ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

Ahrefs活用術!SEOツールからwebプロモーション戦略立案

  • マーケティング

以前「SEO対策度は自分でチェック!サイト運営者なら知っておきたい基本ツール9選」にてwebサイトの被リンクをチェックするSEOツールとしてご紹介した【Ahrefs】ですが、今回はこの【Ahrefs】の別の機能に焦点を当ててみます。

その機能とは「content explorer」―。
この「content explorer」という機能は調べたいwebサイトの人気コンテンツを解析できる優れものです。さらにその機能が無料アカウントでも利用できるのが嬉しいところでもあります。
?※【Ahrefs】は無料で利用できますが、1日ごとの利用回数に制限があります。複数のサイトを解析する場合はメールアドレスの登録を推奨します?

また競合するwebサイトの人気コンテンツが解析できれば、そこから様々なwebプロモーション戦略が立案できることにもなりますが、百聞は一見にしかず。まずは実際に【Ahrefs】の「content explorer」を使ってみました。

Ahrefs content explorerで大手飲料メーカーのwebサイトを解析してみた

「content explorer」の使い方はとてもシンプルです。

1.【Ahrefs】のダッシュボードから調べたいwebサイトのURLを入力
2.表示されたページ中部にある「Top Content」の項目の「explore more results」をクリック

01

これで調べたいwebサイトの参照ドメイン数と各ソーシャルメディアでのシェア数が一覧で表示されます。ソーシャルメディアでのシェア数が多いということはそのコンテンツが「人気」もしくは「話題」になっていると考えられますので、ここから「そのwebサイトがどういったwebプロモーションで成功しているのか?」を読み取ることができます。

ここでは例として大手飲料メーカーのサントリーの公式HPを解析してみました。結果は下図です。

02

各項目を左から順に簡単に説明すると、

  • Title_人気記事のタイトル
  • RD_参照元となったドメイン数?≒被リンクとなったドメイン数
  • 日付_記事が投稿された日付
  • ツイッターでのシェア数
  • Facebookでのシェア数
  • Google+でのシェア数
  • LinkedInでのシェア数
  • Pinterestでのシェア数
  • Σ_合計
  • Median_中央値

となっています。無料アカウントではこれらの各項目が「中央値」に基づいて上位20位まで表示されますが、webプロモーション戦略を探るには「中央値」よりも「合計」に注目するほうがわかりやすいでしょう。

上図から2015年4月時点でのサントリーの公式ホームページで、もっとも人気のあるコンテンツは「歌手矢沢栄吉が『Hey Jude』を歌う『プレミアム・モルツ』の新CM発表ページ」ということがわかります。

一方、ランキングの全体では「サントリー美術館」の各イベントページや「山崎工場」の工場見学シリーズが人気コンテンツであることが「content explorer」の解析結果から読み取れます。

それでは次に同じ大手飲料メーカーである「アサヒグループホールディングス」の公式HPも「content explorer」で解析することにします。

03

「アサヒグループホールディングス」の公式HPでもっとも人気のあるコンテンツは「アサヒ ラボ・ガーデン」という食と健康の情報を発信するコーナーのTOPページでした。
?※ランキング上は2番目ですが、ここでは先述の理由から「合計」で判断しています)

他にもこの「アサヒ ラボ・ガーデン」はその各記事ページでランキングをほぼ占めていますので、公式HPの中でもこのコンテンツは「キラーコンテンツ」と呼べる人気ぶりと言ってよさそうです。

他社の人気コンテンツからwebプロモーション戦略を練る

これまで見てきた通り、同じ大手飲料メーカーでもそのwebプロモーションの方法は大きく異なります。「サントリー」では自社の施設?サントリー美術館や山崎工場?を活用/紹介したコンテンツで人気を得ているのに対し、「アサヒグループホールディングス」は食と健康というユーザーにとってのお役立ち情報を発信することで多くのユーザーの支持を集めていることになります。

【Ahrefs】が計測するこの二社のドメインランク?※ここではドメイン自体がもつオーソリティの意?はサントリー68、アサヒグループホールディングス61とほぼ同じ評価ですが、この二社のコンテンツの方向性やwebプロモーションの戦略は全く別ものと見ることができます。

最後に、この【Ahrefs】で得た解析結果を自社のwebプロモーションに活用する方法を考えてみましょう。まず【Ahrefs】を活用するためには、自社と競合するwebサイトの人気コンテンツを探ることから始めます。

すでに競合が大々的にwebプロモーションを展開し優位を占めている人気コンテンツがあるなら、同じプロモーション戦略は取らず、別のプロモーション戦略を模索することで体力勝負の消耗戦を避けることができそうです。

一方、競合の人気コンテンツを質の点からも規模の点からも上回れる場合は、あえて「ミート戦略」を取っていくのも一つの方法として効率的なプロモーション戦略となります。

また自社webサイトで新しいwebプロモーションを企画する時も、すでに他社が展開しているwebプロモーションと重複を避ける意味でも、【Ahrefs】は一役買ってくれるかもしれません。

「content explorer」機能を搭載した【Ahrefs】は被リンクをチェックするSEOツールだけでなく、webプロモーションの企画立案にも役立つツールとしても使えます。自社のWebプロモーションの方向性にお悩みの方は一度【Ahrefs】で人気コンテンツの分析をされてみてはいかがでしょうか?

今回のまとめ

  • SEOツール【Ahrefs】に「content explorer」機能が追加
  • 「content explorer」を使えば他webサイトの人気コンテンツの分析が可能
  • 「content explorer」の解析結果からwebプロモーション戦略の立案へ

 

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」