ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

トレンドをキャッチ!真夏の展示会に行って来ました。コンテンツ東京2015

  • コンテンツ
  • マーケティング

2015年7月初め、東京ビックサイトで行われた「コンテンツ東京2015」に行ってきました。コンテンツビジネスの総合展示会として、昨年の「コンテンツ東京2014」に続いて開催されたものですが、今年は同時開催される展示会は6つ。そのひとつとして、初めて「コンテンツ マーケティング EXPO」が開かれる…ということで、期待して出かけました。

少し時間が経ってしまいましたが、今回はそこで発見したことや感じたこと、また目に止まった気になる出展などについてまとめておきたいと思います。

時流にのって“コンテンツマーケティングEXPO”が登場

001

コンテンツ東京2015は、コンテンツに関する総合展示会です。「クリエイターEXPO」「プロダクションEXPO」「キャラクター&ブランドライセンス展」「制作・配信ソリューション展」「先端コンテンツ技術展」、そして今回が初開催となる「第1回コンテンツマーケティングEXPO」の6つの展示から構成、開催されました。

中でも、コンテンツマーケティングEXPOは第1回ということで、時流にのっての登場!ちなみに、昨年までは「コンテンツ制作・配信ソリューション展」として開催されていましたが、今年はそれが「制作・配信ソリューション展」となり、コンテンツマーケティングだけに特化した「コンテンツマーケティングEXPO」が新設されたというかたちです。コンテンツマーケティングが、今勢いのあるテーマだということの証とも言えるでしょうか。

マーケティングオートメーションツールを探してみたが…

このコンテンツマーケティングEXPOに関しては、あらかじめひとつの目的を決めていました。それは、「安価な日本製マーケティングオートメーションツールを探す」というもの。コンテンツマーケティングと連動して、いま熱い注目を集めているマーケティングオートメーションツールですが、「Marketo(マルケト)」「HubSpot(ハブスポット)」「Eloqua(エロクア)」など、海外製品でちょっぴりお値段も高いものが多いのが現状です。展示会にいけば、中小事業者向けの使いやすくて手頃な価格のものが出ているのでは…と期待し、それを探すことを第一目的にしました。

01

しかし、実際にはなかなか見つかりません。通常ならこういう展示会では、ブームに乗っていろいろ出ているはずなのに…と、諦めかけた時に出会ったのが「SATORI」というクラウドツールでした。

まだリリースしたばかりということで、具体的な説明や事例紹介はあまりなかったのですが、国産のマーケティングオートメーションツールとして、今後に注目したいところです。なお今は事例を多く増やしたいということでしたので、こうしたツールに興味がある方はトライアル導入など相談がしやすいかもしれません。ウェブサイトには説明動画も掲載されています。

展示会場全体から

残念ながら、マーケティングオートメーションツールでは思ったほどの成果はありませんでしたが、その他に面白そうなツールとしては、こんなものがありました。

リストファインダー

02
リストファインダー」は、BtoBに特化したアクセス解析ツールで、企業のIPアドレスからWEBサイトへの訪問企業名がわかるというもの。個人も特定可能で、営業担当者が「自分の担当企業」や「提案中の見込み客」など、気になる企業や見込み客を事前に指定しておけば、その企業・個人がサイトに来訪したタイミングで次のアプローチができ、営業活動に生かしていけるというツールです。インバウンドマーケティングの初期段階の見込み客フォローで、有効に使える可能性があるような気がしました。

目立たなかったソーシャルメディア

トレンドと言えば、ソーシャルメディアもすっかり目立たない存在になっていました。既に定着しきったから…ということもあるのかもしれませんが、「コンテンツ≒オウンドメディア」というだけでなく、ソーシャルや外部サイトを使った広い意味でのコンテンツマーケティングに関する展示が、もっといろいろあっても良いのでは…という印象は受けました。

発見がいっぱいの夏のイベント

コンテンツ東京2015での「コンテンツマーケティングEXPO」以外の展示についても、少しだけ触れておきたいと思います。

「クリエイターEXPO」にはフリーのイラストレーター、グラフィックデザイナー、ライター、漫画家、サウンドクリエイターなどがたくさん出展していました。コンテンツに大切なのは、オリジナリティ。この機会に自分と合うクリエイターを探してみるのも良いかもしれません。実際に、WEB制作会社や代理店の人も人材を物色しに来ているようでした。

03

「キャラクター&ブランドライセンス展」は、日本のキャラクターや様々なブランドを世界中に発信していくためのライセンス取引の専門展。既にメジャーなキャラクターも多く出ていましたが、契約先を探している未発掘のキャラクターもいっぱいでした。例えば、こんなキャラクターが、チャンスを待っていました(レモン&シュガー)。

コンテンツ東京は、来年も「コンテンツ東京2016」として開催され、「コンテンツ マーケティング EXPO」も第2回目の実施となることが決定しています。新しい発見を求めて、出かけてみてはいかがでしょうか?

すっかり消えてしまった?電子書籍ブーム

同じ東京ビッグサイトで、コンテンツ東京と同時開催されていた「電子出版EXPO」も覗いてみましたが、隆盛を極めるコンテンツマーケティングに比べ、電子書籍はすっかり影が薄くなった感じでした。数年前には電子書籍こそがトレンドといった雰囲気でしたが、ブームはすっかり過去のものになってしまった印象です。

かつてはかなり賑わっていた電子書籍リーダーの展示も、今回は無かったのか規模を縮小したのか、もしかしたら単に見つけられなかっただけかもしれませんが、目にすることはありませんでした。また、ビジネス絡みでも、最盛期には電子カタログのソリューションがたくさん出展していましたが、年々少なくなり、今年は知っているところは一つも見かけませんでした。

コンテンツマーケティングに関しては、一時のトレンドで終わらせないよう、しっかりと定着させていきたいものですね。

今回のまとめ

今夏のコンテンツ東京2015で初めて開催された「コンテンツマーケティングEXPO」は、コンテンツマーケティングが、今まさに旬のテーマなのだということを実感できた展示会でした。2回目となる来年にはどのような盛り上がりを見せるのか、今から楽しみです。コンテンツ東京2016の開催は、2016年6月29日~7月1日まで。みなさんも、よろしければぜひ出かけてみてください。

<関連記事>

コンテンツマーケティングはイバラの道か?2015年の「イマ」を知る!
ブログだけではない!インバウンド&コンテンツマーケティングの代表施策7選
日本版コンテンツマーケティングは間違い?成功への正しいステップ

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  5. 5

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」