ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

公開します!当社が自らのインバウンドサイト制作にあたって考えたこと

  • インバウンド
  • エムハンド

今ご覧いただいているこのホームページは、当社の営業サイト、つまりインバウンドサイト制作をメインサービスとする当社自身のインバウンドサイトです。今回は、2014年8月にリニューアル・オープンした当サイトの制作プロセスを、みなさまに公開してみようと思います。

もっとも時間をかけたのはターゲットの絞り込み

リニューアルするにあたって最初に行ったことは、対象設定です。徹底した分析と検討を繰り返しました。その結果、当社がこれからフォーカスすべきメイン顧客は、かなりニッチな層であることがわかり、顧客像(ペルソナ)として以下のような設定を行いました。

  • 中小企業の30~40代の若手経営者。
  • 事業展開のベースをWEBに据えている。
  • 複数サイトを運営している。
  • 考え方は合理的で、結果志向である。
  • 信頼できる制作会社をいつも探している。

あえて、「インバウンドサイト」と表現した理由

次に、当社が得意とする集客型サイトを表すキーワードとして、「インバウンドサイト」という表現を使うことを決めました。WEBマーケティング分野では「インバウンドマーケティング」がトレンドワードになっていますが、「インバウンドサイト」という言い方は一般的ではなく、検索ボリュームもあまり多くありません。それでもあえてこれを選んだのは、上記のように絞り込んだニッチなターゲット層には、必ずこの言葉が響くはずだと判断したからです。

つまり、ターゲットに適合するかどうかを見分けるキーワードが「インバウンドサイト」であり、誰にでもわかりやすい一般的な言葉ではないからこそ、その役目を果たせると考えたのです。

めざしたのは、印象に残るデザイン

デザインも重視しています。WEB制作会社のホームページには、洗練されたクオリティの高いものがたくさんあります。しかし、ITをイメージさせるビジュアルやクールな写真を使用した時点で、ありきたりな印象になってしまいがちです。当サイトは、あえてイラストイメージを使うことで、それらとの差別化を図りました。また、サイト全体をコーポレートカラーのディープブルーで仕上げることで信頼感を表現しつつ、他の運営サイトと統一感を出すことによるブランディング効果も狙っています。

ページ構造をシンプルな1カラムのレイアウトにしたのも、制約をできるだけ少なくして、デザインの自由度を上げたかったためです。

良質な問い合わせを増やすために

クライアントの業種や制作費用についてのデータを公開したことも、今回の新しい試みです。これには社内でも賛否両論がありましたが、関心をもった方に、当社が自分にふさわしい制作会社かどうかを判断した上で問い合わせをしてもらうための、有益な情報になると考えました。

「そんなことをしたら、問い合わせが減るのでは?」という意見もありました。しかし、インバウンドサイトは集客のためのマーケティグツールであって、セールスツールではありません。セールス(営業)は人が行うもの。絞り込みができていない、数だけ多い見込み客リストでは、営業効率が悪くなるばかりです。インバウンドサイトの役割は、先々につながっていく可能性の高い良質な問い合わせを増やすこと。その意味では、いかに絞り込んでいくかが重要なのです。

ホームページを資産と考えて…

当サイトは、「ホームページは会社の資産だ」と位置づけ、その価値を高めていくという方針のもとにリニューアルしました。検索エンジンに高い評価を得るためだけにコンテンツを増やしたり、ブログ更新頻度を高めたりすることはせず、訪れた方にとって本当に有益な情報だけを掲載しようと考えました。

頻繁には更新できていないのですが、当ブログでも、ホームページをもっと良くしたい、より高い成果を出したいと思っているターゲットの方々の参考になるような記事を更新しています。小手先のSEO対策が通用しなくなった今、ホームページを資産と考えて質の高いアウトプットを継続的に行うことは、これからますます重要になっていくと思っています。

以上のように、当社自身も試行錯誤しながらWEB集客を実践し、常により効果を生むサイト制作を模索しています。もちろん、そこで得た経験やノウハウは、クライアントのみなさまのために役立てていきたいと思っています。結果が出なくて悩んでいる、より高い成果をめざしたい……そんな時には、ぜひご相談ください。

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」