ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

コンテンツマーケティングのお手本になる、企業オウンドメディア事例25選【2015年・BtoC編】

  • コンテンツ
  • マーケティング

Googleトレンドでも、今年右肩上がりの関心を見せているキーワードが、オウンドメディア。自社メディアの運営を手がける企業は継続的に増えており、新規メディアの登場も後を絶ちません。そんな中で、しっかりと魅力的なコンテンツを提供し、多くのアクセスを集める人気メディアへと成長したものが生まれてきています。

今回は、そんな人気のオウンドメディアを、あらためてまとめてみようと思います。ご存知の定番メディアから、最近登場した注目メディアまで。2015年の今、抑えておきたいメディアを集めてみました。

2015・押さえておきたいBtoCオウンドメディア25選

1: ベルリッツ「berlitz blog」

1 英会話のベルリッツのメディア。ビジネスやプライベートでの、英語に関しての様々な切り口からのコンテンツが充実しています。

1つ1つのコンテンツがしっかりと作られていることが人気の理由。さらに、多くのオーディオなどが用意されていることも、読み手の満足感を高める大きな要因となっています。インバウンドマーケティングにおいて重要な、スムーズな形でのCTAへの誘導も参考になります。
http://www.berlitz-blog.com/

2:NEC「WISDOM」

1 多くのカテゴリーに分けられたコンテンツが豊富に提供されるオウンドメディア。様々なジャンルのコンテンツがありながらも、コンセプトが明確で分かりやすく、魅力的な見せ方をしているところがポイントです。

「ヒトをつなぐ、ビジネスがつながる」のキャッチフレーズどおり、人にフォーカスしたコンテンツは魅力的。ともすれば読み進めることが疲れてしまうような長文でも、気軽に興味深く読みこんでしまいます。
https://www.blwisdom.com/

3:サッポロビール「北海道Likers」

1「北海道Likers(ライカーズ)」は、サッポロビールが運営する北海道を愛する人のためのコミュニティサイトです。北海道の魅力を発信し、北海道を盛り上げ、そして、新たなビジネスモデルを生み出すことにチャレンジしていくことを目的に運営されています。

北海道という地域に密着した展開の仕方や、商品のPRがされているわけではないのに、気が付けばなぜかサッポロビールが飲みたくなるような魅力的なコンテンツづくりは参考になります。
http://www.hokkaidolikers.com/

4:北欧、暮らしの道具店

1 北欧雑貨を販売する「北欧暮らしの道具店」は、ECサイト自体がオウンドメディアとして運営されています。根強い女性ファンが多く、オウンドメディアと言えば必ず取り上げられるほど、評価の高いサイトです。

魅力的な写真とともに紹介される商品には、ひとつひとつへの売り手の愛情が感じられ、それ自体がひとつのコンテンツになっています。また、生活に密着したコラムなど、商品の利用シーンを提案するコンテンツは、まるで雑誌のようなクオリティ。買わなくても、何度でも訪れたくなる魅力満載のサイトです。
http://hokuohkurashi.com/

5:三越伊勢丹「FASHION HEADLINE」

1 三越伊勢丹によるオウンドメディア「HASHON HEADLINE」は、幅広いファッションニュースを扱う情報メディア。オウンドメディアでありながら中立性を重視。自社の情報にこだわらず、外部メディアのようなスタンスで運営されており、いち早くコンテンツマーケティングに取り組んだことでも有名なメディアです。

トレンドを意識したコンテンツが豊富で、伊勢丹における有名人との企画などをコンテンツにすることで、多方面からの集客に成功。ファッションカテゴリでは定番の人気メディアになっています。
http://www.fashion-headline.com/

6:弁護士ドットコム

1聞きたくても聞けない、調べてもなかなか出てこない、そんな法律に関する情報が網羅されているポータル的なメディアです。細かくカテゴリー分けされており、目的のコンテンツが見つけやすい点や、素人目線に立ったコンテンツの構成が分かりやすいと人気になっています。

