ワンクリックに命がけのWEB・ホームページ制作会社「エムハンド」

インバウンドサイトを作るときに知っておきたいこと

2016年はこれを押さえておくべし!話題の360度動画広告をご存知ですか?

  • コンテンツ

あなたは、「360度動画」をご存知でしょうか?2015年あたりからこのキーワードを耳にする機会が増えて来たと思いますが、その背景には、YouTubeやFacebookなどで360度動画形式のコンテンツを気軽に投稿できるようになったことがあります。

VR(バーチャルリアリティ)はここ数年、各方面で注目が高まっていますが、インターネット動画の世界でも「360度動画」への注目が上昇中。そこで今回は、「360度動画」とはどんなものか、どのようなコンテンツに向いていて企業ではどう活用できるのかなどについて、詳しく見て行きたいと思います。

その場にいるような感覚が「360度動画」の魅力

360度動画とは、動画を撮影している人と同じ目線で、360度自由に視聴することが可能な動画です。まるでその場にいるような感覚を味わえる動画、と言えば分かりやすいでしょうか。とは言え、やはり文字だけでは伝わりにくいので、まずは実際の360度動画をご覧ください。

https://www.youtube.com/watch?v=BCPE6gKakeg

spring0上に紹介したのはauのキャンペーンで使用された360度動画です。今このページをパソコンからご覧頂いている方は、マウスをドラッグすることで360度視点を自由に変えながら視聴することができます。あるいは、動画の左上のスクロールボタンの矢印を上下左右お好きな方向にクリックすることでも同じく、自由な視点で視聴できます。自分を中心にした視点で見ることで、まるでその場にいるかのような感覚になるはずです。

この360度動画は、スマホで見るとさらに臨場感を味わうことができます。ぜひスマホからアクセスして、ご覧下さい。スマホでの閲覧の場合には、スマホを上下左右に動かすことで見える角度が変化。自分自身が首を振ってその場で見ているような感覚を得られると思います。

ちなみに、360度動画自体は決して新しい手法ではありませんが、従来は特殊な閲覧環境が必要で、誰もが見られるものではありませんでした。しかし、2015年後半になって、FacebookやYouTubeなどが次々と対応。スマホさえ持っていれば誰もがVR動画を楽しめる環境が整い、投稿数も増加中です。また、企業のプロモーションやキャンペーンなどでこうした動画を目にする機会も増えています。

<参考>
Youtube:360 度動画のアップロード
https://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=ja
Facebook:自分のタイムラインに360度動画をアップロードするにはどうすればよいですか。
https://www.facebook.com/help/828417127257368

企業のキャンペーンやプロモーションにも活用

インパクトや臨場感、まるでその場にいるような疑似体験ができる360°動画には、話題性の高い作品も多く、企業のキャンペーンなどのコンテンツにも最適です。海外ではすでに、大手企業が360 度動画を活用したプロモーションを行っており、日本国内でも徐々に増えています。

例えば、商品紹介では、静止画や普通の動画では伝えることのできない部分まで見せることができますし、空間や建物の紹介などにも最適。テーマパークやショッピングモール、クリニックや雑貨店など、様々なところで幅広く活用できるはずです。例えば、千葉県にあるマザー牧場では園内の様子を360度動画で紹介しています。また不動産業界では、この360度動画を使って内覧を行うサービスなどにも注目が集まっています。

https://youtu.be/Rlhay7xr7DI

YouTubeへの投稿以外にも、独自の360度動画活用も増えています。自動車メーカーのスバルでは、自社の技術力を体感してもらうコンテンツとして、キャンペーンサイトに360度動画を掲載しています。


ca
http://www.subaru.jp/taikan360/

動画広告としての効果にはどのような影響が?

Googleの広告配信サービスAdwordsでも、2015年7月よりYouTubeにアップロードした360度広告をTrue View設定で利用できるようになりました。True View広告とは、YouTubeで動画が始まる前や途中にCMのように再生される形式の動画広告サービスです。

海外ではナイキ、コカ・コーラなどの大手企業が360度動画をすでに利用しており、コカ・コーラの広告事例では、最後まで視聴者が広告を見終えるビュースルーレートが、標準的なインストリーム動画広告と比べ36%高い数値が出た、とGoogleアドワーズのオフィシャルブログで発表されています。

動画広告は静止画の画像に比べて興味を惹きやすい広告として期待されている側面がある一方で、YouTube動画などに見られるTrue View広告は既視感も強く、思うような広告効果を得られないという声も多く聞かれます。そのような状況の中で、360度動画を用いることでこれまでにないインパクト、興味性などを生み出すことができれば、コカ・コーラの事例のように高いビュースルーレートを生み出すことへの期待も高まります。

360度動画の作成は意外に簡単

インパクトと臨場感いっぱいの360度動画。サイトのコンテンツとして、そして動画広告としてなど、様々な活用が期待できますが、気になるのはやはり作成の難易度です。「難しそう。やっぱり動画作成のプロに依頼しないとダメなんでしょ?」と思いがちですが、実はその作成のハードルは意外に高くありません。

360度動画の作成で用意する必要があるのは、360度動画の撮影が可能なカメラです。YouTubeでは2016年2月現在下記の機種に対応している、とアナウンスしています。

  • Ricoh の Theta
  • Kodak の SP360
  • IC Real Tech の Allie

例えば上記のうちのRICOHのTHETAは4万円以下で売られていますので、意外に安いですね。THETAで撮影した360°映像の場合、THETAアプリを使って変換してそのままYouTubeにアップロードすれば自動的に360度動画として認識され、360°動画として閲覧することができるようになります。

<参考>
YouTube:360 度動画のアップロード
https://support.google.com/youtube/answer/6178631?hl=jaYouTube 360動画の作り方
http://360.hatenablog.jp/entry/2016/02/01/182421

また最近では動画制作会社でも、360度動画の制作に対応しているところが増えています。自社で作成するのが難しい場合には、委託先を探してみてもいいかもしれません。ぜひ、活用方法を考えてきてください!

今回のまとめ

  1. 360度動画とは、360度自由な視点で視聴することが可能な動画。FacebookやYouTubeが対応することで利用環境が整ってきた。
  2. 企業のプロモーションなどでの活用も増えている。商品紹介などのコンテンツや広告などでの活用に期待。
  3. 制作は意外と簡単に行え、委託先も増えている。

インパクトや臨場感、疑似体験が出来るなどの特徴を活かしたコンテンツとして活用することはもちろん、動画広告でも大きな効果を期待できる360°動画。敷居の高いものという印象を持つ人が多いようですが、意外に作成のハードルは高くありません。手軽に始められるマーケティング施策の1つとして、取り入れてみてはいかがでしょうか。明日は、続いて360°動画の活用事例をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

<関連記事>
動画マーケティングに挑戦!「初心者でも使える」と噂の動画編集ソフトを使ってみました
素材から編集、配信まで。動画づくりに役立つおすすめサービス7選

seleQt

この記事に関連する記事

カテゴリー

アクセスランキング

月間

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  3. 3

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  4. 4

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  5. 5

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  6. 6

    「プッシュ通知はアプリのもの」は過去の話。簡単にできるブラウザでプッシュ通知する方法

  7. 7

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

  9. 9

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  10. 10

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

総合

  1. 1

    いまさら聞けない!フリック、スワイプ…スマホ操作の基本用語まとめ

  2. 2

    【保存版】アツイ視線が集まる激戦区!女性向けWEBメディア50選

  3. 3

    【WEBデザイン10選】これぞ進化系!今どきのレスポンシブWEBデザインサイトまとめ

  4. 4

    初めてでもできる!iPhone動画編集アプリ【厳選4つ】

  5. 5

    【WEBデザイン10選】コンバージョンUPにも!パララックスを効果的に使ったLPまとめ

  6. 6

    【事例に学ぶ】話題の新興SNS、Instagramを集客に使うコツ

  7. 7

    【WEBデザイン10選】シンプルでわかりやすい「1カラム」サイトまとめ

  8. 8

    【WEBデザイン10選】背景に動画を大胆に使った日本のサイトまとめ

  9. 9

    今どきの幼稚園・保育園ホームページ研究。32サイトに見る傾向と課題とは?

  10. 10

    【WEBデザイン10選】雑誌風デザインを上手く取り入れたWEBサイトまとめ

エムハンドブログ編集部

  • 編集長みつむね

    得意分野はWEBマーケティング/コンテンツ編集。「インバウンドブログ」立ち上げから編集に参加。

  • 伊藤 高啓

    SNS運営からWEB広告/マーケティング業界を経て、鳴り物入りでエムハンドブログ編集長に就任。

  • 新棚幹太

    雑誌出版社を経てフリー編集者に。東京生まれ、京都暮らし4年目のオールラウンドライター。

  • 島田

    某グルメ雑誌の編集長を経て、業界違いのWEBへ転身。独自の視点で個性的な記事を手がける。

  • ヨネクラ

    WEBメディアの立ち上げに参加したくエムハンドライティングチームに参加。早稲田大学出身。

  • キクチ

    京都大学卒業後、京都大学院工学研究科に進学。研究を続けながらライター業に従事。

  • 池田仮名

    週末Webプランナー。情報システムの発展によって変化していく人の心や共同体のありかたに興味。

最新記事

  • M-HAND 士業
  • M-HAND 歯科
  • Logonic
  • M-HAND TechnicalBlog

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社「エムハンド」