ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

今すぐ始めるべき?オウンドメディアがこれほどまでに注目されるようになった理由

  • コンテンツ

最近の注目ワードのひとつになっている、オウンドメディア。「とにかく、これからは自社メディアが重要ですよ!」という会話が、あちらこちらから聞こえてきます。メディアサイトを持つことは、まるでひとつのトレンドのような感じにさえなっています。

横目で見ていれば一時的な流行で終わるのか?それとも、自社でも取り組むべきなのか?様子見している方、迷っている方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、今後ますます増えていくであろうオウンドメディアとは一体何なのか?その背景や、可能性について整理してみたいと思います。

オウンドメディアとは

オウンドメディアとは、企業などが自ら運営するメディアのことです。「オウンド(=Owned)」は「私が所有する」という意味を持つ単語。つまりオウンドメディアとは、「自社が所有するメディア」ということになります。広義にはメディア形態を問わず自社で発行するPR誌なども含まれますが、今注目されているのはブログなどのWEBメディアです。

ちなみに、一般に、メディアは「ペイドメディア」「アーンドメディア」「オウンドメディア」の3種類に分類され、これらを合わせてトリプルメディアと呼ばれています。

・ペイドメディア(paid media)

広告出稿により利用できるメディア。テレビ、雑誌、新聞などのマス媒体やWEB広告などがこれにあたり、認知の獲得や、初期の関心を生み出すために効果があります。多くの費用をかけるほど、効果が出やすい方法です。

・アーンドメディア(earned media)

ユーザー側が情報の起点となり、企業がユーザーからの信頼や評判を獲得するようなメディアのこと。個人ブログやSNSなどのソーシャルメディアがこれに当たります。

・オウンドメディア(owned media)

企業などが自社で所有するメディアのこと。顧客と直接的にコミュニケーションし、自社のファンを育成します。自社で管理・運営するメディアのため、自由に情報を発信でき、コントロールしやすいことが特徴です。

1027

もう少し簡単にまとめると、ペイドメディアは「認知」、アーンドメディアは「拡散」、そして、オウンドメディアは「顧客との関係構築」のメディアだと言えます。図のように、オウンドメディアは、メディア戦略の中で消費者の情報の流れを集約する、ハブのような役割を果たします。

なぜ今、オウンドメディアなのか?

ところで、なぜ今という時期に、これほどまでにオウンドメディアが注目されるようになったのでしょうか?その理由は、大きく2つあります。

ひとつは、Googleの変化による影響。検索結果順位の決定において、これまで大きな影響を持っていた外部リンク(被リンク)に変わり、コンテンツの質そのものが重視されるようになってきています。それに伴って、コンテンツマーケティングの一環として、オウンドメディアが注目されるようになってきたという流れがあります。

もうひとつは、情報流通が大きく変化したことによる影響です。ソーシャルメディアの台頭により、コミュニケーションの主導権は企業から消費者に移りました。そしてさらに、消費者同士が繋がるようになったことで企業が関与できない情報共有が生まれ、企業が消費行動に働きかけることはだんだんと難しくなってきています。

中にはソーシャルメディアマーケティングに積極的に取り組む企業もありましたが、情報の拡散スピードが驚くほど早く、企業の側からはコントロールしにくいことなどから、芳しい成果を出せている企業はほんの一握りしかありません。そのような経験も含め、自社で情報を管理・コントロールできるオウンドメディアへの注目が高まっていると言えます。

企業がオウンドメディアを持つことの本質的な意味

最後に、企業がオウンドメディアを持つことの意味について、考えてみたいと思います。オウンドメディアは一時的なトレンドではなく、企業のマーケティングにとって、一つの転換期になるかもしれない可能性を秘めていると思います。

WEBマーケティング、コンテンツマーケティング、ソーシャルメディアマーケティング、そしてインバウンドマーケティング……と、時代やテクノロジーの変化とともに、様々なマーケティング概念や手法がクローズアップされてきました。もしかしたら、常に変化していくことの不安定さや、流れに遅れないようにしなければ…というあせりのようなものを感じてきた方も少なくないかもしれません。しかし、マーケティングとは、つまるところ、企業と消費者とのコミュニケーション活動を包括する概念であり、その本質には変わりはないはずなのです。

自社でメディアを育て、情報提供を通じて顧客との継続的な関係づくりをめざすオウンドメディアのあり方は、このあたりでちょっと時間をかけた取り組みを行うことで、マーケティングの原点に立ち返ることだと言えるかもしれません。理解、共感、期待といった体験価値を共有し、信頼関係を深める中で、顧客との関係のあり方を見直すこと。そして、企業自身が自らの足元を見つめなおすこと。それが、オウンドメディアを持つことの本当の意味ではないかと思います。

今回のまとめ

  1. オウンドメディアは、企業などが自ら運営する顧客との関係構築メディア。
  2. 検索エンジンや情報流通の変化により、オウンドメディアが注目されるようになった。
  3. オウンドメディアを通じて長期的な信頼関係を築くことは、企業のマーケティングの転換点になり得る。

オウンドメディアを育てるには時間がかかります。コンテンツの継続的更新のための体制づくりも必要です。ただ流行だから…というのではなく、自社の将来への投資として、じっくりと検討してみてください。オウンドメディアを作る際に、どのようにしてコンテンツを作り、発信していけばよいのかについては、次回、引き続き書いてみたいと思います。

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」