ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

【実例付き】スマホ時代のメール開封率アップのために。外してはならない3つの基本

  • コンテンツ

今回はスマホ時代における、メルマガ開封率アップのポイントについてお話していきたいと思います。

インバウンドマーケティングにおける定番的な施策でもあるメルマガですが、スマホ時代に突入して、受信環境が大きく変わってきています。すでに20代で90%以上、30代で80%以上がスマホを使用。メルマガ開封者の半数以上がスマホで開封しているとも言われており、その割合が年々増加していることは間違いありません。このような背景のもと、スマホで受信したメルマガの開封率を向上させるためには何に気をつけるべきなのでしょうか?あらためて、その基本的なポイントについて見ていきましょう。

スマホで受信したメルマガ、一覧画面の要素は3つ

mail01

まず理解しておかなくてはならないのは、同じメールであってもパソコンで受信した場合と、スマホで受信した場合では見え方が違うということ。例えばスマホの中でも最も利用率の高いiPhoneのメーラーの場合、受信メールが右のように並んで見えることになります(iphone5Sによる画面キャプチャー)。

この受信リストに混じった状態で、興味を持ってもらい、開封してもらうには、どのような点に気をつければ、いいのでしょうか?

見ての通り、受信者がそのメールを読むかどうかを判断するための要素は、「送信者名」「件名」「本文の冒頭となる書きだし」の3つだけしかありません。受け取った人はこの3つを見て、開封する・しないを判断することになりますので、このそれぞれを最適な内容にすることが、開封率アップのための基本ということになります。

開封率アップのために気をつけるべき3つの基本とは?

1:スマホでは「送信者名」が重要

このようなかたちでメールを受信したとしたら、まずはどのメールに注目するでしょうか?

mail02

よく見ていただくと、実は3つとも同じ件名、同じ冒頭文になっています。しかし、送信者名の表示が違うだけで、随分印象が違いますよね。おそらく多くの人が、差出人が個人名のメールに最初に目が行き、アドレスそのままのメールは売り込みのメールだろうと瞬時に判断することになるはずです。

意外とよく見かけるのが一番上のようなパターン。企業のサポート係や問い合わせの窓口であることを表す、「support@○○.net」「info@○○.com」のようなアドレス表記のままのケースです。せっかく、手間暇かけて作成したメールであっても、これでは読み手の注意を惹くことはできず、開かれないままに終わってしまう可能性が高くなります。

<ポイント>
スマホで受信した場合、パソコンよりも送信者名の重要性が高い。

送信者名は企業名の他、例えば商品名、担当者名、サービス名称、サイト名など、いろいろ考えられ、これを変更することで開封率が向上したケースもあります。受け取り手目線で、もう一度、送信者名の表記を見なおしてみましょう。

2:「件名」は短めに。前半に惹きになるポイントを盛り込む

送信者名の次に、件名について考えてみましょう。スマホで見る際には、パソコンのような文字数の件名では長く、全てが表示されないケースが多くあります。スマホでの表示を意識した長さでの件名をつけることが重要になります。短い文字数で興味を惹くようにし、特に前半に重要なキーワード、興味を惹くキーワードを盛り込むことが大切です。

img_3&4_V2

例えば、上の例のようにキャンペーンのお得な情報を伝えるのであれば、右のように件名でどれだけお得なのかを端的に伝えると効果的です。

<ポイント>
送信者名と関連性を持たせるような件名を意識

パソコンでのメルマガ開封では、件名が最も重要だと言われることが多いのですが、スマホでは送信者名が最も目に付き、その次にこの件名が目に入ります。このことを意識して、送信者名と関連性を持たせるような件名の作り方をすると効果的です。

3:本文冒頭の書きだし

メール本文の冒頭、書き出しも意識する必要があります。以下のように、メールの書きだしとなる初めの2行が表示されます。この内容によって、例えば「このメールは開封する必要がありそうだ」とか、「ただの宣伝のメールだから特に開く必要はない」などと判断することになります。

この冒頭部分は、メールヘッダーとしていつもお決まりのテンプレートパターンを使っていることも多いと思います。ある程度認知され、内容に左右されず開封されるようになればいいのですが、まだその段階ではなく内容いかんで開封が左右される状況であればこの書きだしの部分を魅力的にすることが大切です、

img_5&6_V2

ECサイト系のメルマガなどでよく使われる、装飾を用いたヘッダーのメールテンプレートは、スマホで受信した場合、上記のように記号しか見えない状態になることがあります。こうなると開封率はあがりません。上部に、テキストを追加するなどの工夫をしてみましょう。

<ポイント>
スマホでの開封を考慮したテンプレートの見直しを

パソコンと違ってスマホの受信一覧画面では本文の冒頭が表示されるということを意識して、メールテンプレートを見直してみましょう。よくある手法ですが、パーソナライズした冒頭文にするなどの工夫をすると、開封率アップに効果があります。

今回のまとめ

今回は、スマホでメールを受信した場合のパソコンとの見え方の違いに基づいて、開封率アップに求められる要素をまとめてみました。送信者名、件名、書きだし、という基本的な要素だけでも改善の余地は案外大きいといえます。メールの開封率アップについては、ギミック系のテクニックが語られることも多いのですが、まずはこうした基本的な部分を押さえることから、開封率アップを目指してみてはいかがでしょうか?

<関連記事>
こうすれば使える!スマホ時代のメルマガ集客術《2015年版》
【データに見る利用者最新事情】今こそ本気でスマホ対応を考えたいあなたへ
インバウンドマーケティングをもっと効率的に!「ステップメール」の使い方【基本編】

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  8. 8

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  7. 7

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND