ホームページ制作からSEOやリスティング広告などWEBマーケティング全て対応

よくある相談事例

企画提案は無料です。制作料金はページ数をベースに算出いたします。

01.お問い合わせを増やしたい

お問い合わせを増やしたい

お問い合わせを増やすためには、まずアクセスを増やす必要があります。SEO対策やリスティング広告が基本となりますが、費用対効果を考えながら行うことが大切です。

ひとつ売れて3,000円の利益がでる商品の広告費用に3,000円かけては意味がありません。

そこで重要になるのが、アクセスに対する成果(目的とするアクション)の割合を表すコンバージョン率です。100アクセスで1件のお問い合わせがあれば、コンバージョン率1%となります。このコンバージョン率を1%から2%に上げれば、アクセスが100から200にアップしたことと同じです。つまり、コンバージョン率を上げれば、効果分の広告費用を抑えることができるのです。

このようにアクセスとコンバージョン率の向上を図ることで、コストを抑えながらお問い合わせ件数アップを図ります。

02.来店数を増やしたい

来店数を増やしたい

来店数アップは、「01」のお問い合わせを増やすアプローチと同じく、アクセスとコンバージョン率の向上が基本となります。

来店を目的とするホームページの場合、大きな集客力を持つ各業種の専門ポータルサイトとの連動が重要なポイントとなります。当社では独自のノウハウを活用し、専門ポータルサイトからクライアント様のホームページへの誘導、アクセスから来客へとつなげます。

また、専門ポータルサイトからアクセスするユーザーをターゲットにする場合、必要最小限の情報紹介で効果が見込めるため、コストを抑えた5ページほどのホームページをおすすめしています。

03.優秀な人材を採用したい

優秀な人材を採用したい

近年、自社の採用サイトを立ち上げる企業が増えています。しかし自社の採用サイトをつくるためにはある程度のコストがかかるため、当社ではまず、現在のホームページに求人ページを1ページ追加するご提案をよくします。

それはコスト削減だけでなく、クライアント様のホームページを見て応募する方はモチベーションが高く、活躍するポテンシャルを持った方が多い傾向があるため、費用対効果の高い訴求が可能だからです。

当社が制する求人ページは、単に募集要項だけを載せるのではなく、会社の理念や特長、雰囲気などを伝えるために、「代表者メッセージ」「職場の写真」「福利厚生などの特長」の3項目を掲載し、質の高い採用のサポートを行います。

04.デザインで差別化したい

デザインで差別化したい

デザインに対する意識が高まり、きれいに整ったデザインのホームページが多くなっています。しかしその反面、似たようなデザインがあふれているのが実情です。また、ターゲットや目的とマッチしておらず、成果に結びついていないケースも多々あります。

当社には優秀なWEBデザイナーが10名以上在籍しており、ターゲットや目的に適したクオリティの高いデザインをご提案しています。

「ざっくりとしたイメージしかない」「まったくデザインのイメージがない」という場合でも、制作前にヒアリングを行い、クライアント様のニーズをカタチにしますので、お気軽にご相談ください。

05.更新の手間を省きたい

更新の手間を省きたい

当社の優秀なプログラマーが、ホームページの更新に関するさまざまなご要望に的確・迅速にご対応します。

特にインターネットに詳しくない方も簡単に更新できる「CMS」というシステムを導入したホームページ制作は高い評価をいただいています。さらに、スマートフォンからのホームページ更新や、メールによってブログ更新ができるシステムを活用し、ご担当者の作業を軽減することも可能です。

納品に合わせてオリジナルのマニュアルもご提供しますので安心です。

06.デバイスに影響されないデザインにしたい

デバイスに影響されないデザインにしたい

スマートフォン・タブレット端末・PCなど、画面サイズの異なるデバイスからのアクセスが当たり前となった現在、これらのデバイスに応じて最適なかたちで表示することのできる「レスポンシブデザイン」が有効です。

ホームページの更新作業の一元化に加え、営業活動においてもスマートフォン・タブレット端末・PCに関わることなくご活用いただけます。

また、タブレット端末用・PC用など、それぞれのホームページをつくる必要がないため、コストも大幅に抑えることができます。
当社はレスポンシブデザインのメリットとデメリットを考慮した上で、クライアント様のニーズに適したプランをご提案いたします。

さらに詳しく話を聞いてみたい方はこちらよりご連絡ください:0120-931-572

ご相談・お問い合わせ

Webマーケティングに関するブログ

マーケティング

Web集客に必須の「ペルソナマーケティング」。誰でもできるペルソナの作り方その基本

Webマーケティングに欠かせない手法となりつつある「ペルソナマーケティング」。経営に携わる方やWeb戦略担当の方ならその名を耳にしたことはあると思いますが、中小企業や個人経営の企業で実際に導入しているという方はどのくらいいらっしゃるでしょうか。 ライフスタイルの多様性と移り変わりの速さが日々増している現代では、Web上では顧客ひとり一人の要望にオンデマンドで対応していくことが常識となりつつあります。商品やサービスもターゲットの的を微細に絞り、いまこの瞬間にその商品を求めている人にそのコンテンツや広告を通して情報が届く枠組みができあがり、それに応じた細分化されたWeb集客が求められています。そうしたニーズを満たすのに欠かせないのが「ペルソナマーケティング」です。今回は改めて「ペルソナマーケティング」とは何かを解説し、以前よりずいぶん気軽になった「ペルソナの作り方」についてお伝えします。 ...

WEBデザイン

パララックス、アニメーションによる画面遷移、上質な動画…ミニマルデザインを飾る3つの要素

017年のWEBデザイントレンドも、引き続きシンプル・ミニマルなデザインが大きな流れを占める中、シンプルゆえに単調になったり、無個性になることを避けるための工夫を凝らすことが必須になってきています。例えば、メイン画像や動画のクオリティを高めたり、アニメーションやページ遷移時のエフェクトに凝ったり、サイト全体にパララックスを取り入れたりといったものです。 今...

マーケティング

2018年に備えて見直そう! コンテンツマーケティング手法の基本ポイント

日本では2015年あたりから盛り上がり始めたコンテンツマーケティングは、わずか2年足らずでその手法において、大幅に拡大し、さらに進化も続けています。 2017年で3回目となるコンテンツマーケティングEXPOの人気企画、注目のマーケターたちが講師として登壇するマーケティングセミナーから、主要キーワードを抜き出して2016年度版と比べてみましょう。2...

マーケティング

ディスプレイ広告の業界地図「カオスマップ」とは? 基本の見方、その変遷と今後の予想

  「カオスマップ」をご存知でしょうか? オンラインのディスプレイ広告の業界地図を表現したドキュメントで、広告主、代理店、媒体元、ユーザーなど様々なプレイヤーがどのような関係性にあるかが見て取れる解説資料とも言えます。 米国の銀行家LUMApatnersのCEOであるTerry Kawaja氏が2010年に作成した業界地図『LUMAscape』...

インバウンド

Googleアナリティクスの「設定がわからない」「使い方の幅がない」人は今すぐ「セグメント」を使おう!

ビジネスでWEBサイトを運営していれば、ほとんどの場合、アクセス解析ツールとしてGoogleアナリティクスを導入していると思いますが、うまく活用できているでしょうか? じつは、WEB担当者の多くがGoogleアナリティクスについて「設定の仕方がよくわからない」「使い方の幅が広がらない」と感じ、Googleアナリティクスの基本レポートを見るだけという段階から前...

ワンクリックに命がけのホームページ制作会社M-HAND