ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

WEBマーケティングに大活躍。博報堂の生活データ22年分が面白い!

  • 調査、統計

インバウンドサイトの集客力向上に欠かせないのが、ターゲットの明確化。消費者行動を調べたり、顧客像を描いたりする時に、参考データが欲しいなあ…と思うことはありませんか?インターネットの時代とはいえ、使えるデータを探すのはなかなか大変ですよね。

今回は、そんな時に役立つ情報源として、このほど博報堂生活総研が無償公開した「生活定点」データのご紹介をしたいと思います。データ編集の切り口や、ビジュアル的にもとても工夫されているので、コンテンツとしての参考にもなりそうです。

■発見や発想のヒントが得られる「生活定点」特設サイト

今回公開されたのは、博報堂生活総研による生活者意識の定点観測調査「生活定点」のデータ。22年分の調査結果を、特設サイトで一挙に見ることができます。データのダウンロード、2次利用ができるほか、データを活用したコンテンツも多数用意されていて、さまざまな視点から生活者の行動や意識の変化が時系列で分かるようになっています。

生活定点

なお、生活定点は、1992年から隔年で実施されてきた定点調査。首都40キロ圏(東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県、茨城県)と、阪神30キロ圏(大阪府、京都府、兵庫県、奈良県)の20~69歳の男女という同じ設定の対象者に、同じ質問を継続して尋ねたものです。衣食住、恋愛・結婚、消費、情報、メディア接触など項目数は約1500にも及び、2014年の有効回収数は3201人となっています。

■22年間のデータをわかりやすく見られる

特設サイトには、さまざまなデータをグラフやランキング形式で直感的に分かるようにしたコンテンツが充実。「グラフの形から見る」では、「V字回復」や「全体的に下り調子」「ここ2年で最も上昇」といった折れ線グラフの形からデータを見つけることができます。

このほかにもランキングや、変化が似ている意識や行動を、約4200万件の組み合わせの中からプログラムが抽出し表示する「似てるかもグラフ」など、いろいろな気づきのきっかけが用意されています。

22年間のデータをわかりやすく見られる

ちなみに、1992年からの22年間といえば、Windows 95が発売されたのが1995年。NTTドコモがiモードサービスを始めたのが1999年で、Googleの日本語版サービスが開始されたのが2000年…と、パソコンやインターネットの普及とともに生活者の行動パターンが大きく変化した時期だともいえます。データを見れば、特に最近の変化の速さがわかります。

パソコン

例えば、20代、30代では、パソコンでインターネットショッピングをする人はもはや少数派だということも、このように具体的に見ることができます。

■データをじっくり分析、使いこなしもできる

特設サイトでは、集計表(Excelファイル)も無償でデータをダウンロード可能です。約1,500項目、過去22年分のすべての回答値を全体・性年代別・地区別などに一覧できます。

集計表は、検索機能や時系列グラフを自動で簡単に作成できるプログラムなどを備えており、複数の折れ線グラフを同時に出力することで、生活者の意識や欲求の変化を多面的に分析することができるようになっています。また、調査票もダウンロードできます。

データをじっくり分析、使いこなしもできる

利用者登録などの必要は一切なく、誰でも利用することができますので、ぜひ活用してみてください。

生活総研では、「データ分析が身近ではない人にも、データに触れて、意外な発見や発想のヒントを得てほしい」という思いから、このような特設サイトを作ったそうです。

いま、インフォグラフィックスなど、データのビジュアル化はWEBコンテンツにおける一つのトレンドになっています。そのような観点から、インバウンドサイトでのコンテンツ提供の参考としても学ぶところが多いサイトだと言えそうです。みなさんもぜひ、一度のぞいてみてください。

<参考サイト>

「生活定点2014」特設サイト
http://seikatsusoken.jp/teiten2014/

22年間にわたる生活者観測データを一般公開、博報堂生活総研「生活定点2014」(株式会社博報堂ニュースリリース)
http://www.hakuhodo.co.jp/archives/newsrelease/19005

※このページに掲載の画像は上記特設サイト「生活定点2014」から引用しました。

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」