ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

少しでもPVを増やしたいWEB担当者のための、ワードプレスプラグイン7選

  • アクセスアップ

せっかく力を入れて更新したWEBサイトのコンテンツを、できるだけ多くの人に見てもらいたい。もちろん、それによってページビューも増やしたい。そのためには、SEO対策などで新規アクセスを増やすことと同時に、やっておくべき大切なことがあります。

そのひとつは、サイト訪問者の記事閲覧数を増やすこと。そして、もうひとつは記事の更新を広く知らせることです。今回は、サイト運営におけるこの2つの基本を、簡単にしてくれる効果的なワードプレスプラグインをご紹介していきたいと思います。インストールするだけで、閲覧数やアクセス数アップが期待できます。まだ使っていないものがあったら、ぜひ試してみてください!

コンテンツの閲覧数アップに効果的なプラグイン

まずは、サイト内での閲覧ページ数を増やすためのプラグインをご紹介します。サイトに来てくれた人に、もう1ページ読んでもらう…そのために役立つプラグインです。

関連記事の簡単表示で閲覧数アップ「WordPress Related Posts」

05_プラグイン

https://wordpress.org/plugins/wordpress-23-related-posts-plugin/

関連記事を表示させるためのプラグインはたくさんありますが、中でも定番と言えるのがこのWordPress Related Post。その記事の内容と関連性の高い別記事へのリンクを表示させ、ページを読み終えたユーザーを誘導することで、サイトからの離脱を抑えます。PV数アップには必須。もし、まだ関連記事の紹介を行っていないなら、いますぐインストールすることをおすすめします。

スマホ、PCそれぞれで3つのデザインが選べ、コメント数、投稿日、記事の抜粋など表示させる内容もカスタマイズできるので非常に便利。簡易的なクリック統計も見ることができます。管理者として記事にアクセスすれば、表示させる関連記事を簡単に編集できるのも使い勝手がいいところ。反応を見ながら手軽に関連記事の指定を変更していけるので、システムで自動的に関連記事を表示させるよりも精度を高めることができ、PVアップに貢献します。

人気記事をランキング形式で表示「WordPress Popular Posts」

05_プラグイン

https://wordpress.org/plugins/wordpress-popular-posts/

人気記事をサイドバーなどに表示させるのは情報系のサイトでの基本ですが、それが簡単に行えるのがこのWordPress Popular Posts。記事を人気順にランキング形式で紹介してくれるプラグインです。人気コンテンツへの誘導により、閲覧ページ数の増加につなげることが可能になります。

サイドバーやフッターなど指定した位置に、一日の平均閲覧数、累積閲覧数、コメント数などから表示したい項目を選択して掲載可能。サムネイル画像も表示さできます。また、カスタマイズ性が高いことも特徴で、例えば各カテゴリ以下のページでは、全記事対象ではなくカテゴリ別のランキングを表示させるなどということも簡単に実現。その意味でも、使いやすいプラグインです。

固定ページの子ページを一覧表示「Child Pages Shortcode」

05_プラグイン

https://wordpress.org/plugins/child-pages-shortcode/

WordPressで作った固定ページの子ページを一覧表示するプラグインが、Child Pages Shortcodeです。固定ページの数が多い場合などに記事一覧ページを作る作業は案外と大変ですが、これをインストールしておけばその作業が簡単に…。記事が探しやすくなり、閲覧数アップも期待できます。

09_プラグイン

設定方法は、固定ページの記事に専用のショートコードを貼り付けるだけ。それによって、その記事に関連付けられている子ページをサムネイル画像と共に一覧表示できるようになります。開発者のサポートページ(日本語)に、ショートコードの詳しい解説が掲載されていますので、参考にしてください(右のサンプル画像も同ページより引用)。

読み手の為のサイトマップ作成「PS Auto Sitemap」

01_プラグイン

https://wordpress.org/plugins/ps-auto-sitemap/

コンテンツ数が増えてくると、埋もれてしまう古い記事も多くなってしまいます。そこで活用したいプラグインが、目次としてのサイトマップを自動生成してくれるPS Auto Sitemap。サイトマップと言うとXMLサイトマップのようなSEOのためのものをイメージする場合も多いと思いますが、これは読み手のためのサイトマップを作るプラグインです。

サイトマップに表示させたくない記事を除外するなどの設定も可能。一度設定しておけば、その後は自動的にサイトマップが更新されていきますので、手間もかからず便利です。日本の会社が開発しているので、管理画面も日本語表記でわかりやすくなっています。

コンテンツの拡散によるアクセスアップに効果的なプラグイン

ここからは、ソーシャルメディアと連携して、投稿した記事やコンテンツを、サイト外に知らせていくために役立つプラグインを紹介します。

ソーシャル共有ボタンを設置「WP Social Bookmarking Light」

08_プラグイン

https://wordpress.org/plugins/wp-social-bookmarking-light/

WP Social Bookmarking Lightは、ソーシャルメディアへの共有ボタンを投稿ページや固定ページに表示することができるプラグインです。コンテンツが溢れる今、良質なコンテンツであっても、そうそう簡単には拡散しません。ボタン1つで拡散できる共有ボタンを設置しておくことは、いまや必須中の必須です。

同じようなプラグインは色々ありますが、このプラグインはTwitter、Facebook、Google+、Pocket、LINEなどの他、日本でよく利用されるはてなブックマーク、mixiなどのソーシャルメディアにも対応。定期的にバージョンアップされて新しいものも追加されているので、便利に利用できると思います。

複数メディアへ記事を自動投稿「Social Networks Auto-Poster」

07_プラグイン

https://wordpress.org/plugins/social-networks-auto-poster-facebook-twitter-g/

FacebookやTwitterなどのソーシャルメディアに、ワードプレスの記事の更新情報を自動投稿できるプラグインが、このSocial Networks Auto-Poster。「ソーシャルメディアに更新情報を投稿したいけど、人手もかかるし時間もない」とお悩みのWEB担当者におすすめです。

あらかじめ設定したソーシャルメディアのアカウントに、記事の更新情報を自動投稿。画像投稿も行えます。公開済みの記事を手動で再投稿できるところも、便利。FacebookやTwitterに投稿されたコメントをWordPressのコメントとして取り込むことも可能です。Pinterest、YouTubeなど有料版のライセンスを購入しないと自動投稿できないメディアもありますが、無料版だけでもFacebookやTwitterをはじめ十分多くのメディアに投稿できます。

過去記事を自動的にソーシャルメディアへ投稿「Revive Old Post」

06_プラグイン

https://wordpress.org/plugins/tweet-old-post/

WordPressに投稿した過去記事をTwitterとFacebookにランダムに自動投稿してくれるプラグインがRevive Old Post。同じ記事でも、一度だけではなくタイミンクを変えてツイートすることでリーチが広がり、結果的にアクセス数アップにつながります。

自動投稿したくない記事やカテゴリの除外設定なども可能。期間限定のイベント告知や季節性の高い記事、役立ち度が高くないと思われる記事など再投稿にふさわしくない記事は外し、投稿の頻度も適切に設定して、効果を見ながら運用しましょう。自動ツイートしたトラフィックをGoogleアナリティクスで確認できる「Google Analytics Campaign Tracking」機能も付いています。

今回のまとめ

アクセスアップというとSEO対策をイメージすることが多いと思います、しかし、PVを上げているサイトでは、訪問者の閲覧記事数を増やすための工夫や、ソーシャルメディアで繰り返し更新情報拡散させるなど、こま目な運用を行っている場合が多いものです。ワードプレスには、インストールしておくだけで、それらを簡単に実現できるプラグインがたくさんあります。まだ導入していないものがあれば、ぜひインストールして試してみてください。

<関連記事>

【WEB担当者必見】便利で見やすいワードプレス・アクセス解析プラグイン5選

【決定版】集客サイトに導入必須!SEOに効くワードプレスプラグイン9選

【保存版】WordPressをもっと使いやすく!管理・更新・編集用プラグイン20選

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」