ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

動画マーケティングに活用したい便利なワードプレスプラグイン6選

  • その他

キャンペーン動画、プロモーションのPR動画、商品紹介動画…。最近では、動画コンテンツを目にすることが本当に増えてきましたよね。ブログの更新などで日常的に動画を扱う機会が増えた、という方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、Wordpressでつくられたサイトに動画を掲載する時に使いたい、便利なプラグインをご紹介したいと思います。動画の投稿が簡単になるものや、掲載した動画をより魅力的に見せることができるものなど、WEB担当者必見のプラグインです。ぜひ、チェックしてみてくださいね!

動画埋め込み系プラグイン

動画を掲載する時、意外と面倒なのがページヘの埋め込み作業。埋め込み用のHTMLコードを動画サイトからコピーして貼り付ける…、たったそれだけではあるのですが、毎回この作業をこなすのは大変だと感じている人も、きっと多いはず。まずは、動画を埋め込む際に便利なプラグインをご紹介しましょう。

動画共有サイトから簡単に自動挿入「Featured Video Plus」

featurevideo のコピー

https://wordpress.org/plugins/featured-video-plus/

Featured Video PlusはYouTube、Vimeo、Dailymotionなどの動画共有サイトの動画をコンテンツ内に簡単に挿入することができるプラグインです。

cap1-1

表示サイズや表示位置なども設定でき、「本文の一番上に自動挿入」「サムネイルをクリックしたら動画プレイヤーに差し替える」など、ページに合わせて都度最適な表示方法が選べるので便利です。また、動画のサムネイル画像をアイキャッチ画像として自動で登録。作業の軽減にもつながる便利なプラグインとなっています。

・使い方の参考

http://netaone.com/wp/featured-video-plus/

動画の埋め込みを簡単にする「Viper’s Video Quicktags」

vippers のコピー

https://wordpress.org/plugins/vipers-video-quicktags/

Viper’s Video Quicktagは、YouTubeやVimeoなどの動画共有サイトの動画を、ショートコードを用いて簡単に設置できるようにするプラグインです。

cap2-2

挿入する動画サイズを変えることができる他、動画の種類によっては、色や動画の枠デザインを変更したりもできます。Youtube、Google Video、Vimeoなど多くの動画サービスに対応しており、設定もそれぞれのサービス別に行えます。コンテンツ投稿後でも、一括して設定を反映させることもできる便利なプラグインです。

・使い方の参考

http://design-plus1.com/tcd-w/2012/01/vipers-video-quickt.html

自社サーバーへあげた動画を簡単に投稿「Video.js ? HTML5 Video Player for WordPress」

videojs のコピー

https://wordpress.org/plugins/videojs-html5-video-player-for-wordpress/

cap3 のコピー

ブログなどに挿入する動画は、YouTubeなど動画共有サイトへ一旦アップしたものであることが多いと思います。しかし、例えば一部の対象者にだけ閲覧できるようにしたい場合など、自社サーバーに動画をアップした方がよいケースもあるかもしれません。そうした動画の投稿の際に便利なのが、このプラグインです。

このプラグインを使うと、インストールしていくつかの項目に従って設定を行うだけで、自社サーバーにアップした動画をWEBサイトやブログへと簡単に埋め込むことができます。再生可能な形式はmp4、WEBM、OGGです。様々な事情でYouTubeなどにアップすることができないケースでは、このプラグインの活用が便利です。

・使い方の参考

http://www.webtan.cc/wp/wordpress/video-js-html5-video-player-for-
wordpress%E3%80%80%E3%83%97%E3%83%A9%E3%
82%B0%E3%82%A4%E3%83%B3%E8%A8%AD%E5%AE%
9A%E3%83%BB%E4%BD%BF%E7%94%A8%E6%96%B9%E6%B3%95/

サムネイル系プラグイン

サムネイルやアイキャッチ画像の設定も、できれば簡単にすませたい作業。そんな時に便利なプラグインを2つご紹介します。

自動でサムネイル画像を設定「Auto Post Thumbnail」

autopost のコピー

https://wordpress.org/plugins/auto-post-thumbnail/

Auto Post Thumbnailは、サムネイルを自動で設定することができるプラグインの定番。記事内に貼られた最初の画像を、アイキャッチ画像として自動で設定してくれます。ただし、無料版は静止画像のみが対象なので、動画にも利用するためには有料版を利用しましょう。

有料版の「Auto Post Thumbnail PRO」なら、動画をブログ記事に貼り付けた際に、自動的にそのアムネイルを取得して、ブログ記事のアイキャッチ画像に設定してくれます。過去のコンテンツも一括処理できますので、アイキャッチ画像を設定できていない古いコンテンツが大量にあるなどという場合には、かなり重宝します。有料のプラグインですが、8ドルという導入しやすい価格なのも魅力です。

埋め込みからアイキャッチ画像の設定まで「Video-thumbnails」

videotham のコピー

https://wordpress.org/plugins/video-thumbnails/

Video Thumbnailsをインストールすると、YouTube を始めとする様々な動画共有サイトの動画のサムネイル画像を自動取得し、WordPressのアイキャッチ画像として自動登録できるようになります。アイキャッチ画像を毎回自分で設定している人にとっては、大幅な作業軽減につながる便利なプラグインです。

このプラグインの特徴は、対応する動画サービスの多さ。YouTubeやVimeoはもちろん、Facebook、Vineなど20以上もの動画共有サービスに対応しています。他のプラグインではカバーされていないサービスを利用している場合でも、このプラグインなら大丈夫かもしれません。

レスポンシブ対応プラグイン

YouTubeから動画埋め込みコードを取得して投稿に貼り付けると、横幅が固定されてしまいます。そのため、PCではきちんと表示されるのに、スマホやタブレットでは端っこが切れてしまっている…など、上手く表示できないことがあります。最後に、動画表示をレスポンシブにして、そんな問題を解決してくれるプラグインをご紹介します。

スマホやタブレットでも最適表示「Advanced Responsive Video Embedder」

advanced のコピー

https://wordpress.org/plugins/advanced-responsive-video-embedder/

Advanced Responsive Video Embedderをインストールして各種設定をしておくと、動画を簡単に「レスポンシブ対応」にすることができます。動画が幅いっぱいに広がり、ブラウザサイズを変えた時やモバイルなどの端末環境では、それに対応して横幅が自動的に調整されます。どのような環境で見ても横幅がはみ出すことなく、動画をきれいに見せることができます!

シンプルな設定をしておくだけでレスポンシブ化が完了。YouTubeやVimeoを始め、Ustreamなど多くの動画共有サイトに対応している大変便利なプラグインです。

今回のまとめ

YouTubeにアップした動画とブログを連動させる…。そんな作業をする機会は増えていると思います。でも手間がかかって面倒、投稿に多くの時間がかかっている、という方がいらっしゃったら、ぜひ今回ご紹介したプラグインを試してみてください。作業時間を大幅に軽減することができるはず!またスマホで見られることが多い動画では、レスポンシブ化も重要。その解決策としてもプラグインを役立ててみてください。

<関連記事>

少しでもPVを増やしたいWEB担当者のための、ワードプレスプラグイン7選

【WEB担当者必見】便利で見やすいワードプレス・アクセス解析プラグイン5選

【決定版】集客サイトに導入必須!SEOに効くワードプレスプラグイン9選

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  8. 8

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  7. 7

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND