテンツマーケティングで必須だが、見た目もユーザーに大きな影響を与える。

今回は、オウンドメディアの傾向なども捉えながら、新サービスAmebaOwndをご紹介しました。しかし、AmebaOwndにも弱みがあります。それについてはまた、別の機会にあらためてとりあげ、どういった対応を取ればより効果の高いオウンドメディア運営ができるのか、などについてもお話していきたいと思います。

<関連情報>
ソーシャルメディアから乗り換えの動きも?自分発信のオウンドメディアを作る【後編】
間違っていませんか?オウンドメディアのゴール設定に必要な2つの視点

お手本にしたいのはこれ!5つの事例に学ぶ中小企業のオウンドメディア成功パターン
今すぐ始めるべき?オウンドメディアがこれほどまでに注目されるようになった理由

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  6. 6

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  7. 7

    わずか60秒でカンタン制作?!無料アンケートフォーム作成サービス、おすすめベスト5!

  8. 8

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    歯科クリニックのホームページを徹底調査!24サイトに見る集患力のポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  7. 7

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND