ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

専門知識いらず。ホームページが簡単に作れるサービスが人気!

  • コンテンツ

ここしばらく、ソーシャルメディアをWEBサイトのように使うというひとつの流れがありましたが、ここにきて簡単に高品質なホームページを作成できるサービスが、再び注目されるようになってきています。そこで今回は、定番サービスから新しいサービスまで、専門知識がなくてもWEBサイトが簡単に作れるサービスをまとめてみました。

WEBサイトを新しく作りたいけど、予算がとれない。新サービスのマーケティングのために、一日も早くWEBサイトが欲しい。もしかしたら、そんな時の解決法が見つかるかもしれません。

Click&Type!で編集できる定番サービス、
Jimdo(ジンドゥー)

01
http://jp.jimdo.com/

「Jimdo」はKDDIウェブコミュニケーションズが運営するオンラインホームページ作成サービスです。ドイツの3人の若者の手によって2007年に誕生したシステムを、2009年3月にKDDIウェブコミニュケーションズが日本語にローカライズし、サービス提供を開始しました。この分野の定番とも言える、実績あるサービスです。

はじめに豊富なテンプレートから好みのデザインを選択。その後、編集したい所をマウスでクリックして、文字を打つだけ(Click&Type!)でページが完成します。ドラッグ&ドロップでコンテンツの配置を行うこともできるので、基本デザインを元に、オリジナルのWEBサイトを簡単に制作することができます。

大規模サイトや複雑な機能が必要なホームページを作るのは難しいと思いますが、一般的なホームページであれば、Jimdoで問題なく作ることができます。概要がわかるYouTube動画も公開されていますので、参考にご覧ください。

Jimdoでホームページを作成! How To Use Jimdo

参考情報:Jimdoマニュアル

Jimdoで作られたサイト例:みたて農園

様々なタイプのページが作れる、Wix(ウィックス)

02
http://ja.wix.com/

「Wix」は、HTML5のWEBサイトやモバイルサイトを、ドラッグ・アンド・ドロップツールを使って作成できるオンラインサービスです。2012年12月に日本語版がリリースされ、ベーシックなサービスになっています。ニーズに合ったテンプレートを選んで簡単なドラッグ&ドロップ機能を使うだけで、レイアウトや色の変更など、ウェブサイトを自由自在にカスタマイズできるところはJimdoと同じ。オンラインで公開までを、短時間で行うことができます。

ランディングページやカスタマイズしたFacebookページなど、実用的なテンプレートが豊富なのが特徴。コンテンツ容量などに制約はあるものの、完全無料でサイト構築、コンテンツ管理、テンプレートやホスティングまでが行えます。グラフィックデザイナー兼作家の三上悠里さんが、Wixレビュー動画を公開していますので参考にしてください。

Wixレビュー:三上悠里さん、グラフィックデザイナー&作家

参考情報:Wixでホームページ作成

Wixで作られたサイト例:yuurimikami

注目のサインサービス、Ameba Ownd(アメーバ オウンド)

3
https://www.amebaownd.com/

「Ameba Ownd」は、アメーバブログ(アメブロ)でおなじみのサイバーエージェントが、2015年3月にオープンした自分だけのオウンドメディアを簡単につくるサービス。企業紹介のようなページ制作はもちろん、ブログページをつくったり、TwitterやInstagram、Facebookなどのソーシャルメディアの投稿をサイト上に集約して表示したりすることもできます。また、既存サービスを研究し、管理画面の使いやすさも徹底して追求したとされています。

従来のサービスとの違いは、デザイン性を重視していること。そこに、Owndというトレンドワードを重ね、新しいイメージのサービスとして提供されています。正式公開前からスターバックス・コーヒーやヘアサロンのSHIMAがサイトを開設した他、著名人やアーティスト、クリエイター、企業などの積極的な利用を促進。クリエイティブ・ディレクターのNIGO氏、ディレクターの夏木マリさん、俳優の水嶋ヒロさん、ミュージシャンのZeebra、MISIA、ゲスの極み乙女など、短期間に約50のサイトが開設されています。以下のプロモーション動画からも、このサービスがクリエイティブを大切にしていることがわかります。

Ameba Ownd:Your Own Website

参考情報:簡単にWEBサイトを作成できる「Ameba Ownd」で個人ブログを作ってみた!

Ameba Owndで作られたサイト例:Starbucks Official Blog

WordPressのテンプレート、Layers(レイヤーズ)

4
http://www.layerswp.com/

ここまでに紹介したものとは少し異なり、「Layers」は、世界的に人気のCMS「WordPress」のテーマ(デザインテンプレート)のひとつです。数多く公開されているWordPressのテーマといえば、通常はデザインが完成していて、そこに画像やテキストを配置していくようになっていますが、Layersはそれらとは違った発想でつくられています。

Layersのテンプレートは、基本レイアウトが数種類用意され、そこにコンポーネントやウィジェットなどのパーツを自由に組み合わせてページを作成できるようになっています。細部は自動的に最適バランスに調整されるので、簡単にいえば、デザインを見ながらページを自分で構成していけるというイメージです。もちろん、プログラミングなどの知識は一切必要なく、簡単にWordPressのサイトを作ることができます。

参考情報:WordPressでかっこいいページが簡単に作成できる!レイアウトを組み合わせて直感的に作成できるテーマ ?Layers

Layersで作られたサイト例:Sunset Coffee

ECサイトが3分で作れる、BASE(ベイス)

5
https://thebase.in/

ここまで、ホームページが制作できるサービスをご紹介してきましたが、最後にご紹介する「BASE」は、ネットショップを手軽に作ることができるWEBサービスです。「ECをつくりたい」と思ってから、わずか3分後にはオリジナルのショップを持つことができると、その簡単さがアピールされています。

デザインのカスタマイズ以外に、今まで面倒だった決済システムもはじめから準備されています。さらに、ショップに何人の顧客が足を運んだかわかるアクセス記録や、過去の売買記録など、ショップ運営に必要な機能は全て揃っていながら、初期費用はもちろん、継続して利用するための月額費用や売れる度に発生する手数料なども一切かからず、誰でも手軽にネットショップを持つことができます。

BASE(ベイス)|ネットショップの作成が、今までで一番簡単に

参考情報:誰でも簡単にネットショップが作れる「BASE」を試してみた

BASEで作られたサイト例:とんぼせんせい

サービス活用にあたってのポイント

企業利用も十分可能なクオリティの高いWEB作成サービスの利用は、サイト制作のひとつの選択肢になると思います。しかし、ビジネス利用では、使いどころや使い方については、よく考えたいところです。

例えば、新サービスの市場導入時に、このようなサービスを使ってティーザー(予告)サイトを一日も早く立ち上げ、平行して本格サイトを用意する…などという使い方が考えられます。あるいは、自らプロタイプ的なWEBサイトを作ってみて、それをたたき台としてオリジナルのサイト制作依頼を行う、というような利用の仕方もあるかもしれません。

プロのサポートを受ける方法も

また、誰でも作れるという簡単さが売りではありますが、やはりクオリティを保つのは簡単ではありません。継続的に活用していくつもりであれば、デザインカスタマイズを制作会社にサポートしてもらうことで、制作費を抑えつつもクオリティの高いサイトをつくるという方法も考えられます。ただ、簡単にできるから…と安易に活用するのではなく、サービスのもつ手軽さやスピード感を、より活かせる利用の仕方を考えてみてください。

なお、JimdoやWixの無料版には広告が入りますが、月額換算で1,000円ちょっとから用意されている有料プランへの移行ができます。自社の独自ドメインでの運用もできるようになりますので、ビジネスで継続利用する場合は有料プランの検討をおすすめします。

今回のまとめ

  1. 用意されたテンプレートを使って手軽にサイトを作れるサービスが再び注目。
  2. 「Ameba Ownd」などの新しいサービスも登場している。
  3. ビジネス利用では使い方や、使いどころを考えることが重要。

自分で手軽にWEBサイトが制作できるサービス…と一口に言っても、さまざまな種類や特徴があることに、驚かれた方もいらっしゃるかもしれません。自社では、どんな活用シーンがありそうか、今後の選択肢の一つとして研究してみてはいかがでしょうか。

<関連情報>
ソーシャルメディアから乗り換えの動きも?自分発信のオウンドメディアを作る【後編】
ソーシャルメディアから乗り換えの動きも?自分発信のオウンドメディアを作る【前編】

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  8. 8

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  7. 7

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND