ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

集客ブログを成功に導くために!必ず考えておくべき5つのこと

  • コンテンツ

前回、「集客サイトでブログを書く目的は?継続すれば期待できる5つの効果」として、ブログに期待できる効果をまとめました。続いて今回は、ブログを始める前に考えておきたいことを5つ挙げてみたいと思います。

長く継続してこそ効果が出るのがブログ。だからこそ、始めるにあたって、長続きできる枠組みをつくっておきましょう。

1.誰に向けて情報を発信するのかを考える。

集客ブログの対象者は、見込み客や既存顧客。それらの人々がどのような情報を必要としているのかを考え、それに役立つコンテンツを提供することが大切です。こういえば当たり前のようですが、ブログには気軽に書けるという良さがある反面、思いついたことをなんとなく書くパターンにも陥りがちなので、注意が必要です。

基本的には、ホームページ本体と同じターゲット設定をすることが多いですが、ブログでは少し対象を広げる場合や、逆にさらに絞り込んでいく場合もあります。また、潜在顧客を細かくキャッチしていくために複数の対象に分けてブログを作るやり方や、ソーシャルメディアでシェアしてくれるような層に狙いを絞るというやり方も考えられます。ブログ開設にあたっては、最初にこのような対象設定を明確にしておきましょう。できれば、ブログ用のペルソナをつくってみることをおすすめします。

2.目的とゴールを考える。

ブログで気を付けなければならないのは、いつの間にか書くことそのものが目的化してしまうこと。そこに陥らないようにするためには、ブログにもPDCAの視点が必要です。目的を明確にし、効果を評価できるようにしておきましょう。

例えば「見込み客獲得のため」という大まかな目的を設定するだけでも、ネタの選び方や文章トーンなどの判断基準が明確になり、記事に一貫性が出てきます。さらには、ゴールをもっと具体化して、計測可能な成果指標を設けることが理想です。例えば、「検索エンジン経由でのブログへのアクセスをサービス紹介ページに誘導する」といった設定が考えられます。この場合は、ブログページからの離脱数や遷移先ページのランキングなどの数値を指標にすることができます。

3.他とは違う特徴を考える。

ネット上にブログはたくさんあります。ブログを始めようとした時に、競合他社がすでに同じようなテーマのブログを運営している……ということもあるかもしれません。それらとどう差別化していくのかということも、最初に考えておいた方がいいでしょう。競合先のブログを顧客視点でじっくりリサーチしてみましょう。人気ブログを見て、人気のポイントを研究してみるのもいいかもしれません。

ちなみに当社のこのブログでは、記事本数の多さよりも中身の濃さを重視するという方針を立てています。一般には、書くことにあまり時間をかけず、数を増やすことを考えた方がいいと言われていますが、当社のこのブログは、それとは違う方向を取ることで差別化しようとしています。また、デザイン面でも本体サイトとの一貫性を持たせることで、当社のトータルなブランディングにつなげていきたいと考えています。

4.継続的なネタ探しのしくみを考える。

ブログは続けることで効果が出てくるもの。すぐに成果につながるわけではありません。ある程度の期間はアクセスがなくても書き続けなければならず、途中でやめてしまっては、それまでの努力が水の泡になってしまいます。

実はブログが続かない原因として意外と多いのは、書くべきネタが見つからないというもの。逆に言えば、継続的にネタが得られるしくみさえあれば、続けられる確率は高まるということになります。例えば、次のような方法はどうでしょうか?

・書き手以外も参加して定期的にネタ検討ミーティングをする
・仕事でのエピソードなどネタになりそうなことを全員が提案する制度を設ける
・知りたいことがないか顧客にアンケートをする
・毎月、毎週など、定期化できるネタを考える
・専門家などへの依頼記事を加える
・他サイトとコンテンツで提携する

その他にも、アイデアはいろいろあると思います。ネタ探しに苦しむのではなく、会社の規模や状況に合わせて、みんなで楽しんでネタを見つけられるしくみを、ぜひ検討してみてください!

5.ノウハウやテクニックを惜しみなく書く。

「ライバルにノウハウを知られてしまったら損」「ここまで書いたら、営業の時に話すことがなくなってしまう」ブログを書く時に、そんな考えは捨ててください。インターネット上に星の数ほどあるホームページやブログの中から、あなたの記事を選んでもらい、読んでもらうためには、それだけの価値ある情報を提供しなければなりません。

営業活動には「集客」と「販売」の要素があります。車の販売を例にとれば、チラシを配りショールームに来てもらう活動が集客で、ショールームでの接客が販売。ブログが力を発揮するのは、この集客の部分です。「頼りになりそう」「ここなら解決してくれそう」と思ってもらい、問い合わせをしてもらえるようにするために、もてる情報のすべてを惜しみなく公開しましょう。営業(販売)時にはそれを補足し、相手の質問に答えるだけで十分。それでこそ、ブログがしっかりと集客の役目を果たしてくれたと言えるのです!

今回のまとめ

  1. ブログを始める前に、対象を決め目標とゴールをはっきりさせよう。
  2. 他社とは違う自社ブログの特徴を考えよう。
  3. ネタ探しの「しくみ」をつくり、持てる情報を惜しみなく公開しよう。

当社の経験からも、ブログを継続している集客サイトの多くで訪問数増加などの明らかな効果が見られています。今回の情報を参考に、ぜひ成功のためのプランニングをしてみてください。

こちらの情報も参考に
集客サイトでブログを書く目的は?継続すれば期待できる5つの効果
プロのWEBライターも使っているブログを書くときの便利ツール、厳選2+2

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」