会員登録することでより多くのコンテンツの閲覧や、無料相談などのサービスを受けられるようになっており、弁護士探しの入り口になっているとうところなど、しくみの面でも参考になります。
http://www.bengo4.com/

7:保険の教科書

1 保険代理店ファミリーコンサルティング株式会社が運営する保険に関する情報メディア。1つ1つのコンテンツボリュームが大きく、必要なことがしっかりと書かれているという点で評価の高いオウンドメディアです。

分かりにくい、ややこしい、難しい…。そんなイメージが強い保険という商品をしっかりと分かりやすく解説しています。十分な内容をコンテンツとして公開し、そこからしっかりと問い合わせへと誘導している点も見逃せません。
http://hoken-kyokasho.com/

8:大学受験ラボ

1 「東大合格」を謳った受験の勉強法サイト。それでありながら、勉強法だけでなくコラムや体験記など魅力的なコンテンツが充実している点で人気を集めています。

このサイトを運営しているスタディプラスは勉強法のSNSサービスを提供している会社ですが、この「大学受験ラブ」のコンテンツから、SNSサービスへの誘導をスムーズに行っている点も参考になります。ターゲットの知りたいことをしっかりと抑えたオーソドックスなコンテンツ構成で、オウンドメディア構築時のよいお手本となってくれるメディアです。
http://juken.studyplus.jp/

9:プラスチックフィルムラボ

1 機能性フィルムの専門商社パナックが運営する、プラスチックフィルムの情報サイト。普段あまり知ることのないプラスチックについて、エンドユーザーに対して情報発信。身近な視点で語られたコンテンツが話題のメディアです。

ニッチなジャンルでも切り口を変えることで、広く興味を持ってもらうことに成功しています。アイデアを読者から募集することで、リサーチも兼ねることができており、オウンドメディア運用におけるヒントがたくさん詰まっているメディアです。
http://www.plasticfilm-labo.com/

10:Beauty&Co.(ビューティー・アンド・コー)

1 多くのカテゴリーに分けられたコンテンツが豊富に提供されるオウンドメディアです。様々なジャンルのコンテンツがありながらも、コンセプトが明確で分かりやすく、魅力的な見せ方をしているところがポイントです。

「ヒトをつなぐ、ビジネスがつながる」のキャッチフレーズどおり、人にフォーカスしたコンテンツは魅力的。ともすれば読み進めることが疲れてしまうような長文でも、気軽に興味深く読みこんでしまいます。
http://www.beauty-co.jp/

11:TABIRABO

1 旅に関する情報を中心に、ライフスタイル全般の情報を扱っている人気メディアです。サイト自体の構成や個々のコンテンツのつくりは非常にシンプルですが、画像や写真などを多用して視覚的にも魅力的なコンテンツが多いのが特徴です。

オウンドメディアのコンテンツは文章が中心になりがちですが、このように画像や動画を効果的に使ったコンテンツは、今後増えていくと思われ、非常に参考になります。
http://tabi-labo.com/

12:スキンケア大学

1 スキンケアに関する様々な情報発信が行われている人気メディアです。お役立ちコンテンツなどの豊富さももちろんのこと、有名人や各分野のスペシャリストなどのコンテンツも豊富。幅広い層のファンを獲得しています。

会員登録することでより多くの機能が使えるようにしているなど、リードの獲得のしくみにおいても参考になるメディアです。
http://www.skincare-univ.com/

13:ライオン「Lidea(リディア)」

1 Lidea(Lion+Idea)は、ライオンが運営する、暮らしに役立つ情報を配信するオウンドメディアです。快適な暮らしを研究する暮らしのスペシャリストである「暮らしのマイスター」と、快適生活研究所による調査や研究をベースに、さまざまな暮らしのIdeaを発信しています。

画像を交えたハウツー情報が多く、分かりやすく、すぐに活用できるコンテンツはターゲットである主婦層に人気。カテゴリごとにマイスターの顔が見える編集にして、信頼感を高めているところも参考になります。
https://lidea.today/

14:東洋インキ「1050+」

1 東洋インキが運営する、色をテーマにしたメディアです。色を扱うクリエーターやデザイナーへの取材なども交えながら、色彩に関する情報を魅力的なコンテンツとして配信しています。

色に関する知識やツールなど、専門性の高い情報も網羅しており、読み手に取って新しい気付きや、発見につながるコンテンツも豊富です。サイトのデザイン全体も、カラーチャートをイメージさせ、色が持つ魅力を上手く表現しています。
http://www.toyoink1050plus.com/

15:ニキペディア

1ニキペディアは、ガシー・レンカー・ジャパンが提供するニキビケア情報サイト。予防や改善の仕方など、ニキビに悩む人に役立つ情報を豊富に提供しています。

様々な角度や切り口からニキビを捉えており、専門家によるコンテンツなども充実しています。ニキビの改善法なども、画像を交え分かりやすく解説されており、自分もやってみたいという、行動へ誘うコンテンツも参考になります。
http://nikipedia.jp/

16:マイカジスタイル

1 主婦に大人気の「マイカジスタイル」は、花王が運営する家事のお役立ち情報メディアです。洗濯、掃除、食器洗いなど、花王の製品にちなんだ様々な家事にまつわるTIPSを掲載しています。

その人気の秘密は、なんといってもユーザー目線でのコンテンツの豊富さ。悩み別、目的別などにカテゴリーが細分化されているので、欲しい情報が探しやすく、タグからの導線が明確なところも使いやすさを意識したサイト構成となっています。大量の情報をわかりやすくまとめたメディアとして参考になります。
http://mykaji.kao.com/

17:ぐるなび「みんなのごはん」

1老舗のグルメ情報検索サイト「ぐるなび」が運営するオウンドメディアが、この「みんなのごはん」。加盟店数50万店以上という、ぐるなび掲載店舗に足を運んでもらうため、外食をしたくなる気持ちを高めるコンテンツを発信しています。

食に関する様々な情報を幅広い切り口で公開。インフォグラフィックスなども多用され、ソーシャルメディアなどで拡散されやすいコンテンツの作り方としても参考になります。メイン媒体であるぐるなびへスムーズに誘導できているコンテンツ設計なども含め、学ぶポイントの多いメディアです。
http://inspi-news.com/

18:SUUMOジャーナル

1リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)が運営するオウンドメディア。「住まい」を軸にした、暮らしに関するお役立ち情報満載のコンテンツが人気です。様々なライフスタイルが感じられる、自然な形で日常に組み込めるコンテンツ作りは参考になります。

「ご意見箱」を設けて、読者からの意見を募集しているオープンな姿勢も好印象。ちょっとしたことですが、一方的な情報発信にならないよう、コンテンツ作りに読者の声を活かそうという姿勢の表明にもなり、学べるやり方だと思います。
http://suumo.jp/journal/

19: OMG PRESS

1 「OMG Press」はメガネ・サングラスの通販サイトであるOh My Glassesが運営するメガネスタイルマガジンです。インターネットでは販売しにくいメガネという商材を扱うにあたり、オウンドメディアを展開することで、まずはコアなファンの獲得を成功させています。

メガネに関するニュース、メガネブランド、メガネファッション、お役立ち情報など、メガネ・サングラスの魅力を伝える情報を配信。またライターやコンテンツネタを募集するなど、ユーザーとともに作り上げるメディアとして読み手との距離感を縮める作り方をしていることにも注目です。
http://www.ohmyglasses.jp/blog/

20: babytopia

1 ECサイトとして展開したものの上手く販売につながらず、オウンドメディア化することで多くのファンを獲得できたというメディアです。

国内に留まらず、海外の事例や情報などを交えて、育児コンテンツを配信しているのが特徴。コンテンツから自然な形で商品紹介へとつなげられていることが、成功のポイントだと言えます。ECサイトで思うように成果が上がらない…という場合に、ひとつの参考にしたいメディアだと言えます。
http://www.babytopia.jp/resources/

