ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

【事例付き】WEBサイトのコピーを「信頼性の高い文章」にする5つの方法

  • コンテンツ

それっぽい文章を書いているけど、「なんとなく胡散臭い」「信用できるかどうかわからない」と感じることはありませんか?もしも、自分のWEBページがそのような状態になっていたら、ユーザーの行動を促すことは困難。直接話すことができないWEBサイトのコピーライティングでは、「信頼性」は非常に重要な要素です。

いまひとつコンバージョンが上がらないと悩むサイトでは、この信頼性が書けていることが多いようです。そこで今回は、どうすれば信頼性の高いコピーを書くことができるのか、その方法を5つお話していきたいと思います。

コピーに信頼性を加える5つの方法とは

WEBサイトの文章に信頼性を加えるために、まず5つのキーワドを覚えてください。それは、「確実性」「証拠」「理由」「論理性」「データ」。文章を書いてみたものの、いまひとつ信頼性が弱いかな…と感じた時には、この5つの言葉を思い出して、何かプラスできないか考えてきましょう。

blog_img_0420psd

以下に、それぞれについて、詳しく説明していきます。

1.オファーやベネフィットを「確実」なものにする

まず初めに行うべきことは、提示しているオファーやベネフィットを確実なものにするということです。その商品やサービスを手にすることでどんな未来を得られるのか、というベネフィットについてコピーで言及することは多いと思いますが、気をつけないといけないのは、わかってほしいと思うあまり、表現が誇張気味になりがちなこと。

魅力的に伝えようと思えば思うほど大げさな表現となり、結果的に「胡散臭い」と思われてしまうことがよくあります。読み手の心理を考えて、現実的で確実な表現にすることを考えてみましょう。そうすることで信頼性を高めることができるはずです。

表現事例

・この化粧水をつけるだけで、シミやそばかすがキレイさっぱりなくなります。

・毎日この器具でトレーニングするだけで2週間後には筋肉ムキムキのボディが手に入ります。
ya

<確実性をプラス>

・この化粧水を朝晩使うと、1本がなくなる頃にはシミやそばかすが徐々に目立たなくなっているはず。

・毎日この器具でトレーニングを続けてみてください。2週間後、あなたの体には少しずつ変化が現れるようになります。

2.「証拠」を提示する

証拠をしっかりと提示できていないこと。それが理由で、信頼性を損ねているケースもよく見られるパターンです。何かを主張した時には、必ずその証拠を提示するようにしましょう。

そうは言っても、なかなか証拠は提示しにくい…と、思われる方も多いかもしれませんが、大切なのは、裏付けのないひとりよがりの説明ではないという姿勢を見せること。主張を裏付ける証拠は、意外と様々な形で用意することができます。例えば次のような要素を加えると、信頼性は大きく変わります。日頃から証拠ネタの収集を心がけておくといいでしょう。

証拠の事例

・お客様の声
・客観的な数値(アンケートなどのデータ

・有名人・著名人などの推奨

・賞や記録などの実績

3.明確な「理由」を述べる

なぜ、その商品でなければならないのか。なぜ、会員登録すべきなのか。なぜ、今購入した方がいいのか。理由を明確にすることは、顧客の決定を促すために重要です。ただ「買ってください」、「申し込んで下さい」とオファーを行うだけでは、信頼を得ることはできません。それはなぜなのか…、その明確な理由を合わせて説明することを忘れないようにしましょう。

表現事例

・この健康食品を今あなたに手にしてほしい理由。それは病気になってからでは遅いからです。健康な今だからこそできる予防について、しっかりと考えて欲しいからなのです…

・早めのお申し込みをおすすめする理由は、この無料サンプルは数に限りがあるからです。かなりの勢いで注文が入っておりますので、明日にはもう在庫がなくなっている可能性があります

4.「論理的」に説明する

みなさんの多くが、「何が言いたいのか分からない文章」に出会ったことがあるはず。これは、論理的な説明ができていない文章に見られる問題です。先ほど「理由」を説明することの重要性をお話しましたが、その場合にも、説明の仕方が論理的ではないために上手く伝わらないことがよくあります。この問題は、話に論理の「流れ」を作ることで解決できます。

言いたいことをすべて入れ込んでいても、順序をバラバラに書いてたのでは読み手の信頼にはつながりません。論理的な話の展開については、「法則を知ってコンバージョン率を上げる!キラーページのコピーライティング術」で紹介した「PASONAの法則」など、ライティングでよく使われる型を覚えて活用するのが効果的です。

PASONAの法則

Problem(問題を提起する)
Agitation(問題を炙り出す)
Solution(解決策の提示と証拠)
Narrow down(限定、緊急、絞込み)
Action(行動)

5.データ:信頼性の高い「データ」を使用する

ユーザーが「信頼性が低い」と感じるのは、その文章が主張する側の都合の良い言い方にしか聞こえない場合、あるいは自分の主張が正しいことを伝えたいがための言い回しに聞こえる…という場合です。主張の裏付けに「データ」を示すことができれば、信頼性は飛躍的に向上。数値を出すことによって、自らの主張をバックアップすることができます。

書き手目線の独りよがりな主張になっていないかをまずはしっかりと見直し、そこに信頼できるデータを加えることができないかを考えてみましょう。もちろん、そのデータは信頼性の高いものであることが前提になります。政府機関や研究所などが公表している公的データの活用なども考えてみましょう。

表現事例

・ダイエットに失敗する人には、その多くがやってしまうある共通した行動があります。それを解決する新しいダイエット法「○○ダイエット」に取り組んだ結果、多くの方が成果を実感できたと答えています。

ya

<データを加える>

・厚生労働省の発表によると、ダイエットに失敗する人の80%に「ある共通点」があることが分かっています。それを解決する新しいダイエット法「○○ダイエット」を試してもらった結果、モニターの4人に1人が「短期間でも効果を感じた」と答えました。

今回のまとめ

今回は比較的簡単にコピーに信頼性を加えることができる方法として、次の5つをご紹介しました。

  1. オファーやベネフィットを確実なものにする
  2. 証拠を提示する
  3. 明確な理由を述べる
  4. 論理的に説明する
  5. 信頼性の高いデータを使用する

信頼できると感じられるかどうか。それは読み手の行動を大きく左右し、コンバージョンに直結します。5つのポイントに従って、ぜひ、あなたのWEBページのコピーを見なおしてみてください。コンバージョンアップへの手がかりが見つかるかもしれません!

<関連情報>
法則を知ってコンバージョン率を上げる!キラーページのコピーライティング術
【保存版】コンテンツ力強化に!コピーライターもよく使う7つの心理トリガー
伝説のコピーライターから学ぶ、集客サイトの問い合わせを激増させる8つの方法

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  7. 7

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

  8. 8

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  9. 9

    言葉に悩むあなたに。文章作成を助けてくれる便利ツール9選

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  8. 8

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」