ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

Facebookカルーセル広告は費用対効果が高いと言われる、その理由

  • マーケティング

2015年5月より開始されたFacebookの「カルーセル広告」をご存じですか?費用対効果の高い広告として広く活用されるようになったFacebook広告の中でも、特に注目されているのがこのカルーセル広告です。

しかし、「Facebook広告は使っているけど、カルーセル広告は知らない」という方も案外いらっしゃるようです。それはもったいない!ということで、今回は、Facebookのカルーセル広告を取り上げてみます。どんな広告なのか?なぜ費用対効果が高いのか?などに迫っていきたいと思います。

Facebookのカルーセル広告とは?

カルーセル広告とは、複数の画像がスライド表示される広告のことです。「カルーセル」は、英語ではメリーゴーランド、回転木馬などを意味する言葉。クルクル回っていくイメージから名付けられているわけですね。

従来の広告では、ひとつの広告枠にはひとつの画像やバナーなどの使用しかできませんでした。しかし、カルーセル広告では、1つの枠に複数の画像を掲載でき、それぞれにリンク設定も行えます。言葉では分かりにくいかもしれませんので、下記をご覧ください。

sampleこれは、Facebookbusiness公式ページから引用させていただいたものですが、カルーセル広告では、このように複数の画像がスライド表示されます。

ひとつの枠に最大5つの広告を表示可能!

カルーセル広告は5つのカルーセルパネルが1ユニットになっており、いわば「1つの広告枠に5種類の広告出稿が可能な広告」だと言えます。

  • 最大5つまで画像を登録可能
  • 1つ1つの広告にCTAの設置が可能
    (購入する/予約する/詳しくはこちら/登録する/ダウンロード/他の動画を視聴/申し込む/お問い合わせ)
  • スマートフォンアプリのインストール広告にも適用可能
  • PCでは右側の枠にも表示可能

なぜ、カルーセル広告は費用対効果が高いのか?

そのどこがいいのか?と言えば、もちろん、広告のアプローチの幅が広くなることです。複数の表現を切り替えられることで、クリエイティブの幅も広がり、ブランドや製品の詳細情報やキャンペーンサイトへの導線など、複数のコンバージョンを効果的に設定できるようになります。

例えば、Aパターン、Bパターンの表現には反応しなかったユーザーが、Cパターンでは反応する…などといったケースが考えられ、CVR(コンバージョン率)の向上を期待できます。そして、CVRの向上は、見込み客の獲得単価の抑制にもつながります。「カルーセル広告は従来の広告より費用対効果が高い」と言われる理由はそこにあります。

通常の画像広告より10倍もクリック率が高いという調査も
アメリカでソーシャル・マーケティング展開を支援するキネティック・ソーシャル(Kinetic Social)からは、「Facebook上におけるカルーセル広告は、通常の画像広告より10倍もクリック率が高い」という調査結果も発表もされています。

【参考】Facebook「カルーセル広告」は、CTRが通常の10倍!モバイル広告として最適のスタイル

出稿方法は思ったよりも簡単!通常の広告設定と変わらない。

複数の画像やテキストを表示させる広告フォーマットと聞くと、ちょっと難しく感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、設定はごく簡単。基本的な広告作成の手順はこれまでと同じなので、一度でも広告出稿されたことのある方ならスムーズに進めていくことができるはずです。以下に、その手順を説明しておきましょう。

001jpgここでは「ウェブサイトのアクセスを増やす」を選択して進めて行きます。


002次のページで「ターゲット」と「予算」の設定を済ませ、更に次のページで広告デザインの選択を行うことになりますが、カルーセル広告の場合、ここで「複数の画像を使用した広告」を選択します。


003すると、カルーセル広告用の広告作成画面へと遷移。最大5つまでの画像などを追加できます。画像を登録して見出しやリンク先を設定していけば、サムネイル画像などは自動で設定されるため、非常に簡単な操作で5つの広告設定が完了します。


設定が終了すれば、「注文を確定する」ボタンをクリックして審査を待つだけ。審査が終わると設定した広告が表示されるようになります。

費用対効果の改善事例も続々と報告

このように、手軽に使えて効果が期待できるカルーセル広告ですが、実際に高い効果を得ることができたという事例も増えています。そのいくつかご紹介していきましょう。

事例1:通常広告の約1.5~2倍の効果を出した「メルカリ」

01フリマアプリ「メルカリ」では、カルーセル広告を使うことで、それまでと比較してROSA (広告の費用対効果を測る指標:広告費1円に対して得られた売上金額)が約1.5~2倍に向上。複数のカテゴリーを持つメルカリの場合、カルーセル広告との相性がとても良く、多くのユーザー獲得につながっていると思われます。すでにFacebookへの広告出稿費の50%以上がこのカルーセル広告となっていることからも、その効果の高さを知ることができます。

【参考】Facebookで差をつけろ! 成功例に学ぶマーケティングの極意

事例2:CPIが50%改善した「BASE」

02ショッピングアプリを展開するBASEでは、アプリのプロモーションにカルーセル広告を導入することで、CPI(インストール1件あたり獲得単価)を改善させています。ターゲットを絞りながらも、複数の画像を用いた視覚的インスピレーションを与えることで、コンバージョンの向上を実現。結果としてCPIが50%も改善しています。CPIの高騰に悩む企業にとっては、参考になる事例です。

【参考】Facebook for business成功事例「BASE」

事例3: 2倍近いCVRを達成した「ferret」

03WEBマーケティング関連の様々なサービスを提供しているferretでは、WEBサイトの会員登録にカルーセル広告を利用。それまでの単一イメージバナー形式の広告と比較して、CTR(クリック率)が0.61%から17.9%へと向上し、CPC(クリック1件あたりの単価)は60%程度低くなる結果となりました。ユーザーが興味を持つと思われる複数の訴求でアプローチを行った結果であり、費用対効果を高めるカルーセル広告の活用法としてわかりやすい事例です。

【参考】【データ公開】CVR17.9%!Facebook広告のカルーセル広告の基本と配信事例

今回のまとめ

以上、Facebookのカルーセル広告についてお話してきました。カルーセル広告の特徴である「複数の訴求が可能になる」ということのメリットは非常に大きく、Facebook広告での効果改善につながったという事例が増えています。

複数コンテンツの用意などの手間は少し増えるかもしれませんが、特に難しい作業はなく、従来のFacebook広告への出稿と同じイメージで設定できます。すでにFacebook広告を出稿されているのであれば利用しない手はありません。今回の記事を参考に、今からでも一度試してみてはいかがでしょうか。ちなみに、Instagramでもカルーセル広告は提供されています。

<参考ページ>
ウェブサイトへの誘導: カルーセル形式の広告(Facebook ads guide)

<関連記事>
Facebook広告は成果に結びつくのか?その実態と可能性を探る
3つのターゲティング機能をマスターして、Facebook広告を制す!

<PR>
WEBに関する情報をまとめたキュレーションサイトSeleQt(セレキュト)

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  7. 7

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  8. 8

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    結果につなげるLINE@活用。最新集客事例に学ぶ成功の6つのポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  7. 7

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND