ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

できるだけ簡単にWEB集客したい方必見!今話題のLINE@を活用してみませんか?

  • マーケティング

LINE@を活用したWEB集客の成功例が日々増加しています!登録ユーザー数が全世界で5億人を突破(2014年10月現在)したLINEでは、店舗向けアカウントである「LINE@(ラインアット)」の登録件数も大きく伸びています。5月の新料金プランへの移行を境にして、7万件ものアカウント登録が増加、LINE@の開始からわずか1年9ヶ月で10万件のアカウント登録となりました。

そんな今最も注目のサービスでもあるLINE@をまだ知らない方、気になっているけど、どんなことが出来て、どんなメリットがあるのかよくわからないという方のために、今回は、その特徴やメリットなどをわかりやすく解説。どんな業種に最適で、どんな使い方があるのかについても触れていきたいと思います!

LINE@とはどんなサービスなのか

LINE@とは、LINEを使った店舗や施設向けの集客サービスです。LINE@のアカウントを持つということは、今多くの人が利用しているLINE上にあなたの店舗を持つことができるということ。LINEを通じて、店舗や施設からお客様のタイムラインにメッセージや店舗情報などを伝えることが出来ます。またセールなどの際に利用できるクーポンを発行することもできますし、キャンペーン情報などもリアルタイムでいち早く届けることができます。

お店とお客さまがlineでつながるline@
LINE@

まず初めに知って頂きたいのは、とにかく簡単に利用できるということ。LINEをすでに利用されている方ならその手軽さは良くお分かりだと思いますが、LINE@もそれと同じような感覚で使える非常に簡単なツールです。やらなくてはいけないことは本当にシンプルなので、接客などで忙しく担当者があまり時間をかけられない店舗や、WEB集客があまり得意ではないという方でも問題なく取り組むことができます。

多くのユーザーは携帯電話やスマートフォンでLINEを利用しています。プッシュ通知でこれらの端末に情報を届けることができるLINE@のサービスを活用すれば、リアルタイムな情報の発信が可能になるのは他には無い大きな特徴だと言えます。

LINE@が集客に強い4つの理由

理由その1:リアルタイムで確実に情報を届けられる

情報を届ける代表的なツールとしては他にメールマガジンが挙げられますが、メールマガジンはすぐにその場で読まれることの少ないツールです。しかしLINEの場合、スマートフォンなどの端末にプッシュ通知されますので、多くの人が届いたその場でメッセージを確認します。

こうしたリアルタイムでのメッセージ配信ができることで、例えば「今から○時間だけタイムセールをやります」、「今から先着○名様には特別割引をします」、と言った即効性のある戦略が可能になります。

また、メールマガジンにはスパムメールの増加などの影響で、メール自体が届きにくくなっていると言う問題があります。しかしLINEであれば受信できる環境にさえいればほぼ確実にメッセージを届けることができます。

理由その2:高い精読率

例えば多くの読者を抱えるメールマガジンがあったとしても、そもそもの開封率や到達率を考えると、本当にメッセージを読んでいる人はその中でもごくわずかな人たちにすぎません。

LINEはスマートフォンなどにプッシュ通知で知らせることができますので、メッセージを開く確率が非常に高いツールです。その結果として、メールマガジンなどよりもはるかに高い精読率が出ます。

理由その3:低コストでも始められる

LINE@は低コストで導入できる点でも、気軽に始めやすい集客ツールです。スタンダードプランなら利用料無料。メッセージ配信は月1回という制限はありますが、まずは無料で始められる点も大きな魅力です。メッセージ配信無制限のプロモーションプランに関しても、月額5,400円からとなっていますので、どちらにしてもわずかなコストでの導入が可能です。

理由その4:気軽に問い合わせができるから集客に繋がりやすい

新しく追加された「お店トーク」と言う機能では、お店のアカウントと個別でメッセージのやり取りができるようになりました。それによって、例えば予約の日時の相談や、商品などの入荷の連絡、サービスの細かな相談、などが気軽に行えるようになり、集客に繋がりやすくなりました。

また「LINE電話」を使用することで、10分間無料でお店に電話できるようにもなり、通話料がからないことも気軽に問合せしやすいといった結果に繋がっています。

LINE@はどんな業種に向いているのか?

LINE@は知名度のある企業や、ある程度の規模のビジネスなどでなければ活かせないと思っておられる方も多いかもしれませんが、実はスモールビジネスこそLINE@のメリットを最大限に活かすことができます。ユーザーにとっては、大企業のアカウントでも小さな会社やお店のアカウントでも、同じ存在でしかありません。有益な情報をユーザーのタイムラインに投稿することができれば、小さなお店でもしっかりと集客に結び付けることができます。

すでに説明したとおり、LINE@には「リアルタイムで情報を届けることができる」という特徴があります。このメリットを最大限に活かすことができる業種であれば、LINE@を利用して集客を行うことは難しいことではありません。

例えば、
・カフェの「今日のメニュー」に、画像などを交えたお得なクーポンを付けて配信
・アパレルの店舗で、新入荷のアイテムの情報をいち早く配信
・ネイルサロンで、予約の空き情報やお得なキャンペーン情報を配信
・パン屋さんで売れ残りそうなパンのタイムセールをゲリラ配信
・居酒屋でドリンク1杯無料サービスをゲリラ配信

このように、情報を届けたいタイミングで届けることができることがLINE@の大きな強み。リアルタイムで情報を届けるメリットを活かせる業種こそがLINE@を活用した集客に向いていると言えます。

以上、LINE@についてご紹介しました。あなたにも、使い方のアイデアが浮かんできたのではないでしょうか?ユーザーの中心が若い層であることは間違いありませんが、意外と幅広い年齢層が利用しているのもLINEの特徴です。若者向けビジネスだけではなく、例えば年配の男性をターゲットにした場合や、女性だけをターゲットにする場合など、対象に合わせた様々な戦略が考えられそうです。低コストで簡単に導入・運用できるLINE@を、ぜひ集客に役立ててください!無料のビジネスセミナーも全国で開催されているようです。LINE@が気になる方は、申し込んでみられてはいかがでしょう?

<参考サイト>
LINE@紹介ページ(わかりやすい動画の説明もあります)
http://at.line.me/jp/

<関連情報>
中小企業のためのLINEスタンプ活用戦略~ストーリーを活かす~
リニューアルでWEB集客が加速、2015年はLINE@を活用しよう!
企業のためのLINE活用術、抑えておくべきポイントと4つの集客事例
【年代別数値で比較】Facebook、Twitter、LINE、最も重要なソーシャルメディアは?

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  8. 8

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今年はこうなる!2016年のWEBデザイン、5つのトレンドを大胆予想!

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」