ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

ブログのアクセスが思うように集まらない!そんな時の参考になる9つの方法

  • 海外情報

ブログを始めた。たくさん記事も書いた。でも、全然アクセスが集まらない…。皆さんの中にも、きっと同じような悩みを持つ方がいらっしゃるのではないでしょうか?そんな時、何かいい処方箋はないものか…と、思いますよね。

海外記事を探してみたら、スライドシェアでこんな資料が見つかりました。顧客獲得のサポートサービスを提供するReferral Candyのマーケティングチームが作成した、「The 9 Most Powerful Blog Promotion Tactics」と題したスライドです。今回は、その内容を日本語化してご紹介したいと思います。

ブログを最強にするための9つの方法

スライドでは、トップマーケティングエキスパートからのアドバイスとして、9つのブログ・プロモーション策が紹介されています。順を追って、その内容を見て行きましょう。

image-top

1.人々の心を揺さぶるコンテンツを作れ!

・人の役に立とう

ブロガーやコンテンツ作成者は社会に役立つコンテンツを作る必要があります。何の目的もなく、ただ文章や画像を掲載してはいけません。常に自分の作成したコンテンツに対して、「これは役立つだろうか?」と疑問を持ってください。

・個性的であれ

「なぜあなたのブログに注目し、製品を購入すべきなのか」をはっきりさせましょう。人々に理解できるような価値を明確にしなければアクセスは得られません。

・専門家の意見を引用

ブログにオリジナル文章を書くときに、専門家の意見を引用し、それに対する意見を書くのはいい方法です。

・流行にアンテナを貼ろう

話題になっている情報についての記事は書きやすく、さらに人々の興味を誘います。トレンドに敏感になりましょう。

人々の心を揺さぶるコンテンツを作れ

 

2.検索可能かどうかを確認せよ!

素晴らしい記事を書くことはいいことですが、誰かにそれを見つけてもらわなければせっかく書いた記事が無駄になってしまいます。適切なキーワードを使用し、多くの人に見つけてもらえるようにしましょう。

検索可能かどうかを確認せよ

3.人は視覚に反応する!

・オリジナル画像を作成する

同じ画像を何度も流用しているブログが多いです。画像作成に時間を割くことが難しいのかもしれませんが、タイトルとマッチしていないものが大半です。記事タイトルとマッチした画像を作ることで、魅力的な記事になります。

・文章を挿入した画像を作る

ソーシャルネットワークでみられる画像には文章がつけられていないことが多く、閲覧者はその画像を理解するためにかなりの時間を使うことになります。反対に、シンプルな文章を付け加えた画像は非常に理解しやすく、どんどん読み進められるので閲覧者のクリックも増えるのです。

・トラフィックを集めるために画像を使う

記事に画像を挿入することで閲覧者が読みやすいだけでなくPinterestやFacebookからのトラフィックを集めることができます。

・コンテンツデザインに気を使う

ブログにたどり着いた人が記事の一字一句を読んでくれるわけではありません。文字のサイズを変えるなどして、見やすく、読みやすい記事を作成することが重要です。

人は視覚に反応する

4.関係性を大切にしよう!

自分のブログへのアクセスを増やすために、「あなたのブログのファンです。わたしのブログも見てください!」などと他のブログでコメントをするのは効果がありません。オンライン上で関係性を構築するよりも、実際の生活で関係を作る方が、結果的にブログの訪問者を増やすことになります。

また、他のブロガーの記事を共有することも関係性を構築する上で効果的です。あなたのブログの閲覧者にとっては得られる情報が増えることになり、その記事の作成者にとってもアクセスが増えるので、どちらともいい関係性を築くことができます。Google+などのソーシャルメディアを利用して新しい記事を投稿したことを知らせる場合には、ブログへのアクセスを期待するのではなく、人々とコミュニケーションをとることを目的としましょう。

関係性を大切にしよう

5.ターゲット層のニーズを探れ!

ターゲットとする人が本当に困っていることを知り、それに対する適切な情報を提供することで、ファンを作ることができます。ターゲットとする人々にマッチするコンテンツを提供しましょう。閲覧者に「どんなことに困っているのか」「どんな情報が必要なのか」を質問してみるのもいいでしょう。

ターゲット層のニーズを探れ

6.個人的なメールも効果的!

個人的にメールを送ることが、単にツイートするよりも効果的な場合があります。非常に個人的な連絡方法であり、他の人はメールを送ったことが分からないために効果を発揮します。

個人的なメールも効果的

7.ターゲットを絞り込もう!

あなたの競合になるブロガーのコンテンツをすでにシェアしている人と、自分の記事を共有しましょう。ただし、この場合、競合となるブロガーの記事よりも優れた内容の記事であることが重要です。

また、あなたの記事に興味があり、Twitter上で影響力のある人を見つけましょう。その人に見つけてもらえるように記事を置くことで、記事を共有してもらえるでしょう。その人に記事を紹介してほしいとお願いする必要はありません。ただ、見つけてもらいやすい場所に記事を置くだけで、記事を紹介してくれるはずです。

ターゲットを絞り込もう

8.ソーシャルメディアを最大限に活用せよ!

ソーシャルメディアへの記事の投稿は、閲覧者が活動しているタイミングに合わせるとよいでしょう。閲覧者が共有したり、リンクを張ったりする時間に記事を見つけてもらえば、どんどん記事を広めてもらうことができます。コンテンツ作成に努力すると同時に、より多くのソーシャルメディアで共有したり、再投稿したりしましょう。価値あるコンテンツであれば、多くの人々が興味を持ち、多くのソーシャルメディアでシェアされます。

・リツイートを促進

Twitter、Facebook、Google+など複数メディアへの投稿をまとめてサポートしてくれるプラットフォームを使うと便利です。効果的なリツイートによって、さらにブログ記事を拡散させることができます。

・複数回ツイートすると効果的

多くのブロガーは同じ記事を複数回ツイートしています。すべてのフォロワ―があなたの記事を見ることができるわけではないので、時間をおいて一日に複数回ツイートし、トラフィックを増やしましょう。

・過去記事もシェアしよう

内容が良い過去記事があれば、たとえそれが数か月前の投稿であっても、再度共有しましょう。新しいフォロワ―はその記事を見ていないかもしれませんし、あなたのブログのファンであってもその記事を見逃しているかもしれないからです。

ソーシャルメディアを最大限に活用せよ

9.さあ、実践しよう!

毎朝、その日やるべきことをリストにし、実践しましょう!実践しなければ、ブログのアクセスを増やすことも、ファンを増やすこともできません。

実践しよう

以上、ブログを強化するための9つのポイントを日本語化してご紹介しました。何か、ヒントは見つかりましたか?最後の項目にもあったように、実践しなければ何も進みません。参考になったことがあったら、明日からと言わず、ぜひ今日から試してみてくださいね!

〈この記事の作成にあたって参照した元記事〉

「5 Worst Inbound Marketing Practices」(英語)
http://blog.referralcandy.com/2014/09/03/9-powerful-blog-promotion-tactics-top-marketing-experts-slideshare/

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」