21:キューピー「MAYO KITCHEN」

1キューピーマヨネーズを使ったレシピが満載のレシピ・メディア。コンテンツボリュームは多くありませんが、多彩なレシピがあることで多くのファンを獲得しています。

簡単にできて、ヘルシーで、見た目がおしゃれという3拍子そろったマヨネーズ料理が紹介されており、忙しい主婦にも人気。文章中心のコンテンツでなくても、ユーザーのニーズを抑えることで多くのファンを獲得することができるということを学ぶことができます。
http://www.kewpie.co.jp/mayokitchen/index.html

22:ぺんてる「表現の道具箱」

1 普段何気なく使用している文房具の世界の奥深さを教えてくれるメディアです。文具コンサルタントが社内外を取材して作成しているという記事は、新商品の魅力や商品開発の裏話など、独自の目線からの切り口が面白く、たくさんのファンを持っています。

ともすればつまらなくなってしまいがちなテーマでも、切り口次第でいくらでも魅力的なコンテンツにできることを、このメディアから学ぶことができます。ソーシャルメディアなどでの拡散にもつながる「人に教えたくなるコンテンツ」を作る時の参考にもなるはずです。
http://pentel.blog.jp/

23:全日空「What’s up ANA」

1 ANAホールディングスが広報部主導で立ち上げたという「What’s up? ANA」は、2015年7月に立ち上がったばかりの新しいメディアです。搭乗時以外は接触機会が少ない顧客とのコミュニケーション強化し、もっとANAを知ってもらいたいという気持ちがネーミングにも感じられます。

プレスリリースの情報も、ここではわかりやすく、親しみやすく編集。話題のイベント情報なども交えながら、より幅広い層に気軽に、楽しくANAに触れてもらえるコンテンツを発信しています。コンテンツを通してブランドコンセプトや企業メッセージを伝えて行きたい時の、メディア構築の参考になります。
http://www.ana.co.jp/ana_news/

24:月桂冠「和酒らぼ」

11637年創業の老舗酒蔵、月桂冠が運営する「和酒らぼ」は、お酒が好きな人のためのメディア。商品情報や楽しみ方、日本酒に合うおつまみレシピなどの情報を提供しています。

ユーザー参加型メディアとしても人気で、アンケートやキャンペーンなどを積極的に行いユーザーの参加意識を高めています。テーマの作成や回答を自由にできる掲示板の設置により、会員同士のアクティブな交流を生み出すことにも成功。一方通行の情報発信になりがちなオウンドメディア運用の中で、参考になるポイントの多いメディアです。
http://washulabo.gekkeikan.co.jp/

25:コクヨ「inspi」

1コクヨが運営するオウンドメディア。学び・働きをテーマにした、文具・雑貨・家具のニュース情報サイトです。

コクヨおすすめの文具や家具の活用法などを、画像を交えて紹介。便利なアイテムの紹介や、ちょっとした使い方のアイデアなど、ひとつひとつが適度なボリュームで、気軽に読めるコンテンツとして人気のメディアです。学ぶ、働く、といったユーザー目線に立った身近なテーマから自社製品の活用法を提案するコンテンツの作り方は、商品紹介の事例として大変参考になります
http://inspi-news.com/

今回のまとめ

以上、コンテンツマーケティングのお手本にしたいオウンドメディアをピックアップして、ご紹介させて頂きました。一口にオウンドメディアと言っても、こうしてみると様々。同じ内容でも、コンテンツの見せ方や構成の仕方1つで、ぐっと魅力的に見せることできることがわかり、学べるところも多かったのではないでしょうか?

どうすれば効果的な運用につながるのか、どんなコンテンツがユーザーに支持されるのか、答えは1つではありません。今回ご紹介したメディアを、御社のオウンドメディア運用のヒントとして、ぜひ役立ててみてください!

<関連記事>
間違っていませんか?オウンドメディアのゴール設定に必要な2つの視点
お手本にしたいのはこれ!5つの事例に学ぶ中小企業のオウンドメディア成功パターン
今すぐ始めるべき?オウンドメディアがこれほどまでに注目されるようになった理由

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」