ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

戦略的WEBサイト制作が得意なエムハンドとは!?
  • 何をしている会社?
  • 何を作っているの?

2016年春には開始か?いちはやく押さえておきたい「LINEタイムライン広告」の機能と特徴

  • マーケティング

ビジネスシーンでも注目度急上昇中のソーシャルメディア、LINE。みなさんの中にも、LINE@を活用しているという方は多いのではないでしょうか?そのLINEが、いよいよ「タイムライン広告」の提供に向けて動き出しました。

2015年末から、一部企業によるトライアル運用を開始。一般運用開始は2016年春頃ではないかと予想されています。そこで今回は、LINEのタイムライン広告とはどのようなものか?どう使えるのか?など、いまわかっている情報をお伝えしていきます。

日本の人口の45%以上が利用する生活インフラになった、LINE

日常的に利用している方は実感していると思いますが、LINEはすでに多くの人にとってなくてはならないもの。もはや、コミュニケーションツールというよりも、生活に欠かせないインフラになっています。その存在感を改めて数字で見てみると、日本国内のユーザー数はなんと5800万人以上。しかも、そのうちの約69%が毎日一度は利用しているというアクティブユーザーです。

20160118_img1

また、LINEの利用者は若い層が中心だというイメージがありますが、実際には10代から50代以上までの実に幅広い年齢層で、偏りなく利用されています。職業を見ても会社員の利用が多く、主婦や学生などの層が次いで多くなっており、こちらも多岐にわたっています。

20160118_img2

このようなユーザー特性は、LINEの広告運用を考える時にもひとつのポイントになりそう。ユーザーに若い層が多いTwitterやインスタグラムに対して、LINEは幅広い層へのアプローチが可能なメディアと捉えておくといいでしょう。

参考資料:LINE2015年10月-2016年3月媒体資料
http://linecorp.com/ads/
※グラフは上記資料より引用し、一部加工しています。

LINEのタイムライン広告とは?

LINEタイムライン広告はその名の通り、LINEのタイムライン上に広告を掲載することが出来る広告サービスです。LINEをお使いの方であればご存知だと思いますが、タイムラインは「友だち」の近況などを知ることが出来るコミュニケーション機能。Facebookのタイムラインなどと同じイメージで、友だちに向けての情報発信の場として利用されており、多くのユーザーが目にする場でもあります。

このタイムライン上の2番目に広告枠として表示され、多くのユーザーに目にしてもらうことが期待できるのがタイムライン広告です。

どんな広告なのかについては、実際に表示される例をご覧頂くのが早いかもしれません。これは、実際に私個人のスマートフォンに表示されたLINEタイムライン広告です。表示されている情報がタイムライン広告かであることは、アカウント名下の「Sponsord」で判別できます。

20160118_img3

また、ユーザーは、広告右上のボタンをタップすることで、「この広告を非表示」「このアカウントすべての広告を非表示」などを選択できるようになっています。

トライアル運用中の広告例

その他、私のLINEアカウントで表示されたタイムライン広告を、いくつかランダムにご紹介しておきますので、参考にしてください。

20160118_img4

ご覧のように、「詳細はこちら」「インストール」「ダウンロード」などがアクションボタンとして設定されています。サイトへの誘導の他、アプリのダウンロードやインストールなどを促すという点ではTwitter広告と似た感じです。

上記の事例のうち、aillisの広告には動画が挿入されており、広告表示と同時に自動再生されました。タップすると動画が拡大され、音声も再生。ともすればスクロールで流れてしまいがちなLINEのタイムライン上で、目に止まりやすい広告になっていました。スマホでの閲覧が多いLINEのタイムラインは、スクロールでコンテンツがスルーされやすいので、効果的な広告運用のためには、このような動画活用などの工夫も必要だと感じました。

ユーザーの利用動向に基づき配信、表示される

タイムライン広告は、ユーザーのLINE利用動向を元に、「興味のあるターゲット層」や「興味がありそうなターゲット層」を設定して配信するターゲティング型広告となっています。LINEには様々な関連サービスがありますが、そうしたサービスの利用動向から配信するターゲットを設定したり、友だち追加した公式アカウントや購入したスタンプの情報などからユーザー分析をしたり、といったことが可能になるようです。

広告媒体として見れば、LINEは幅広い層で多くのユーザーを抱える巨大総合メディア。また、一日に何度も利用するユーザーが多く、他のメディアに比べてコンテンツへの接触頻度も多目です。このような特徴を持つLINEタイムライン広告を、あなたならどう活用しますか?詳細発表を待ちながら、考えてみてはいかがでしょうか?

今回のまとめ

  1. LINEタイムライン広告はテスト運用中。一般へのサービス提供は今春頃のみ込み
  2. 「詳細はこちら」「インストール」「ダウンロード」などをアクションとして設定可能
  3. 動画の活用など、流れやすいタイムラインで見てもらう工夫が必要

データからもわかるように、LINEというメディアが広告媒体としても大きな可能性を秘めていることは間違いありません。費用対効果なども、気になるところではありますが、こうしたメディア広告は、ローンチ時に大きな効果や注目の高まりが期待できることも多いので、ぜひ早めにチェックしておきたいところ・ターゲット層との相性なども考慮しながら、今後の動向に注目してみてはいかがでしょうか?

<関連記事>
LINE@はこう使う!ありがちな失敗に陥らないための3つのポイント
【LINE集客のキモ】LINEスタンプで集客に成功している最近の事例5選

<PR>
WEBに関する情報をまとめたキュレーションサイトSeleQt(セレキュト)
 

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  5. 5

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  6. 6

    今“ジモト”がアツイ!情報発信力バツグンなローカルWEBメディアまとめ

  7. 7

    わずか60秒でカンタン制作?!無料アンケートフォーム作成サービス、おすすめベスト5!

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    歯科クリニックのホームページを徹底調査!24サイトに見る集患力のポイントとは?

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  7. 7

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  10. 10

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

PDFで出力できる!無料自動お見積り

選択するだけで簡単にお見積り可能です。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

簡単なお見積りが発行できます

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND